自宅のテレビはSHARPのLC-32BD1という液晶テレビでして、これにはi.LINK端子があります。
先日購入したブルーレイレコーダー BD-HDS53にもi.LINK端子があって、同じSHARP製のテレビと接続することでi.LINK端子経由での録画が可能です。
取扱説明書をよくよく読むと、どうやらi.LINK端子経由とブルーレイレコーダー BD-HDS53内臓チューナで2番組同時録画が可能のようだ。

先日、たまたま録画したい番組が重なったので、実験を兼ねて取扱説明書を見ながら録画予約をしてみる。
まずは、Blu-rayレコーダ内臓チューナによる番組表から普通の予約。録画画質は選択可能だったので、高画質ではない設定とする。
次に、テレビに内蔵されている番組表機能で、上記で設定した別の番組を選択して、視聴予約ではなくてi.LINK録画予約と設定。
上記テレビの予約設定が完了したら、最後にBlu-rayレコーダにて日時を指定して予約する。その予約の際のチャンネルはi.LINKとする。これでi.LINK端子からの映像/音声を録画するわけだ。

ただ、正規のダブルチューナではないので色々と制約がある。

まず、録画画質が選択できない。常に最高画質。変更ができない。
i.LINK端子からの入力にエンコードが対応していないのか、それともそういう規格なのかは不明だが、i.LINK端子経由で入ってきた映像ソースをそのまま記録するようだ。

なので、内臓HDDに十分な空き容量が無い場合には、i.LINK端子経由での録画は難しい。

そしてテレビ側にも制約がある。テレビ側で予約した番組以外を見ることができないのである(確認中だけどそんなこと書いてあった)


Blu-rayレコーダを購入する際に、ダブルチューナ搭載機種も検討したんだけど、私や家族の使用用途を考えると、これで十分じゃないかと感じます。

ということで、最近はテレビとブルーレイレコーダー BD-HDS53の取扱説明書が愛読書となっています。