Amazonプライム・ビデオで配信が始まった「シン・ゴジラ」を視聴しました。往年のゴジラの強さを感じられる映画ですが、それと同時に日本の行政の裏が見えたりと(フィクションなので事実かどうかは不明です)、展開については観ていて飽きない内容です。
 ストーリー全般ですが、どこかで見たことあるような内容。そう、「インディペンデンス・デイ」のように感じてしまいました。ゴジラを宇宙人に置き換えると、まさにインディペンデンス・デイそのものです。だからこそ「シン・ゴジラ」なのかもしれません。
 昔ながらのゴジラを知っている人が見ると、違和感を覚えるかもしれませんが、渡辺謙が出演しているアメリカ版のゴジラを見た後にシン・ゴジラを見ると、やはり日本版のゴジラの方が面白いと感じると思います。
 シン・ゴジラは自衛隊(特に陸上自衛隊)の装備が多数登場します。もちろん、自衛隊の武器ではゴジラにかすり傷を与えることはできないのですが、もしも日本にゴジラのような巨大生物が現れたら果たしてどうなるか。そんな事を考えながら見るのも楽しいかもしれません。