先日注文したPCが配達され,色々とセットアップしてそれもほぼ完成。
後はインターネット(フレッツ光ネクスト)の開通待ちという状態です。

その開通を前に,家庭内LAN構築を考えてみた。

外からの光ファイバー線は既存の電話線が通っているCD管を通って室内まで到達し,そこにひかり電話対応ルータと接続→PCへとなる。
ルーターを設置する階層は1Fの予定で,私の部屋は2F。
1Fから2Fまで線を通す必要があったのだ。

購入した中古住宅ですが,1Fと2Fに電話線のモジュラージャックがあるので,もしかしたら通るかなと思ったら案の定通った。
早速LANケーブルを購入して通すことにした。が,市販されているLANケーブルは両端にコネクタが付いているわけでして,これがついたままだと,どう頑張ってもCD管の中を通らない。

片方をカットして通したらスムーズに通りました。
では,カットした個所はどうしたか。

LANコンセントというものを使います。
LANコンセント

コネクタ部は色分けされているので配線も迷うことなく可能です。
ただ,取り付けには工具が無いと厳しいので,私は併せて工具も買いました。

これで1F→2Fと線が1本通ったので,後は2FでHUB等を使って各部屋に分岐させてあげれはOKなんですね。

無線LANも考えたけど,せっかくの光回線なのですから,優先として速度を満喫しないと勿体ないと思います。