雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

自動車

淡黄色は電球色ではありません。

当記事については、「みんカラ」へ記載しましたので、以下のリンクからご参照くさだい。
淡黄色は電球色ではありません。

原点回帰(バルブ交換)

 この記事の続きです。
原点回帰(フォグランプをLEDからハロゲンへ)
IMG_1845
 日本製みたいですね。少しは安心できるかな。

 IMG_1844
(左側:今回取り付けたH8型ハロゲンバルブ/右側:今まで取り付けていたLEDバルブ)

 交換を決意した6月13日から18日までの間、実は、特に不点灯状態になる事はありませんでした(交換しようとすると復活したりしますよね……)。ですが、不安定な状態である事に変わりはありませんので交換実施です。
IMG_1850
2017-06-23-20-44-03
 フォグランプのリフレクタに黄色バルブの色が反射しています。黄色バルブを取り付けていることが外からわかりますね。
IMG_1853
 点灯してみましたが、ランプを直接見ると光が強すぎて黄色発色である事を写真では認識できません。

IMG_1854
 フォグランプ単体での点灯ですが、こちらも黄色である事の確認が難しいですね。

IMG_1855
 ヘッドライト(PHILIPS(フィリップス) ヘッドライト LED バルブ H4 6200K 3200/2400lm 12V 23W エクストリームアルティノン X-treme Ultinon 車検対応 3年保証 2個入り 12953BWX2)とフォグランプの両方を点灯させてみました。これで、少しは黄色であることが分かるかな?

IMG_1856
お向かいの家のガラス戸に反射した状態です。黄色いですね。

IMG_18572
 フォグランプは基本的に悪天候時のみ使用します(それが本来の使い方)。晴天夜間にフォグランプ点灯している車両が多いですが、それは間違った使い方である事をここに述べておきます。

原点回帰(フォグランプをLEDからハロゲンへ)

 昨年、2016年10月にH8型のLEDバルブを購入して交換取付しました。
ノートLED化への道:フォグランプ編
 このLEDバルブで越冬しましたが、降雪時には、やはりランプのレンズに雪が付着して融けませんでした。

 冬が終わり、春になり、初夏の便りが届きそうな今の時期に事は起きました。片方が不点灯となっているのを確認しました。
「安物のLEDはダメか……。」と、バルブ交換を検討していましたが、翌日に確認すると、なんと点灯している!!よくわかりません。単なる配線の接触不良なのか、原因は不明ですが、点灯したので良しとしていました。
 ところがです、再び不点灯状態となりました。と思ったら、また点灯する。動作が非常に不安定です。こんな状態なので、やはりバルブ交換です。
LEDは省電力で長寿命であり、それを期待しましたが、見事に期待外れですね。商品の説明書きには、約30,000時間の点灯時間とあったのですが、30,000時間て毎日24時間点灯しても3年以上は持つ計算ですので、1年も経たずに不点灯状態となるとは、ハズレを引いたのか、それとも、値段相応の性能なのか……。
 交換前の純正バルブは保管してありますので、それに交換しようかとも思いましたが、せっかくなので、フォグランプらしく、黄色のバルブにすることとしました。
IMG_1840
 ヘッドライトの黄色バルブへの交換は車両の製造年に応じて制限があります(平成18年1月1日以降に製造された車両はヘッドライト(前照灯)は白のみ)が、フォグランプには制限はありません。よく、フォグランプも白のみという勘違いな書き込みがありますが、それは間違いです。

 交換取付は週末にでも実施します。

Amazonで売られているH4型LED v.s. それなりに有名どころの製品を比べてみる。

●ヒートシンクの形が微妙に違っているが、LEDの配置はそっくりな製品たち。
ヴァレンティ ジュエルLEDヘッド&フォグバルブ NXシリーズ
v.s.
◆フィリップス【H4 Hi/Lo LED】◆ZES 2nd【2017年版】◆PHILIPS Lumileds◆ヘッドライト◆左右2個 12000ルーメン◆日本JANコード登録済み:4582304753005◆【車検対応】◆【NexusJP 正規品 2年保証書付】◆【H4H/L】
v.s.
「NIGHTEYE正規品」新基準車検対応 H4/9003/HB2 LEDヘッドライト 切り替えタイプ DC12-24V PHILIPS Lumileds Luxeon ZES チップ搭載 30W*2 5000LM*2 3000K/6500K/8000K再設定可能 一体型 角度調整機能付き 2年保証
v.s.
NIGHTEYE 業界革新 H4Hi/Lo 車検対応の防水ledヘッドライト 30Wx2 5000LMx2 3000k/6500K/8000k再設定可能 DC12-24V Lumileds LUXEON ZESチップス採用 ヘッドランプ 2年保証 (ホウイト 2個セット)

●ほぼ同じ製品
LEDの孫市屋 H4-LEDヘッドライトキット-6000K
v.s.
Goghty 車用LEDヘッドライトバルブ 6500K白光 取り付け簡単 超高輝度 車用 防水 一年保証 2本セット (H4)

●同じ製品
【即納】TEMPEST -テンペスト- L4000 LEDヘッドランプキット 6500K 明るさ4000lm バルブ規格:H4 Hi/Lo | LED専門店 ピカキュウ 本店
v.s.
zodoo LEDヘッドライトH4 Hi/Lo 車検対応 ワンタッチ取付 切り替えタイプ フィリップス PHILIPS&CREE製 XHP50 LEDチップ搭載 8000LM 40W 6500K DC12-24V ホワイト 2個セット保証2年 Z7SH4
v.s.
e-auto fun 車検対応 LED ヘッドライトワンタッチ取付 H4 Hi/Lo切り替えタイプ CREE製 XHP50 LEDチップ搭載 8000LMX2 40WX2 6000K DC12V-24V ホワイト 2個セット 一年保証付き LM7SH401
v.s.
「SUPAREE」車検対応 LED ヘッドライト H4 Hi/Lo切り替えタイプ CREE社製 XHP50 LEDチップ搭載 オールインワン 8000LMX2 40WX2 6000K DC12V-24V ホワイト 2個セット 一年保証付き

他にもあったら随時掲載していきます。

交通安全ステッカーの効果は如何に?

 ヤフオクで、靖国神社の授与品の「交通安全ステッカー」は、出品されてないだろうと、検索したら、なんとびっくり出品されてました。私の住まいは青森県で、靖国神社には、そう簡単に行くことができませんから、とてもありがたいです。
 という事で、落札しまして、届きましたので、それを自家用車の後部ハッチに貼り付けました。ヤフオクで落札したからといって、罰は当たりませんよね((汗))
IMG_1690
 私の車には、日章旗(日の丸)のマグネットステッカーが既に貼ってあるのですが、日章旗があるおかげで、交通安全ステッカーがとても冴えます。
 交通安全ステッカーを貼り付けてからですが、車間距離を狭める車両が減った感があります。英霊の方々に護られているのでしょうか。あくまでも「感」ですので、実際には変化無いのかもしれませんし、車間距離を詰める車両は、何をやっても効果ありません。
 まだ、後部ハッチに貼り付けて2日しか経過していませんが、今後、もうちょっと様子をみてみます。

青森県民は右折を急ぐ人が多いと感じます。

 交差点では、右折車の立場は一番低いのですが、それをわかってなのか右折を急ぐ車、焦る車が多いと感じます。
これは、本日の帰宅時に遭遇した、青森県弘前市、国道7号線の北大通り交差点での右折車。
 私は、画面中央の白い道を左下から右上へ走行しており、北大通りの信号待ちをしていました。
 下の動画の対向車に注目です。本来なら右折レーンをそのまま直進して交差点に侵入し、対向車が切れたところで右折していくのですが、いきなり私の車の前を横切り左側へ。それに連れられてなのか、後続車も私の前を横切ろうとするし。結果的にそれは叶わずに本来の右折レーンに戻るわけですが、こんな右折の仕方、埼玉や東京、関東地方で見たことはないです。
 この交差点では、本日に限らず、この様な右折をしていく車が非常に多いです。この様な右折をしろと、青森県内の教習所で教えてるのでしょうか。

 青森県内のドライバー、右折、急いでるんですかね。信号が青になると同時に勢い良く右折していく車(先の横断歩道を横断中の歩行者がいるかどうかを確認しているか、とても怪しい)が、とても多いです。

 という事で、青森県にお車でお越しの際は、交差点での右折車に警戒してください。

LEDヘッドライトで夜の吹雪の中を走ってみました。

 前回は夜の霧の中を走行してみました。
LEDヘッドライトで夜の霧の中を走ってみました。
 今回は、夜の猛吹雪の中を走行してみました。
vlcsnap-error791
以下の動画はLEDヘッドライト(後付)と、LEDフォグランプ(バルブのみ交換)としています。途中、LEDフォグランプの照射範囲の確認と、LEDヘッドライト消灯時の視界の状態を確認する為に、LEDヘッドライトを何度か消灯しています。(無灯火になりますので推奨されません)


 もしもこれがハロゲンランプだったらどうなったか。LED交換前にも同様のシーンがありましたが、猛吹雪では、ハロゲンだろうがLEDだろうがHIDだろうが、見えないものは見えません。吹雪が全ての視界を奪います。
 ちなみに、この時の外気温は-3℃〜4℃程度でした。ヘッドライトのレンズに雪がこびり着くことはありませんでした。

PHILIPSのT10型LEDにしてみた

以前から気になっていたPHILIPSのT10型LEDが、ドン・キホーテで1000円チョイで売られていたので購入してみました。
DSCN1064 DSCN1063
 この製品は、PHILIPSの「ヴィジョンLED シリーズ」として、同社のLED製品の中では安価で、純正置換相当品としてラインアップされています。ですので、劇的に明るくなるわけでもなく、あくまでも純正相当の明るさを求めての製品です。また、保証期間も12年と、かなり長くなっています。このシリーズのT10型のLEDバルブの色温度は6000Kで、光束は45lmとなっています。それを踏まえて。
 同じくPHILIPS社からは、「X-treme Ultinon LED」シリーズとして、「T10 360° セラライト ポジションランプ」という製品が出ています。こちらは、ヴィジョンLED シリーズよりも上級グレード製品の位置付けとなっています。
 「X-treme Ultinon LED」シリーズのT10 360° セラライト ポジションランプの色温度は6700Kと6200Kとあり、光束は50lmです。
 ヴィジョンLED シリーズのT10バルブが45lmに対し、T10 360° セラライト ポジションランプは50lmと、差は5lmとなっています。この程度の差なら、車両取付時の明るさ(全光束)にそんなに違いは無いだろうと判断し、ヴィジョンLED シリーズを購入しております。
 結果、実用上は全く問題は無いですね。ヘッドライトに取り付けてあるH4 LED ヘッドランプH8のフォグランプの色と同じ感じになって、スッキリした感じです。

ノートLED化への道:フォグランプ編

 既にヘッドライトのバルブはPHILIPSのLEDとしています。
2015年11月17日
ノートLED化への道:ヘッドライト編
 フォグランプはノーマルのハロゲンバルブでした。それを今回、H8型のLEDとしました。
 H8型のLEDは結構たくさん出ているのですが、コネクタ部が大きかったり、別途コントローラ的な物があったりと、取り付けスペースの限られているフォグランプではなかなか厳しいものが有ります。(工夫次第では取り付けは可能ですが、そこまでやる気は起きなかった)
IMG_0796
 H8型ハロゲンバルブと同等の明るさを確保すれば充分なので(ヘッドライトとの色を合わせたい)、色々と物色していたところ、ポン付けできそうなLEDを発見しました。それがこちらです。
【e-auto fun正規品】 DC12-24V LEDフォグランプ H8/H11/H16(国産車) 最新型ソールCSP Y19チップ6枚搭載 8W/800LM 320°照射 ホワイト(6500K) 2本セットLMH118WW
 ハロゲンバルブとの比較はこんな感じです。
IMG_0797
IMG_0819 IMG_0820
 発光部(フィラメント vs LED素子)がハロゲンバルブよりもLEDの方が長いので、もしかしたら光軸がずれるかもしれないという懸念がありましたが、そうでもなかったです。フォグランプ点灯写真の周囲の光具合で確認できると思います。また、上方向に漏れる光の量はハロゲンバルブと同じくらい。対向車に対しての目潰しにはならないです。なので、H8ハロゲンバルブ(35W)のリプレースには丁度よいかもしれませんが、H11ハロゲンバルブ(55W)からのリプレースだと暗く感じるかもしれません。

 という事で、悪天候時や夕方を除いてはフォグランプを点灯させる事はありませんが、耐久性的なモノをこれから検証していこうと思います。

LEDヘッドライトで夜の霧の中を走ってみました。

vlcsnap-error123
 後付LEDヘッドライトは霧の中では見辛いという先行イメージがあるようですが、果たして……

 実は意外と見えてたりします。(約10分の動画を2倍速再生で約5分としています)。ただ、ドライブレコーダーの画質なので参考程度に留めておいてください。実際には、肉眼の方が見辛かったりします。
 この動画ではフォグランプも同時点灯しています。1:29辺りで、フォグランプの照射範囲の確認のため、一瞬ヘッドライトを消灯していますが、フォグランプの光は殆ど写っていません。真っ暗になります。
 2:01頃にハイビームに切り替えました。
vlcsnap-error650
ハイビームはスポット的な照射になっている気がしないでもない。

H_L_Change

 以上、LEDヘッドライトでの霧の中の走行でした。
Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ