雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

2017年03月

青森県民は右折を急ぐ人が多いと感じます。

 交差点では、右折車の立場は一番低いのですが、それをわかってなのか右折を急ぐ車、焦る車が多いと感じます。
これは、本日の帰宅時に遭遇した、青森県弘前市、国道7号線の北大通り交差点での右折車。
 私は、画面中央の白い道を左下から右上へ走行しており、北大通りの信号待ちをしていました。
 下の動画の対向車に注目です。本来なら右折レーンをそのまま直進して交差点に侵入し、対向車が切れたところで右折していくのですが、いきなり私の車の前を横切り左側へ。それに連れられてなのか、後続車も私の前を横切ろうとするし。結果的にそれは叶わずに本来の右折レーンに戻るわけですが、こんな右折の仕方、埼玉や東京、関東地方で見たことはないです。
 この交差点では、本日に限らず、この様な右折をしていく車が非常に多いです。この様な右折をしろと、青森県内の教習所で教えてるのでしょうか。

 青森県内のドライバー、右折、急いでるんですかね。信号が青になると同時に勢い良く右折していく車(先の横断歩道を横断中の歩行者がいるかどうかを確認しているか、とても怪しい)が、とても多いです。

 という事で、青森県にお車でお越しの際は、交差点での右折車に警戒してください。

ようやくソフトバンクも萱野茶屋をエリア拡大予定エリアとしましたか。

 以前に、以下の記事を投稿しました。
2016年10月17日投稿記事
「萱野高原で通信できる幸せ。ソフトバンクとは違うdocomoの電波!!」
 その記事の中で、萱野茶屋のエリアのスクリーンショットを掲載しています。
sb
 今日、何かのはずみでソフトバンクのエリアマップをみて、萱野茶屋付近のエリアを確認したのですが、拡大予定として色がついていました。
キャプチャ
 萱野茶屋に限らず、結構多くのエリアが「2017年3月以降に拡大予定のサービスエリア」として着色があります。よかったですねぇ、ソフトバンク回線を使う人たち。
 ただ、3G回線については、エリア拡大のやる気は無いみたいなので、900MHzが使える3G携帯電話を使っている人たちにとっては、メリットは少ないようです。
キャプチャ

 まあ、今更、エリア拡大されたとしても、ソフトバンクに戻る気は全くありませんし、エリアマップ詐欺の前科がある以上は、ソフトバンクのエリアマップを信用できません。

ソフトバンクの格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を使う価値があるかどうか。

ソフトバンクネットワーク対応格安SIM b-mobile S 3月22日ついに開幕|日本通信株式会社
 2017年3月22日に、日本通信からソフトバンク回線を使った格安SIMが登場します。解約済みのソフトバンク端末(iPhoneやiPad)を余している人にとっては待望のSIMかもしれませんが、使う価値があるかどうか、個人的な意見を述べますと、
「使う価値は無い」
と、思っています。理由は、以下に述べます。
  1. エリアが、やはりソフトバンク。docomoのエリアには勝てない。
     ソフトバンク回線を使う以上は、エリアはソフトバンクであってdocomoではありません。よって、docomoの充実した電波を使うことはできません。
    2016年10月17日投稿記事
    「萱野高原で通信できる幸せ。ソフトバンクとは違うdocomoの電波!!」
    それを踏まえて料金比較(比較対象は私が使っているMVNOのIIJmioの料金プラン)。
    b-mobile:1ヶ月3GBプラン(残量繰越有無不明)→1,580円(税抜)
    IIJmio:1ヶ月3GBプラン(残量繰越有り)→900円(税抜)
    その差は680円です。エリアが狭い上にb-mobileの方が680円高い。どう考えても割高です。使う価値があるとは思えません。
  2. ソフトバンク回線は有事の際に使い物にならない。
     昨年、2016年4月14日に発生した熊本地震で、唯一マトモに使えたのがdocomo(docomo回線を使うMVNO含む)だけで、auとソフトバンクは使えない状態が長く続きました。(auに関しては、その後の復旧が素早かったが、最後まで不通状態が続いたのがソフトバンクでした)。
    熊本地震でソフトバンクの携帯電話復旧に大幅な遅れ、格安スマホのほうがつながる事態に | BUZZAP!(バザップ!)
     今回、b-mobileから出るソフトバンク回線を使うSIMは、現時点ではデータ通信だけであり音声通話やSMSはできないようですが、いずれできるSIMが登場したとしても、ソフトバンクそのものが基地局等の対策を行わない限りは改善できない点であるが、全く期待できません。
 以上、2点が使う価値があるとは思えない理由です。docomoやauから乗り換える価値もありません。どうしても使いたいという物好きの方を除いては、おすすめできません。
 ちなみに、我が家には解約済みのソフトバンク版iPhone 5 と、iPad Air があります。b-mobileのSIMを挿せば使うことはできるのですが、使いません。モバイルWi-Fiルーター(docomo回線使用)で使った方が利便性は良いです。
Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ