雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

2016年10月

萱野高原で通信できる幸せ。ソフトバンクとは違うdocomoの電波!!

 ソフトバンクを使っている時、青森県青森市の萱野高原では、極稀に電波を掴むけど、殆どが圏外となっていました。それが、docomo電波を使うIIJmioにした事によって、電波を掴みました!しかもLTE。3GではなくてLTEなので高速通信が可能です!!
IMG_1418 IMG_1417
 docomoエリアマップで確認してみると、確かに萱野高原はエリア内でした。画面中央付近の赤い点が萱野高原です。背景が橙色なので、800MHzではなくて2.1GHzのLTEですね。まあ800MHzも飛んでるとは思います。
docomo
 萱野高原に行く時と帰る時に、一時的に圏外となりましたが(私は運転中だったので妻に確認してもらった)、これはエリアマップどおりですね。問題ありません。

 一方のソフトバンクは……。(青森県のエリアマップを確認
sb
こちらは、画面中央付近の水色の点が萱野高原なのですが、無着色なので圏外ですね。妻の仕事用ソフトバンクガラケー(3G)でも圏外を確認しています。もう、かれこれ5年以上はこの状態です。プラチナバンドと称する900MHz帯の電波を使い始めても変わりません。
 実はソフトバンクを使っている時代、ソフトバンクの電波改善フォームから、この場所の改善依頼を10回近く送っているのですが一向に改善されません。改善されないというか、改善する気が皆無なのです。断言します。どうしようもありません。

 萱野高原は、多くの人が集う場所です。その中にはソフトバンクユーザーも居るでしょう。おそらく、以前の私の様に圏外となって不便に感じている人も多いでしょう。不便と感じている方、一刻も早く脱ソフトバンクを目指しましょう。

 auのエリア状況も確認してみました。
au
 画面中央付近の黄色い点が萱野高原ですが、auも余裕でLTE圏内ですね。携帯電話を使うなら、docomoかau、もしくはそれらの電波を使うMVNOにしましょう。ソフトバンクは費用対効果を考えると勿体無い気がします。

早速、電話がかかってきました。

 先日に、ハーゲンダッツ1年分が当たる懸賞に応募したと載せました。
これに応募すると、勧誘電話が高確率で来るかも?
 そうしたら、早速、電話がありました。ただ、私宛ではなくて、妻宛ですが。

 実は、ハーゲンダッツの懸賞、私の名前と妻の名前とで応募しました。その際、私が使う携帯電話会社は、先日の記事の通りの内容で回答したのですが、妻の名前での応募は、携帯電話会社とその名前を、「ソフトバンク1台」「その他2台」としたのです。 (実際にソフトバンクのガラケーは仕事の都合で使っているので嘘ではない)
 妻の名前で応募した際の電話番号は自宅の電話番号としたのですが、10月14日の夕方、つまりは今日の夕方頃に電話がありました。ヤフージャパンを名乗って、内容はソフトバンク光の勧誘。案の定でした。
 ただ、妻には、「もしかしたらこんな電話があるかもしれない。」と予め教えていたので、適当に流して逃れたようです。

 ここ最近、ソフトバンクは、光回線に限らず、顧客獲得に焦ってるように感じます。毎週金曜日の牛丼無料とか、変なキャンペーンで販促活動が、他社利用者にとっては大迷惑なのですが。
 今は、docomoやauとも月額費用等でほぼ同じですから、同じ月額費用が発生するなら、繋がらないエリアが多いソフトバンクよりもdocomoやauが良いですよね。ソフトバンクにする価値がありません。

 そうそう、津軽海峡の海上全域で使えるのはdocomoだけです、auやソフトバンクは、海峡中央付近で圏外となります(エリアマップ上では)。ただ、auは繋がるかもしれませんが、ソフトバンクは、まず繋がらないでしょう。

 という事で、ネタを戻しますが、案の定、勧誘電話があったというお話でした。

ノートLED化への道:フォグランプ編

 既にヘッドライトのバルブはPHILIPSのLEDとしています。
2015年11月17日
ノートLED化への道:ヘッドライト編
 フォグランプはノーマルのハロゲンバルブでした。それを今回、H8型のLEDとしました。
 H8型のLEDは結構たくさん出ているのですが、コネクタ部が大きかったり、別途コントローラ的な物があったりと、取り付けスペースの限られているフォグランプではなかなか厳しいものが有ります。(工夫次第では取り付けは可能ですが、そこまでやる気は起きなかった)
IMG_0796
 H8型ハロゲンバルブと同等の明るさを確保すれば充分なので(ヘッドライトとの色を合わせたい)、色々と物色していたところ、ポン付けできそうなLEDを発見しました。それがこちらです。
【e-auto fun正規品】 DC12-24V LEDフォグランプ H8/H11/H16(国産車) 最新型ソールCSP Y19チップ6枚搭載 8W/800LM 320°照射 ホワイト(6500K) 2本セットLMH118WW
 ハロゲンバルブとの比較はこんな感じです。
IMG_0797
IMG_0819 IMG_0820
 発光部(フィラメント vs LED素子)がハロゲンバルブよりもLEDの方が長いので、もしかしたら光軸がずれるかもしれないという懸念がありましたが、そうでもなかったです。フォグランプ点灯写真の周囲の光具合で確認できると思います。また、上方向に漏れる光の量はハロゲンバルブと同じくらい。対向車に対しての目潰しにはならないです。なので、H8ハロゲンバルブ(35W)のリプレースには丁度よいかもしれませんが、H11ハロゲンバルブ(55W)からのリプレースだと暗く感じるかもしれません。

 という事で、悪天候時や夕方を除いてはフォグランプを点灯させる事はありませんが、耐久性的なモノをこれから検証していこうと思います。

NifMo契約者が使えるBBモバイルポイントのログイン方法に注意です。

 NifMo契約者が無料で使えるWi-FiのBBモバイルポイントですが、ログイン方法については注意が必要みたいでした。BBモバイルポイントでのログインで@niftyのIDを入力してしまうと、8円/1分かかります。私は、コレを知らずにログインしてしまって、無駄に1200円近くの利用をしてしまったのです。高い授業料となってしまいましたが、注意書きをよく読まなかった私が悪いのです。
 無料の恩恵を受けるには、iOSまたはAndroid端末から、NifMoの専用アプリを使ってログインする必要があります。ということで、次回以降、ログインする際に注意するようにします。

【Android】
My NifMoを利用して公衆無線LANに接続する方法
【iOS】
NifMoコネクトを利用して公衆無線LANに接続する方法

Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ