私の車は前輪駆動ですが、寒冷地仕様としてヒーテッドドアミラーが装備されています。ドアミラーを温めて雪や氷を溶かす装置ですが、曇りも除去できます。雪国以外でも使い道のあるこのヒーテッドドアミラーは、高級セダンには2WDでも装備されているようですが、大衆車は寒冷地仕様を選択しないと装備されないか、4WDで標準装備されていても2WDではオプションですら用意されていない日本車が殆ど(軽自動車は2WDに装備不可能)ですが、欧州では基本的に標準装備です。そういった点が日本と欧州とで車に対するモノづくりの考え型が違うのだなと感じます。
 スズキとマツダと日産に、2WDでヒーテッドドアミラーをオプションで用意していない理由を問い合わせてみたところ、ヒーテッドドアミラーは寒冷地(=雪国)専用の装備と頭の悪い輩たちが思い込んでいるようです。雪国では4WDの需要が多いため、営業マーケティングの観点から4WDには標準装備してますとの回答です。
 トヨタやホンダは2WDでも寒冷地仕様を選択することで装備することが可能なので問い合わせることはしませんでした。

 スタッドレスタイヤの性能向上、及び、除排雪が丁寧に行われてるので、実は4WDであるメリットが減ってきています。むしろ降雪が無い季節での燃費悪化のデメリットの方が大きい。
 ということで、本当はFFで事足りるんだけど、ヒーテッドドアミラーは4WDに装備されることが多くてね。自動車メーカーは、2WDでもヒーテッドドアミラーを選択できるようにしてください。降雪時や寒冷地以外でも需要がある装備なので。

 もっとも、しばらく車は書いませんが(笑)