雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

2016年04月

T20型LEDバルブの入れ替え

今まで使用していたノーブランドのT20型赤ダブルのLEDですが、よくよく見ると、基板が錆びているのがわかります。
IMG_5306 IMG_5307
 このLEDは購入して3年が経過しておりますが、どうも最近は不点灯状態になったり、ブレーキを踏んでいないのに一部のLED素子がブレーキの光量となったりと、かなり不安定な状態となっておりました。また、車検に通ったとはいえ、制動時と尾灯時の明暗の差がわかりにくいため、減速時に後続車に追突される恐れがあります。
(↓その為に、別途ハイマウントストップランプを取り付けました)


 LEDの不点灯を発見してから、しばらくは純正の電球を使っていたのですが、Tポイントが約4,000ポイント溜まっていたので、PHILIPS(フィリップス)ヴィジョンLEDT20ダブルストップ/テールレッドバルブ(W21/5) 12835REDB2を購入しました。
IMG_5304 IMG_5305
 LEDらしくキレのある点灯はもちろんの事ですが、今まで使っていたLEDよりも明暗の差がはっきりと出るので、安心して使用できます。ただ、LEDの配置が、リフレクター(反射板)を使う事を前提としているために、取り付けるテールランプによっては、純正白熱電球よりも暗くなったりと、逆効果になるかもしれません。例えば、電球の側面が正面を向く場合など。幸いにも、我が家の車には問題無く取り付けられて、しっかりと光が反射拡散しておりました。

 という事で、テールランプ/ブレーキランプのLEDバルブ交換のお話でした。最近の車のテールランプ/ブレーキランプはLEDを採用していますね。省エネ長寿命なLEDは、点灯頻度が多いテールランプ/ブレーキランプにピッタリだと思います。

またまた曇ったリフレクター

この記事の続編になります。
LED交換手続きが完了
 以前の記事で、点灯時の発熱が原因と思われる接着剤の融解が発生してLED素子へ流れ出て、また、それが原因と思われるヘッドライトのリフレクターの曇りが発生したと載せました。
 その後、上述の記事の通りに、代替品が届いて取り付けたのですが、その代替品を使用しても、再びリフレクターの曇りが発生してしまいました。

 LEDバルブを取り外して確認してみましたが、今回は特に接着剤が溶けて流れ出てるようなことも無いので、おそらくは私の車のヘッドライトが、いろいろとダメージを受けておかしくなってるのでしょう。
IMG_5507 IMG_5506
 という事で、リフレクターの曇りの対策は諦める事とします。曇りが発生したといっても、消灯している状態では目立たず、点灯しても、見る角度によっては曇りが確認できない。そして何より、明るさや照射範囲に殆ど影響が無い。

 次は、フォグランプのLED化ですかねぇ。ハロゲンで事足りているとは思っているのですが、日に日に購買意欲が高まっています。
Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ