2014年4月9日にWindowsXP等のサポートが終了します。


 当ブログのアクセスログを解析すると、殆どのWindowsがWindowsVista以降なのですが、まだWindowsXPで、しかもInternet Explorer 6で閲覧しているログも残っています。諸事情でWindowsXPを使い続ける必要があるのなら、2014年4月9日以降にそのPCでインターネットに接続しないでください。
 2014年4月9日以降、WindowsXPに不具合があったとしても一切の修正はされません。セキュリティ的に欠陥があったとしても修正はされません。そのPCだけがウィルスに感染するならまだしも、それが原因で同一ネットワークに接続されている他のPCやサーバーに感染して攻撃される恐れがあります。他の人達をウィルスの被害に巻き込まないためにも、WindowsXPの使用を控えるべきです。どうしてもギリギリまで使いたいのなら、せめてInternet Explorerを8にするか、他のブラウザを使ってください。

 WindowsXPは、何度も延命措置が取られていますが、その延命措置のおかげでかなりボロボロになっています。そろそろ安らかに眠らせてあげてください。よくできたWindowsとして、良くも悪くも歴史に名を残しますから。

 ちなみに、個人的にはMacもお勧めです