雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

2015年07月

今度はNTT東日本の代理店から電話。

 今まではKDDI代理店からauひかりの営業電話が多々ありまして、KDDI本体にお願いして営業電話をしないように手続きしてもらいました。

KDDI代理店から電話がきた時の話
KDDIにauひかり勧誘電話を止めるように問い合わせた。

 その手続き後にKDDI代理店による勧誘電話が一切来なくなってスッキリしていたのですが、今度はNTT東日本から勧誘電話がありました。時間は20時30分を過ぎた頃。内容はうろ覚えですが、箇条書きにするとこんな感じ。
  • NTTの回線増強工事を行う
  • 増強工事を行うことにより今までの下り速度200Mbpsから1,000Mbpsへと速度が向上する
  • 今お使いのモデムが1,000Mbpsに対応していないので交換作業が発生する
 この3つを聞いて、これはNTTからの緊急工事連絡ではなく、単なる営業電話だと。さて、それぞれ3つの内容について1つづツッコミを入れていく。

★NTTの回線増強工事を行う
 →NTT東日本のインフラに関わる工事連絡は、電話ではなくお手紙(ハガキまたは封書)で通知が来ます。理由は、電話だと言った言わないの水掛け論になり、責任の所在が不明確になる為。

★増強工事を行うことにより今までの下り速度200Mbpsから1,000Mbpsへと速度が向上する
 →これも上記と同じように電話ではなくてお手紙での通知となる。また、200Mbpsから1,000Mbps(1Gbps)への変更は、利用者からの依頼が無い限りはNTT側で勝手に工事は行わない。

★今お使いのモデムが1,000Mbpsに対応していないので交換作業が発生する
 →200Mbpsに対応している機器なら、既に1,000Mbps(1Gbps)に対応しているのだ。ひかり電話を使っているのなら、例外無く1Gbps対応機器です。実際に我が家も以前までは200Mbpsで、NTTに連絡して1Gbpsに変更してもらったが、機器の変更が無かった。

 ちなみに、上記ツッコミ内容については、営業電話に対するツッコミそのものです。フレッツ光回線を使った光コラボ事業が始まり、その営業電話だと思うのですが、残念ながら既に我が家は光コラボとしています。色々とお話して、相手が「フレッツ光をお使いでは無いのですか?」と聞いてきたので、「ニフティ光を使っています。」と話したところ、対象外云々で電話を切られた。終了である。
 ただ、NTT東日本代理店も複数社存在していて、電話番号リストが出回ってるだろうから、また別の代理店から電話があるかもしれない。その時はその時で遊びます。んで、あまりにも内容が詐欺まがいだったら、NTT東日本にも電話勧誘停止窓口があるので、そこに連絡することとします。
フレッツ光サービス等の勧誘停止登録の受付について
キャプチャ
↑受付は平日の午前9時〜午後5時で、休業日は土日・祝日・年末年始だっってよ、ふざけてるね。116でいいかも。
 ちなみにKDDIは9時から20時で土日祝日も受け付けてる。
auひかりサービスの勧誘停止登録の受付について
キャプチャ

 別に営業電話が悪いとは言ってない、営業電話の内容が詐欺まがいだから糞だといってる。ただ、これら光回線については、わかる人間が自ら色々と調べて自ら申し込むので、営業電話は逆効果だと強く感じる。

 以上、我が家に来たNTT東日本代理店からの勧誘電話でした。今後、同じ様なお電話を受けた場合の参考になれば幸いです。

サポート切れOS向けのトラップ、やめます。

 livedoor公式ツイッターアカウントから、サポート切れOS向けのトラップは好ましくないですよと言われまして、なので、トラップは明日にでも解除する予定です。
 なので、サポート切れOSでも、私のブログにどんどんアクセスしてくださいな。私のブログじゃなくて、他のところでやられて下さい。

解約後のシンプルスマホ204SHの用途

 さて、ソフトバンク解約後(MNP転出後)のシンプルスマホ204SHですが、どうやら解約後もワンセグは視聴できるようです。ガラケーは解約後、何日か経過すると使えなくなりましたが、スマートフォンは大丈夫みたいですね。これで、Zenfone 2で使えないと懸念していたワンセグが解約後の端末で使えるとわかって安心しました。シンプルスマホも、3Gでの通信や通話ができないだけで、Wi-Fiがある場所なら使えますからね。

脱ソフトバンクへの道(MNPのシミュレーション)

 ここ最近は「脱ソフトバンク」シリーズのブログを書いていますね。それほどまでにソフトバンクと縁を切りたい私です(笑)
 さて、先日は義父が使っているシンプルスマホ204SHソフトバンクからMNP転出させました。その際には46,000ポイントを付与する云々を電話で喋ってきたので、今度は私の使っているiPhone 5と、ついでに子供が使っているみまもりケータイ3のMNPの転出を試みました。ただ、今回に限っては、あくまでも「シミュレーション」であり、実際にMNP転出することはありません。
 ということで、早速ソフトバンクのMNP専用電話番号 *5533 宛に発信です。6月末に電話した時と違い、待ち時間が無くて直ぐにオペレータに繋がりました。やはり、月末月初はMNP転出で忙しいのでしょう。
 色々と手続きを進めていきました。転出時にかかる費用とかもろもろと告げられました。その際にいつものように転出先等を聞かれたので、

ソ:「転出先はどちらになりますでしょうか?」
私:「みおふぉんです。」
ソ:「転出先でお使いの機種は既にお決まりでしょうか?」←(!!!
私:「iPhoneです。既に購入しました。

 ちょっと想定外の質問が出ました。使う機種を尋ねられたのです。いつものケースなら転出理由を聞かれると思っていたのですが、まさか機種を聞いてくるとは。想定外の質問に、iPhoneを購入してないのに購入したとウソついてしまった(笑)(嘘つきは朝鮮人の始まりですよ)
 そして、最後の最後に、

ソ:「このお電話だけでのご案内となりますが、ワイモバイルでスマートフォンをお使いいただくと、転出手数料が0円となり、さらに30,000円のキャッシュバックがございますが、ご検討いただけますでしょうか?」

との案内がありまして、もちろん断りました。こんな案内をしてくるのは、iPhoneを既に購入したと述べてしまったからかな?そして、無事に2台分(iPhone 5およびみまもりケータイ3)のMNP予約番号を入手しました。
 番号を取得したのでMNP転出を行おうと思えば行えるのですが、私のiPhoneを解約すると、私名義で使用しているiPad Airの月額料金が今の倍になってしまうので、今回は見送ります。私のiPhoneのMNP転出は、一番最後かな。iPad Air→みまもりケータイ3(これはおそらく解約する)→iPhone 5の順番でしょう。

 以上、MNPシミュレーションでした。この記事が、これからソフトバンクからMNP転出をされる方の参考になれば幸いです。

脱ソフトバンクへの道(MNPでNifMo開通までの時系列)

 脱ソフトバンク第二段もようやく完了です。以下、MNP完了までの流れを時系列で記述していきます。今後、NifMoへMNP等される方の参考になれば幸いです。

2015年6月20日(土)
・Zenfone 2を購入しました。詳しくはこちらの記事をご参照ください。この新しい端末は、暫くはWi-Fi運用(自宅でのみ使用可能)となる旨を義父に了承してもらい、ついでにGoogleアカウント取得やLINEの移設も行ったのである。

2015年6月30日(火)
・ソフトバンクに連絡してMNP予約番号を取得しました。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

実際の申し込み手続きはここから始まる。

2015年7月1日(水)(00:12)
・NifMoのサイトでMNPによる手続きを完了し、件名[【NifMo】本人確認書類提出のご案内]のメールを受信する。なお、このメール受信後の直ぐに本人確認書類をアップロードした。

2015年7月1日(水)(00:15)
・本人確認資料の送付が完了し、件名[NifMo 申込受付のご案内][【NifMo】本人確認書類受付のご案内]の2通のメールを受信した。この2つのメールを受信した時点で作業は完了となる。後はnifty側での確認作業となり、結果を待つだけである。

2015年7月1日(水)(17:10)
・本人確認が完了したようで、件名[【NifMo】本人確認手続き完了のご連絡]のメールを受信する。後はMNP転入手続きがスムーズに行われることを祈るばかりである。

2015年7月2日(木)(10:12)
・MNP転入処理開始する旨のメール、件名[NifMo MNP転入処理開始のご案内]というメールを受信する。MNP予約番号の有効期限まで充分に余裕があるので、問題は無いと思われるが、無事に転入手続きが完了するまで油断はできません。

2015年7月2日(木)(12:00頃)
・My SoftBankで契約状況を確認すると解約されているような感じだった。試しにMNPした電話番号に発信すると、「こちらはNTTドコモです。おかけになった〜」とアナウンスされたので、無事にMNP転入手続きが完了したようだ。

2015年7月3日(木)(21:52)
・件名[NifMo 商品発送のご案内]というメールを受信した。IIJmioの時は、MNP転入手続きが行われた日にSIMを発送していたので、NifMoもそうなるだろうと期待していたが、1日遅れとなった。まあ、発送されればそれで良いです。ちなみに、このメールを受信する前、既にNifMo手続きサイトで状況を確認して発送されたことを確認していました。

2015年7月4日(土)(14時頃)
・クロネコヤマトでSIMカードが届く。そして、Zenfone2に挿入し(カバーを開けるのに苦労した)、APNを設定して、発信、着信、データ通信を確認した。204SHからZenfone 2への電話帳一括が何故か不可能だったので、1件毎行い、結構面倒でした^^;

 という事で、無事に脱ソフトバンクが完了しました。これで、残すソフトバンク回線は以下の4つ。
  • iPhone 5
  • iPad Air
  • みまもりケータイ3
  • 911SH
※義母もソフトバンクのiPhone 4sを使っていますが、契約名義が私や妻ではないのでリストには入れませんでしたが、近々、docomoへMNPするとの事でした。

脱ソフトバンクへの道(MNP転出手続き)

 7月よりソフトバンクからMNPするためにMNP転出番号を取得する必要があり、#5533へ電話して手続きを行った。今回MNPを行う電話番号は妻名義なので、妻に電話してもらいました。
 色々と引き止め作戦をソフトバンク側が行ってくるよ(例えばポイント付与や特別料金でのプラン案内等)と予め伝えておきましたが、妻はよくわかってなかったようです。
 そして電話してみました。今回はポイント付与してきました。46,000ポイントありますが、転出の番号を発行するとそのポイントが使えなくなりますので考えなおすことをオススメしますよと。
 46,000ポイントですか。しかも付与じゃなくて、そのポイントが既にあるって。はぁ?寝言は寝てから言えよ。そんなポイントありませんから。何度もMy SoftBankを確認してる私ですから。

 ソフトバンクの引き止め作戦の1つのポイント付与は、付与するのではなくて既にあるような案内に変わりつつあるようです。
 ということで、そんなのを無視して、無事にMNP予約番号を取得しました。次はNifMo側でMNP転入手続きですね。
Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ