雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

LED交換手続きが完了

以下のブログ記事に関しての続報的な記事となります。
LEDでのリフレクター曇り、その後
 フィリップス社宛に問い合わせて交換手続きが完了しました。3年保証の範囲内なので、無料で交換ができました(送料も無料でした)。そして、届いた代替品を取り付けました。カットラインについては、交換前の製品と変わらずの綺麗な照射です。
IMG_5199
交換前の製品になりますが、簡単なレビューや動画を掲載していますので、ご参考までに。
ノートLED化への道:ヘッドライト編
 今度こそ、リフレクターの曇りや、接着剤の液だれが発生しない事を祈ります。

Windows10を64bit化しました。

 以前の記事では、Windows7に対してWindows10にアップグレードしたと載せました。その時は、Windows7の32bit→Windows10の32bitだったのですが、今回は64bitにしました。もちろん、正規ライセンス認証済みです。
キャプチャ

 Windows10にアップグレード後、正規に32bitから64bitにする方法についてはインターネットで検索するとたくさんのサイトにヒットしますので、そちらをご参考願いたいのですが、32bitから64bitにするには、基本的にクリーンインストールとなるのでご注意ください。

 で、64bit化したついでに、メモリも増設しました。4GBから12GBへ。64bit化で一番の利点は、メモリがたくさん使えること。32bit版では、Windows上では4GB以上を認識していても、約3GBまでしか使えませんが、64bitなら、4GB以上使うことができます。
 ※Windowsの各エディション毎に扱えるメモリの上限が決まっていますが、64bit版ならどれも4GB以上は使えます。詳しくはこちらのサイトを御覧ください。
Tech TIPS:Windows OSでサポートされている最大物理メモリサイズは? - @IT

とりあえず、我が家のPCでは、メモリを12GBもフルに使うことはまずありませんが、動作は快適になりました。

交換のためにLEDバルブからハロゲンバルブに戻しましたが、あらためてハロゲンとLEDの違いを書いてみます。

不具合の出たフィリップスLED交換のために、ハロゲンバルブに戻しました。

メガライトウルトラ+120
 LEDをしばらく使い、その後にハロゲンバルブに戻しましたので、あらためて感じたそれらの違いを述べてみます。
 ハロゲンバルブの発光する場所はフィラメントであり、「線」です。いっぽう、LEDは「点」であり、それを複数集めて「線」に近い状態としています。この違いは結構大きくて、特にハイビームでよくわかります。
 ハロゲンバルブは、全体的にぼやけた感じで、かつ、斑が無く照らすので自然な明るさなのに対し、LEDはスポット的な光が散るために斑があり、明るい場所と暗い場所が出て、結果的に光が散って暗く感じてしまいます。
 もちろん、LEDにもメリットはあります。光量がハロゲンバルブより多いので、より遠くに光が届き、反射材に光が当たるとよく見えます。

 ただ、LEDもハロゲンバルブも実用上は全く問題が無いので、あとは好みの問題だと思います。

LEDでのリフレクター曇り、その後

 以前の(1)こちらの記事についての続報となります。また、(2)この記事にも関連します。
 まず、(1)のリンク先の記事に掲載してある、この写真について、Philips社宛てに問い合わせました。
20160128_033830811_iOS
 回答内容は、接着剤が多すぎて熱により溶けて流れてきたものと思われるとの回答でした。

 さらに、(2)に書いてあるリフレクターの曇りについては、この接着剤が原因ではないかとの事で回答をいただいた。そして、良品と交換してくれるとの内容だった。ということで、交換手続きを開始……、としたいところだが、冬季の積雪でちょっと面倒なので、交換は3月以降となります(Philips社に確認済み)。

 とりあえず、リフレクターの清掃を行ってみました。曇り除去の状態を確認するために撮影した写真なので、私にしかわからないような写真ですが……。
IMG_5123 IMG_5124
IMG_5125 IMG_5126
IMG_5127
 細かい傷ができていますが、8割〜9割くらいは拭き取れたんじゃないかと思います。交換まではしばらくこれで様子を見ておきます。

LEDの発熱を甘く見てはダメ

 まずは以下の写真を見ていただきたい。
PhilipsのLEDバルブ
 茶色いグリスにも見えるし、接着剤にも見えますね。これ、LED点灯時の発熱で融けた感じです。LED素子そのものは、電球の様な発光による発熱はありませんが、基盤が熱を発するのです。溶けて流れ出たこれは、ハイビーム側のLED素子に達しています。これ、問題は無いのでしょうか。とりあえず、この件については、Philips社に問い合わせてみることとします。

 ちなみに、反対側はこんな感じ。茶色いのは流れ出ていません。
20160128_033812733_iOS
 H4バルブはもともと右側通行用に設計されており、日本等の左側通行仕様の車両のライトは、H4バルブを斜めにしています。最初に載せた写真側が斜め下を向き、その次の写真が斜め上になるように取り付けられるので、その違いと思われます。

 先日発見したリフレクタの曇りは、これが原因なのですかねぇ……。

LEDでもリフレクタ焼け?曇り?

 PHILIPSのH4 LEDヘッドランプを使用していますが、まさかのリフレクタの曇りを発見しました。
IMG_5092 Img_5092_1
 赤枠が、LEDで発生した曇りと思われる箇所です。取り付け時には存在していなかったはずです(そもそも取り付け時に存在しているのなら拭き取る)。ただ、この曇りは、消灯時は目立たず(殆ど見えない)、点灯すると曇りが浮き出る感じです。後付HIDの時の曇り方とは違います。
 もう暫く様子を見ますが、曇りが増えてしまうようなら、ハロゲンバルブに戻すしかありません。追って報告します。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

クリンビュー最低

2度と使うかこんな糞カスクリーナー。
使ったらよけいに汚れるんだけど。
私の使い方の問題?いやいや、ちゃんと説明書き通りやってるで。

7年ぶりの機種変更

[2016年4月28日追記]
※ソフトバンクサイトより、当記事で紹介している「ガラケー無料交換プログラム」は、キャンペーン期間が2015年7月1日(水)から2016年4月27日(水)までとあり、現在はこのキャンペーンは実施されておりません。現在は「ガラケータダで機種変更プログラム」が実施されてます。

 ふとソフトバンクのサイトを見たら「ガラケー無料交換プログラム」というのを発見し、詳細を見てみる。
 すると、ケータイを60ヵ月以上ご利用中のお客さまが、対象のガラケーに無料で交換できるプログラムです。というものだった。60ヶ月、つまりは5年以上、同じ機種を使用していれば、最新のガラケーに無料で機種変更できるということだ。このプログラムは2015年7月1日から実施されていたようだが、今まで気付きませんでした。
 妻が使用している911SH、5年どころか7年くらい使用していて、既に充電端子カバーは外れてどこかへ。外装も傷だらけでした。こんな状態の電話機でも、まだ充分に使えているというのが不思議です。
 ただ、ちょうど良かったかもしれません。実はシャープ製の携帯電話において、2016年1月以降のカレンダーが表示されないという問題がありました。
シャープ製のフューチャーフォンで 2016 年 1月以降のカレンダーが正常に表示できない問題
 順次SMSでアナウンスがあるような事でしたが、SMSが届いた気配が無さそうですし、事務手数料は発生しますが、機種代金は無料で交換できるのでこのプログラムを利用しました。
 交換候補とした機種は、2015年12月4日(金)に発売されたAQUOS ケータイです。発売日当日にソフトバンクショップに行ってみましたが、なんと店頭在庫が無いとの事。店員さんのお話では、スマートフォンは発売日に合わせて入荷はするのですが、ガラケーに関しては事前に予約があった台数しか入らない。店頭在庫が無いという事は、予約が無かったのですね。
 更に、店員さんはご丁寧に、家電量販店なら入荷している可能性があり、家電量販店でもガラケー無料交換プログラムを実施しているから、そちらで入手できるかもと、客の立場になって案内してくれた、いやはや、ソフトバンク店員も捨てたもんじゃないですな。
 翌日の12月5日(土)、ご近所のケーズデンキへ出向き、ガラケー無料交換プログラムによる手続きをお願いした。出向く前に店頭在庫を電話で確認しておいた。
 店舗に到着後、手続きが順調に進む……。と思いきや、トラブルだらけの手続き。
 まず、契約プランについて。ソフトバンクサイトのよくある質問(FAQ)を読むと、料金プランについての適用条件は無いとある。つまりは、既存の通話定額だけのプランでも問題が無いわけだ。
[ガラケー無料交換プログラム]加入に必要な条件はありますか?
【料金プランについて】
料金プランやパケット定額サービスに関する適用条件はありません。
↑以前までは、この文言があったのですが、今は無いみたいです。ただ、パケット定額プランの契約は必須ではなくて任意である事に変わりは無いです。
キャプチャ
 ところが、担当した店員がパケット必須、ガラケー無料交換プログラムの対象機種では無いと案内してきた為、私が事前に調べてた内容を一式伝えると、そこから調べ始めるものだから、順調に進めば1時間程度で終わる手続きが2時間以上経過してようやく終わりを迎えました。いくらガラケーの人気が無くて契約する人が少ないとはいえ、販売している以上は商品知識を持っていて欲しいです。
 色々とありましたが、無事に機種変更してHD Voiceを試したところ、確かに音質はクリアになっています。従来の音質がAMラジオなら、HD VoiceはFMラジオといったところか。
 今度の機種は900MHzの3G対応しているとの事。以前の911SHと比べると通話できる範囲が広がっている(はず)ので、使い勝手は良くなりますね。
 電話機としてガラケーは最高な端末と思っています。段々とガラケーの数が減ってきましたが、まだまだ需要はあると思います。数は少なくて良いから、作り続けて欲しい。

後付LEDの弱点か

 本格的な雪になりました。降雪時はライト点灯して安全運転に努める私です。
 今朝は気温2℃〜3℃のべた雪の中を1時間ほど走行しました。先日の記事に投稿した通り、PhilipsのLEDライトとしています。IMG_4973

 LEDライトの懸念事項として、発熱の少なさから、降雪時のライトに積もった雪が解けない事がありますが、まさに、今朝がそれでした。前の方向指示器まで雪で覆われており、とても危険な状態でした。
IMG_5010 IMG_5008
IMG_5011

 出発直後は、前走車の後部にカットラインが照射されてたのですが、走行するにつれ、カットラインが照射されなくなりました。
「Philipsの不点灯事案が発生か?!」
と、心配しましたが、安心してください。点いてますよ。

IMG_5009 IMG_5012
 ハロゲンバルブを使用してるフォグランプには、雪は着いてません。
(ライト形状や取り付け位置が違うので一概に比較はできませんが)

 という事で、着雪対策が必要です。一番簡単な着雪対策は、ハロゲンバルブに戻す事かもしれませんね。
Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ