この時に取り付けた、孫市屋T20ダブル-SMD34連-赤 (LM34-R)のLED素子の1つが切れているのを発見しました。しかも、左右のそれぞれで1つが切れてました。
IMG_5357 IMG_5351
写真ではわかりにくいかもしれませんが、中央付近に黒い点灯していない箇所があります。そのLEDの素子が切れていました。このタイプのLEDバルブは、1つが切れると、そこから芋づる式に切れる恐れがあるために、急遽、以前に購入したPHILIPS(フィリップス)ヴィジョンLEDT20ダブルストップ/テールレッドバルブ(W21/5) 12835REDB2を再度購入し、交換を実施しました。
IMG_5304
※画像は以前の記事の画像を流用です。

 いきなり取り付けた状態ですが。こんな感じです。
IMG_5359 IMG_5353
 私の車のテールランプの場合、フィラメントが水平になるようにソケットの差し込み方が設計されているために、テールランプの上下にそれぞれ反射している状態となり、中央付近が影となっています。
 ちなみに、孫市屋のLEDの場合はこんな感じです。
IMG_5355
 まんべんなく照らしています。テールランプとしての光量はこちらのほうが理想かもしれません。ただ、孫市屋のLEDですが、デジタルカメラで撮影しようとすると、LEDの点滅というのでしょうか、それのおかげでデジタルカメラのレンズを通すと波打っているように映りますが、PHILIPSの方はそれがありません。肉眼で見るには問題は無いです。

 という事で、テールランプの電球交換のお話でした。
つい最近に気付いたのですが、孫市屋のLEDの1つのお値段以下でPHILIPSのLED2個セットが購入できてしまうのですね。