以前の記事では、Windows7に対してWindows10にアップグレードしたと載せました。その時は、Windows7の32bit→Windows10の32bitだったのですが、今回は64bitにしました。もちろん、正規ライセンス認証済みです。
キャプチャ

 Windows10にアップグレード後、正規に32bitから64bitにする方法についてはインターネットで検索するとたくさんのサイトにヒットしますので、そちらをご参考願いたいのですが、32bitから64bitにするには、基本的にクリーンインストールとなるのでご注意ください。

 で、64bit化したついでに、メモリも増設しました。4GBから12GBへ。64bit化で一番の利点は、メモリがたくさん使えること。32bit版では、Windows上では4GB以上を認識していても、約3GBまでしか使えませんが、64bitなら、4GB以上使うことができます。
 ※Windowsの各エディション毎に扱えるメモリの上限が決まっていますが、64bit版ならどれも4GB以上は使えます。詳しくはこちらのサイトを御覧ください。
Tech TIPS:Windows OSでサポートされている最大物理メモリサイズは? - @IT

とりあえず、我が家のPCでは、メモリを12GBもフルに使うことはまずありませんが、動作は快適になりました。