携帯電話会社3社共に携帯電話上でオンライン料金確認ができるのです。
その際のパケット通信料については、3社とも無料のようです。

docomoauはぞれぞれ携帯電話標準のポータルサイトから料金確認ページまで無料ですが、ソフトバンクは一部パケット通信料が発生します。

docomoとauは久しく使っていないけど、auの場合は、パケット通信料が発生する場合はその旨のアナウンスやらアラートメッセージが表示される。

ソフトバンクの料金確認ページを見てみる。
請求料金が確定すると、毎月SMSが届き、それに料金確認のURLが記載されている。
そのURLをクリックすると、暗証番号を入力するページに遷移するような案内となる。

暗証番号を入力すると、確定前料金や実際に請求される料金等の参照ができるページに遷移するのだが、そこには請求情報とは関係無いリンクがある。
この記事を書いている時点であるのは、

豪華賞品を当てよう!
海外で1万円分の商品券が当たる!

当然ながら請求情報とは関係無い内容。でも請求情報確認ページに存在している。
では、そのリンクをクリックしたらどうなるか。
パケット通信料が発生するか不明だったので問い合わせてみたところ、パケット通信料が発生するとの回答を得られた。
サイトをくまなく探しても、そんなことはどこにも書いておらず、なんだか詐欺的に感じちゃいます。

ソフトバンクは、細かいところで課金してセコく稼いでるよなぁと感じる。
でも、そうやってこっそりと稼がないとイケない大人の事情が多々あるようで、その件についてはここでは触れない事とします。

先日の孫正義氏の発言にあったけど、通話可能エリアを増やすとあった。
現在のサービス内容を維持しつつ、是非とも増やしていただいたい。

後発でいろいろと小回りが利くキャリアであるので、新しいサービスの提供を期待しています。