雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

ノートLED化への道:ヘッドライト編

 諸事情により、PHILIPSのH4型LEDバルブを入手することができました。この製品は2ちゃんねるで評判が良いので楽しみです。
image
 早速取り付けて点灯してみます。
運転席側ライト 助手席側ライト
 色温度は6200kとの事ですが、この写真からでは4500k〜5000k程度に感じますね。ちなみに以前に装着していた4300kのHIDライトはこんな感じ。似たような色合いです。
LED車幅灯&HID4200K
 さてと、照射した状態はどうでしょうか。カットライン\_\_を確認です。
照射画像 2015-11-30-19-07-21 IMG_5021[1]

 とりあえずiPhone5で撮影した画像ですが、意外としっかりと出ています。グレア光もハロゲンの量とあまり変わらず、対向車にとって目潰し光線となるような状態ではないでしょう。ただ、この写真ではわかりませんが、気になる点があります。左上がりの\ですが、LEDの形なのか、近くで照射すると■が並んでいるのがわかります。その写真については、機会がありましたら撮影してこのページにアップしようと考えています。
2016-03-15-22-32-24
IMG_5212
IMG_5210
正面から見てみると、ロービーム時、リフレクター上部に当たる光が弱いのがわかります。ただ、実用上は問題無いです。
 動画を掲載します。撮影した機材はドライブレコーダーユピテルDRY-FH200です。
 参考までに、HIDの時とハロゲンバルブ(サーキットクリア)の時の動画も掲載しておきます。同じ道を走行しています。




 取付後の様子。LED素子がリフレクターにどの様に反射しているかを、ライト正面から見てみました。黄色いのがLED素子です。注目して欲しいのはロービーム用のLED素子の映り方です。


 ロービーム側は、スプーン(遮光板)でしっかりと素子がカットラインのリフレクタに反映されていますね。リフレクタカットラインの左側の斜め線/の下に映るLED素子はハイビーム用です。

0120-951-925 からの着信がありました。

今日の午前中ですが、タイトルの「0120-951-925」から私の携帯電話宛に着信がありました。フリーダイヤルでの着信は何らかのセールスだろうと思ったら、案の定、セールス電話でした。
 電話の内容は、SoftBank Airの売り込みでした。以前にYahoo!JAPANのサイトで、自宅のインターネット環境や携帯電話の利用状況アンケートがあって、それに回答して、回答者でキャンペーンに適用する人に順次電話してるんだと。
 まあ、SoftBank Airの評判は最悪で、というか自宅に既にインターネット回線があるので不要なのです。

 で、ちょっと残念だったのが、セールスの電話の知識ね。ソフトバンクの製品を売ってるのだから、ソフトバンクの契約プランの内容くらい把握しておこうよ。

 知識不足だなと感じたやり取りは以下、概要。

営業男「お使いのプランでは月に7GBの上限がありますよね。」
私「いいえ、私の契約では月7GBの上限はありません。」
※実際に上限は無い。↓
通信速度の制御について
キャプチャ
営業男「現在の状態では月7GBの制限があるのです。」
私「はぁ……(無知な人間と確定した)」
 私の声のトーンが一気に下る。相手もそれを察したのか、喋ることだけ喋って、最後に、
営業男「ソフトバンクをご解約予定が無ければ2年間SoftBank Airをご利用いただけませんでしょうか。」
 それを聞いた私は、ズバっとこう答えた。
解約予定があります!
 電話口の声のテンションが一気にダウン(笑)。終了である。
 今回のこの電話では、客の意見に対して聞く耳を持たない、話す価値の無い営業電話という事が残念であり、腹正しかった。
 今後、この様な電話がある時のために、今一度、自分が利用している携帯電話の料金プランの確認してみてはいかがでしょうか。また、それをきっかけに料金見直し(他社へMNPや不要オプション解除等)も良いかもしれません。

NifMoが通話定額を始めたようですが。

以前からアナウンスされていたNifMoの通話定額ですが、2015年10月29日からようやく開始されました。ちょっと遅かった気もしますが。
ニフティ、MVNO初の月額定額電話“かけ放題”サービス「NifMo でんわ」提供開始
 という事で、「NifMo でんわ」について色々と詳細を確認してみます。

 NifMoでんわは、音声通話にオプションとして用意されており、国内の携帯電話、PHS、固定電話、050IP電話向けの通話が定額で月額1,300円となっています。NifMoで毎月1,300円以上の通話料金を支払っている人にとっては安くなりますね。
 このNifMo でんわですが、実はIP電話です。SkypeやLINE、050 plusで実現している通話の方法と同じですね。IP電話なので、音声通話回線ではなくて、通信回線を使います。よって、パケットを消費します。
 NifMo 電話に限らず、IP電話のメリットとしては、携帯電話が圏外でもWi-Fi(無線LAN)が使える状態なら電話を使えることですね。また、有事の時、電話集中して回線が使えない状態でもパケット回線なら比較的つながりやすいというメリットも有ります。
 良い事があるように思えますが、では、現時点で判明しているNifMo でんわのデメリットも挙げていきますね。
 発信者番号。発信者番号通知は使えない、もしくは使い物にならないと思っていたほうが良いです。インターネット上で入手した情報ではありますが、docomo宛とソフトバンク宛には発信者番号が通知されません(非通知)。au宛には、+81が付加され、発信元の携帯電話番号の先頭の0が無い状態。つまりは、例えば発信元の携帯電話番号が 090 1234 5678 だった場合、auの携帯電話番号に表示されるのは「+819012345678」となります。固定電話宛はまだ未確認です。
 音声回線ではなくて通信回線なので、ある程度の通信速度が必要です。電波が不安定(アンテナ本数が最大本数ではない)な状態でも、音声回線では余裕で通話できても通信回線での通話が不安定になるようなシーンが有るかもしれません。
 110番等の緊急電話番号や、フリーダイヤル等の発信できない番号がありますが、その場合には音声回線で発信すれば良いですね。

 という事で、これらを踏まえて、現在、メリットデメリット、毎月の料金等を加味してNifMo でんわを申し込もうか検討中です。が、実は、殆ど通話無料で済んでるんだよねぇ。固定電話宛はViberで実現できてるし、仲間内にはLINE等で通話。
 せっかくの無料通話が開始されましたが、ちょっと残念な仕様でした。

iOSのTwitterクライアントアプリをお乗り換え

 私のiPhoneには、Twitterアプリとして、Twitter純正アプリEchofon Pro for Twitterを入れてましたが、今日に、EchofonからTweetbot 4 for Twitterに乗り換えました。
 乗り換えた理由は、個々最近、Echofonの動作が重い&不安定だったためです。同僚にオススメアプリを伺ったところ、Tweetbotとの案内があったので早速購入。このブログ記事を書いている時は1,200円となっていますが、私がダウンロードした時は600円でした。半額セール中だったのですね。
 インストールしてからの使い勝手ですが、Echofonとは雲泥の差ですね。軽いし使いやすいし。もっと早く使っておけばよかったと思いました。
 Twitter純正アプリの唯一の弱点はListへのアクセスの悪さですね。それが改善されたら、実は一番シンプルなアプリになるかもしれません。
 ということで、Tweetbotさん、今後ともよろしくです。

NifMoが通話定額を開始しないのでViberを入れてみた。

 季節は既に秋ですね。北海道や青森県では初雪を観測するなど、秋から冬に季節は動いています。そんな中、未だに通話定額を開始しないNifMo、どうしたのでしょうか?
NifMoの「電話かけ放題」サービス、開始時期を6月から「秋」へ延期
 通話定額が開始しないので、せめて固定電話宛の電話だけでも無料通話を実現したいと思い、ViberというアプリをiPhoneにインストールしました。
Viber(バイバー):楽天グループの無料通話&メッセージアプリ
 というのも、こんなキャンペーンを今更ながら発見しました。
Viber、国内の固定電話への通話料無料キャンペーン実施中
 2014年12月26日から開始されているキャンペーンのようで、出遅れた感がありますが、とりあえず使えるものは使うという考えです。また、このキャンペーンがいつ終了するかは不明です。
 Viberというアプリですが、LINEとほぼ同じです。アプリ間での無料通話を実現してたのは、実はViberの方が先なのですが、日本ではLINEの方が人気になってしまいました。Viberは楽天が絡んでいるので敬遠する人もいるかもしれませんが、黒いウワサが多いLINEよりマシと思っています。

 ということで、気になりましたらとりあえずダウンロードしてインストールしてみてはいかがでしょうか。利用開始するにはLINEと同じようにSMSによる電話番号認証が必要となります。


ヘッドライトを明るく!

ハロゲンバルブ仕様のヘッドライトを明るくするには、後付HIDキット(最近はLEDもあるね)を取り付けるのが手っ取り早いのですが、ハロゲンバルブを使用する前提で設計されているヘッドライトにハロゲンバルブ以外を取り付けると、必ず光軸のズレがあり、そのズレからグレアが発生してしまいます。
 そこで、バッテリーから直接電源を取れるようにするリレーハーネスを購入しました。

 昔は各社から出ていたリレーハーネスですが、昨今のヘッドライト事情で、今はIPFから出てるだけになってしまいました。
 さて、取り付け後ですが、標準的なH4ハロゲンバルブの消費電力である60W/55Wでも、純正の配線と比べて明るくなっているのが実感できました。明るくなるというか、照射範囲が広がる感じです。
車内に取り付けた状態 バッテリーから電源を取る
 元々の車両側のコネクタは、リレーハーネスを切り替えるためのスイッチ用電源となります。片側のみ接続するために、もう片方は使用しません(テープで端子を塞いでおきました)。
車両側コネクタとリレーハーネスの端子 使用しない端子を塞いでます
 リレーハーネスの端子をバルブに取り付け。
リレーハーネスの端子をバルブに接続
 マイナス側は、車体に取り付け。運転席側はバッテリーマイナス側に直接配線しました。
マイナスアース マイナスアース
 最近の車には効果があまり無いのですが(効果はわずか)、古い車には効果バツグンです。後付HIDはヘッドライト自体を痛めてしまうので、安全に明るくするには、リレーハーネスが最適です。
 ハイワッテージバルブと併用すると更に明るくなりますが、樹脂製のライトでは溶けてしまうことがあるので要注意です。

脱ソフトバンクへの道(番外編:義母の脱ソフトバンク)

 義母のiPhone 4sはソフトバンク回線ですが、この度、脱ソフトバンクをしてdocomoにMNPしました。何でdocomoかって?それは、義妹名義での契約だったのですが、義妹宅でドコモ光にしているのでそうなりました。
 契約プランはかけ放題となるので、固定電話や携帯電話宛への通話はかけ放題。ただし0570等の特殊な番号へは通話料金が発生します。
 ちなみに、iPhoneとiPhoneなら、LINE等のアプリを使わずともFaceTimeを使って無料通話が可能です(要パケット通信)。
 いいですね、いいですよ、脱ソフトバンクがどんどん続いてます。

今度はNTT東日本の代理店から電話。

 今まではKDDI代理店からauひかりの営業電話が多々ありまして、KDDI本体にお願いして営業電話をしないように手続きしてもらいました。

KDDI代理店から電話がきた時の話
KDDIにauひかり勧誘電話を止めるように問い合わせた。

 その手続き後にKDDI代理店による勧誘電話が一切来なくなってスッキリしていたのですが、今度はNTT東日本から勧誘電話がありました。時間は20時30分を過ぎた頃。内容はうろ覚えですが、箇条書きにするとこんな感じ。
  • NTTの回線増強工事を行う
  • 増強工事を行うことにより今までの下り速度200Mbpsから1,000Mbpsへと速度が向上する
  • 今お使いのモデムが1,000Mbpsに対応していないので交換作業が発生する
 この3つを聞いて、これはNTTからの緊急工事連絡ではなく、単なる営業電話だと。さて、それぞれ3つの内容について1つづツッコミを入れていく。

★NTTの回線増強工事を行う
 →NTT東日本のインフラに関わる工事連絡は、電話ではなくお手紙(ハガキまたは封書)で通知が来ます。理由は、電話だと言った言わないの水掛け論になり、責任の所在が不明確になる為。

★増強工事を行うことにより今までの下り速度200Mbpsから1,000Mbpsへと速度が向上する
 →これも上記と同じように電話ではなくてお手紙での通知となる。また、200Mbpsから1,000Mbps(1Gbps)への変更は、利用者からの依頼が無い限りはNTT側で勝手に工事は行わない。

★今お使いのモデムが1,000Mbpsに対応していないので交換作業が発生する
 →200Mbpsに対応している機器なら、既に1,000Mbps(1Gbps)に対応しているのだ。ひかり電話を使っているのなら、例外無く1Gbps対応機器です。実際に我が家も以前までは200Mbpsで、NTTに連絡して1Gbpsに変更してもらったが、機器の変更が無かった。

 ちなみに、上記ツッコミ内容については、営業電話に対するツッコミそのものです。フレッツ光回線を使った光コラボ事業が始まり、その営業電話だと思うのですが、残念ながら既に我が家は光コラボとしています。色々とお話して、相手が「フレッツ光をお使いでは無いのですか?」と聞いてきたので、「ニフティ光を使っています。」と話したところ、対象外云々で電話を切られた。終了である。
 ただ、NTT東日本代理店も複数社存在していて、電話番号リストが出回ってるだろうから、また別の代理店から電話があるかもしれない。その時はその時で遊びます。んで、あまりにも内容が詐欺まがいだったら、NTT東日本にも電話勧誘停止窓口があるので、そこに連絡することとします。
フレッツ光サービス等の勧誘停止登録の受付について
キャプチャ
↑受付は平日の午前9時〜午後5時で、休業日は土日・祝日・年末年始だっってよ、ふざけてるね。116でいいかも。
 ちなみにKDDIは9時から20時で土日祝日も受け付けてる。
auひかりサービスの勧誘停止登録の受付について
キャプチャ

 別に営業電話が悪いとは言ってない、営業電話の内容が詐欺まがいだから糞だといってる。ただ、これら光回線については、わかる人間が自ら色々と調べて自ら申し込むので、営業電話は逆効果だと強く感じる。

 以上、我が家に来たNTT東日本代理店からの勧誘電話でした。今後、同じ様なお電話を受けた場合の参考になれば幸いです。

サポート切れOS向けのトラップ、やめます。

 livedoor公式ツイッターアカウントから、サポート切れOS向けのトラップは好ましくないですよと言われまして、なので、トラップは明日にでも解除する予定です。
 なので、サポート切れOSでも、私のブログにどんどんアクセスしてくださいな。私のブログじゃなくて、他のところでやられて下さい。

解約後のシンプルスマホ204SHの用途

 さて、ソフトバンク解約後(MNP転出後)のシンプルスマホ204SHですが、どうやら解約後もワンセグは視聴できるようです。ガラケーは解約後、何日か経過すると使えなくなりましたが、スマートフォンは大丈夫みたいですね。これで、Zenfone 2で使えないと懸念していたワンセグが解約後の端末で使えるとわかって安心しました。シンプルスマホも、3Gでの通信や通話ができないだけで、Wi-Fiがある場所なら使えますからね。
お買い得ウィジェット
Profile

ぴろたん

livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ