青森県内のJR在来線ではSuicaを使った乗車ができません。Suica対応の改札が無いのはもちろんのこと、Suica対応の券売機もありませんので、切符購入は現金(一部はクレジットカード可能)が必要です。しかし、Suicaを使って乗車することが可能と判明したので記述します。Suicaを使うといっても、改札の入出場でSuicaを使うということではなく、Suicaを使った精算方法の紹介です。
 まず、入場は自動改札機がある駅ではダメです。切符を買う必要がありますが、上述しているとおりSuica対応の自動券売機はありません。ではどうやるか。
 無人駅から乗車します。入場時には乗車証明書を受け取り、ワンマン列車ではなく、車掌が乗務する列車に乗車します。乗車後、車内精算を行う際に車掌が使う精算機でSuicaが使えます。これで、一応Suicaによる精算が可能です。
 ただし注意点としては、車内精算時にSuicaに入金ができないので、残高不足の際には現金で支払う必要があります。Suica不足分は現金での支払いはできそうです。

 以上がSuicaを使った乗車方法です。が、主要駅の殆どに自動改札機が設置してあるので、難しいですね。