ソフトバンクが出している電波チェッカーというアプリですが、インチキということがサービス終了直前で判明しました。(上記リンクへ行くと、『「電波チェッカー」は、2015年5月1日(金)をもちましてサービス終了いたします。』とある)。
 どんなアプリかというと、現在地点の電波状況を計測し、その状態を地図上にマークしていく。マークした情報はソフトバンクに送られ、電波改善、品質改善のデータとして使われています。
IMG_3049
 上記の画像を見ていただきたいのですが、電波状態は「圏外」となっているのにもかかわらず、マークした情報は3G。つまりは、圏外ではなくて、3G回線を掴んでいるという認識。この状態でソフトバンクのサーバーに送られていました。圏外なのに圏内と情報を送るという、とんでもないインチキアプリです。だから5月1日にサービス終了なのかなと思ったり。
 ソフトバンクは基本的に詐欺を働きますので、信じてはダメなのですが、このアプリもやはりインチキ、詐欺的な動きを指定たとの事で、今までの事が色々と繋がりました。
 あぁ、早く、できるだけダメージを少なく(=ソフトバンクへ解約金等の支払いをできるだけ少なく)解約なりMNPなりできる時期が来ないかしら。