先日に、ハーゲンダッツ1年分が当たる懸賞に応募したと載せました。
これに応募すると、勧誘電話が高確率で来るかも?
 そうしたら、早速、電話がありました。ただ、私宛ではなくて、妻宛ですが。

 実は、ハーゲンダッツの懸賞、私の名前と妻の名前とで応募しました。その際、私が使う携帯電話会社は、先日の記事の通りの内容で回答したのですが、妻の名前での応募は、携帯電話会社とその名前を、「ソフトバンク1台」「その他2台」としたのです。 (実際にソフトバンクのガラケーは仕事の都合で使っているので嘘ではない)
 妻の名前で応募した際の電話番号は自宅の電話番号としたのですが、10月14日の夕方、つまりは今日の夕方頃に電話がありました。ヤフージャパンを名乗って、内容はソフトバンク光の勧誘。案の定でした。
 ただ、妻には、「もしかしたらこんな電話があるかもしれない。」と予め教えていたので、適当に流して逃れたようです。

 ここ最近、ソフトバンクは、光回線に限らず、顧客獲得に焦ってるように感じます。毎週金曜日の牛丼無料とか、変なキャンペーンで販促活動が、他社利用者にとっては大迷惑なのですが。
 今は、docomoやauとも月額費用等でほぼ同じですから、同じ月額費用が発生するなら、繋がらないエリアが多いソフトバンクよりもdocomoやauが良いですよね。ソフトバンクにする価値がありません。

 そうそう、津軽海峡の海上全域で使えるのはdocomoだけです、auやソフトバンクは、海峡中央付近で圏外となります(エリアマップ上では)。ただ、auは繋がるかもしれませんが、ソフトバンクは、まず繋がらないでしょう。

 という事で、ネタを戻しますが、案の定、勧誘電話があったというお話でした。