iPhone4を購入してしばらくしてから頂いたFON2405Eが壊れてしまった。ここ数ヶ月の間に通信が不安定ではあったのだが、特にフリーズすることなく使えていた。それが突然の故障。速度計測を実施した直後に故障したので、高負荷に耐えられずに故障したのでしょうか???
 ちなみに、もう1台のFON2405Eを持ってました。知人がiPadを購入した際に貰えたようで、使わないからと私に譲ってくれました。そのFON2405Eも、今回と同じように突然の故障で、しかも使用年数も同じくらい。製品としての寿命を全うしたのかもしれません。3年〜3.5年程度での故障です。

 故障後は予備の無線LAN親機I-O DATA IEEE802.11g/b 無線LANルーター WN-G54/R4を繋ぎで稼働させましたが、この無線LAN親機は11g/bしか対応しておらず、速度も最大で54Mbpsなので、最大150Mbps出てたFON2405Eと比べても遅いと体感します。色々と批判のあるFON2405Eですが、そこそこ安定していて高速だったし、何よりFONのアクセスポイントに接続することができた。故障する前の私のFONアカウントはLinus(自宅のアクセスポイントを開放する代わりに他のアクセスポイントに接続できる)だったのですが、今はAlien(FONアカウントはあるが装置が起動していない(オフライン)な状態。
 FON2405Eを修理に出そうか考えましたが、他のFONのアクセスポイントにPCで接続することもまず無いし、新しい通信規格にも対応させたいし、自宅の100MbpsのHUBもGigabit対応させたいし、いっそのこと有線部がGigabitな無線LAN親機にしてしまおうと思いました。
 そこで、ご近所のケーズデンキへ出向き、購入したのがELECOM 無線LAN(Wi-Fi)ルーター 親機 433+300Mbps Giga 11ac/n/a/g/b WRC-733GHBKです。Amazonでの購入も考えましたが、今すぐ欲しかったので店舗で購入しました。
 この機器、普通に使う分には問題は無いのですが、痒いところに手が届かない設定ですね。RTモードとAPモードが選択できるのですが、自宅には既にルーターがあるのでAPモードにすると、APモードでは管理画面を開くことができない(管理画面はRTモードで)し、管理画面を開くことができないということは、APモード時に割り振られているIPアドレスを確認することができないということです(上位ルーター側の状況確認を使えば、MACアドレスから割り振られているIPアドレスがわかる)。
→私の取扱説明書確認不足でした。ユーザーズマニュアル[PDF形式]の134ページ「3.APモードで設定ユーティリティにアクセスする」の手順で可能でした。

 ルータを製造販売する機器メーカー会社にお願いしたいです。既にルータを設置している人が多いはずですので、APモードでの機能充実を図って欲しいです。