今朝、通勤途中の事。

いつもと変わらぬ通勤経路。いつもと変わらぬ走り方をしていたのですが、あと5分くらいで会社に到着するというところで突如エンジンルームから白煙が上がる。
最初は朝露が蒸発してるんだろうと思っていたのですが、朝露にしては煙が上がっている時間と量が多いし長いなと。
とりあえず異常事態であることに違いは無いが、油臭さは無かったので油脂関係ではない。となると冷却水漏れを疑う。

何とか会社に到着。エンジンルームを確認すべくボンネットのロックを解除して下車する。
車の前に回ってみると、ありゃりゃ、冷却水があふれてるではないですか。とりあえず触らずにエンジンが冷えるのを待つ。

一旦社内に入り、妻に知り合いの日産の方に連絡してもらうようにお願いをする。
しばらくすると日産の方から私の携帯電話当てに着信アリ。車を見せて状況を確認してもらって工場で見てもらうことに。

この車は、2007年10月13日(土)に購入(納車は27日)しまして、ちょうど3年目。
既に10万kmを超え、11万kmも走っているわけです。
「車が壊れたらどうしよう?」
と、半ば冗談交じりで家族と会話していましたが、まさかこう早くも現実となるとは思うはずもなく。

修理費用はどれくらいになるんだろうか。
先日、友人が同じように冷却水関連で故障し、修理したら5万円くらいだったとの事

さらに増えるかどうかは故障具合にもよりますが、可能な限り安く済むことを願いましょう。


車が戻ってきました。
日産の方が言うには、ホースを交換したと。

年齢劣化によるホースの硬化+走行中の振動で裂けたとの事。

5,000円くらいとの事らしいが、詳細は請求書が来てから。

壊れる前に次の車か??