12月に更新月を迎えるiPhone 4ですが、そのままソフトバンクを使い続けることなく、MNPとする予定です。移転予定先は、IIJが提供するみおふぉんです。docomoの回線を使うので、ソフトバンクの様に、山で使えない繋がらないという事が激減するのではと思っております。

 キャンペーンで2年間、パケット定額費用が半額となっていましたが、それも2年となる11月末で終了し、ソフトバンク回線を使い続けるメリットが皆無な為に移転します。今後は、ソフトバンクの既存回線を順次解約していく予定です。

 SIMフリーiPhone 6 Plusを購入して(この記事を書いている時点では「処理中の商品」でした)、それを妻が使います。

 さて、ちょっと気になる点があったので、友人の協力を得て調査をしました。
まずは、ソフトバンク版iPhone 5 で、iOS8.0.2での緊急速報設定画面。
iPhone 5 iOS8.0.2の緊急速報設定
「設定をオンにするとバッテリーのもち時間が短くなる場合があります。」
とあります。この文言がでるのはソフトバンクだけで、docomoやauには表示されません。
参考記事:ケータイWatch:「iPhone 5s」「iPhone 5c」ファーストインプレッション
上記ではiPhone 5s/5cでの事を書いてありますが、iPhone 5でも同じと思われます。
 これを踏まえて、まずは以下のツイートを。  上記は、SIMフリーiPhone 6 Plusに、みおふぉんのSIMを入れて使用している状態。docomo回線を使うので左上にはdocomoと表示されています。注目していただきたいのは、赤枠のところ。緊急速報の下には何も文言が表示されていません。
 次に、以下のツイートを。
こちらは、投稿文章にもありますが、SIMフリーiPhone 6 PlusにソフトバンクSIMを刺した状態。iPhone 5の時と同じように、設定をオンにすると〜の文言が表示されています。この文言は、iOSがキャリアで判断して表示非表示を切り替えているものと思われますが、現に、ソフトバンクだけが電池のもち時間が短くなるようです。
※詳しくは、こちらの記事を参照してください。→鈴の音情報局blog ソフトバンクの緊急地震速報はやっぱり使えない

10月18日(土)に、青森県青森市で緊急速報の訓練メールが一斉送信されまして、この友人は、SIMフリーiPhone 6 Plusにも緊急速報メールが届いたのを確認できています。なので、MVNO事業者でも、緊急速報については問題無く受信することが可能ですね。これで、安心してみおふぉんを利用できます。