雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

自動車

日産から車検のお知らせの電話を頂きました。

 日産自動車販売店の本社より、車検のお知らせの電話がありました。2回ほど留守番電話に入っていましたが、ようやく出られることができました。いつもなら車検のお知らせはハガキ送られてくるのですが、今回はハガキも送られてきましたけど、電話でも案内があるなんて珍しいです。珍しいですが、何となく理由がわかる気がします。
 我が家にあったセレナは令和二年(2020年)3月に車検満了を迎えるのですが、日産の販売店はセレナを手放したことを知らず、未だに所有しているという前提で車検の案内をしてきました。そして、そのセレナですが、令和二年4月、つまりは車検後は初度登録年月から14年目となるので自動車にかかる各種税金が上がる。それを加味した買い替えの売り込みを含めた電話での案内だったのではと。
 以前にも投稿した内容ですが、セレナを手放した理由は税金が上がるからではない。ショックアブソーバーのオイル漏れ、フロントメンバーブッシュのガタツキ、電動スライドドアの不具合。この3つがほぼ同時に発生し、修理の見積もりを取ったら30万円超。そして、さらにC25セレナの弱点でもあるラジエーターからの冷却水漏れの恐れもあることから、故障する前に手放そうという判断に至りました。それら不具合が無ければ、未だにセレナを所有していたでしょう。
 今の日産には我が家のニーズに合致する車種がありません。ノートがモデルチェンジで3列シートになるようですが、タイミングが遅すぎました。
 日産からの電話に出た際、既にセレナを所有していないことを伝えると、乗り換えた車種を尋ねられたので、「トヨタ シエンタ」と答えました。そして最後に、「機会がありましたら日産を宜しくお願い致します。長年ご愛顧ありがとうございました。」で終わりました。
 日産の販売店から、各種DMが送られてきていたのですが、その殆どが新聞の折込広告であり、それを先行して送られても正直、あまりメリットが無かったです。今回の電話で、既に日産車を所有していないことが日産販売店にも伝わるので、今後はDMは送られてくることはありませんね、きっと。
 ちなみに、以前に所有していた日産ノートにも、ほぼ同じタイミングで整備案内のハガキが送られてきていたのですが、来なくなりました。ノートは永久抹消登録となり、そうなったことで自賠責保険の代理店となっていた日産販売店に解約の旨の連絡が通達されるため、永久抹消登録となったことがわかるのです。

早速、ライトをLEDに。

 我が家で購入したシエンタのヘッドライトは、ロービームはプロジェクターでH11型のハロゲンバルブを使用し、ハイビームはHB3型のハロゲンバルブを使用します。まあハロゲンヘッドライトではよくあるパターンです。
 このヘッドライトのロービームをLEDに交換するのですが、ポン付けだからとても簡単です。購入したのはLED HEAD LAMP BULB X2 301HLB2です。
 事前に購入しておいて、納車され自宅に戻ってきてすぐに取り付けました。

 ちなみに、シエンタには「LEDランプパッケージ」というメーカーオプションが設定されています。
 LEDヘッドライト、LEDフォグランプ、専用テールランプが装備され、オートライトもあります。IPFのLEDバルブに交換することで、ヘッドライトに限れば純正LEDヘッドライトに負けず劣らずの素晴らしい明るさと配光を得ることができます。
 LEDランプパッケージを装備しているシエンタからしてみると、わざわざLEDに交換するなら最初からLEDランプパッケージにしておけと思われるかもしれませんが、別にどう思われようが気にしません。むしろ、安価で純正と同等のLEDランプを得ることができるようになった良い時代だなと感じます。

車を購入しました

 私の車(E11日産ノート)は既に手放しており、残るはC25日産セレナでした。このセレナですが、実は当初は買い替え予定がありませんでした。
 買い替えに至った経緯は、フロントショックアブソーバーのオイル漏れから始まり、メンバーブッシュの異音、そしてパワースライドドアの不調と、一気に不具合が3つやってきて修理費用が総額で30万円とか見積されました。
(※ちなみにメンバーブッシュの異音については、日産のサイトに保証期間の延長の案内が掲載されていましたが、残念ながら我が家のセレナは対象車種だけど保証期間外に異音が発生しました)  また、令和2年から登録から13年超となり、自動車税が上がるため、上述の不具合修理なども考慮の上、新しい車を購入するに至りました。
 購入候補としてソリオとシエンタで悩みましたが、乗車定員等を考慮の上、シエンタに決定。11月23日(土)に納車となりました。

 ちなみに、自動車の名義は私ではありません。

車を手放しました。

 長年使用してきた私の車「日産E11型ノート」を2019年10月26日(土)に手放しました。手放した理由については、通勤で使用していた私の車ですが、通勤手段を自家用車からバスと電車に切り替えたため、平日はほぼ自宅に置きっぱなしで、土日に使うか使わないかという状態です。
 私の住んでいる青森県青森市は、世界有数の豪雪地帯です。降雪や積雪の無い夏季なら問題無いのですが、冬季は多くの降雪や積雪があります。平日に自宅敷地に車を置いておくと、一時的に雪を寄せておく場所が車に専有されています。それが非常に大変だということから、普段の車の使用頻度を鑑みて手放す事を決めました。

 車を手放すにあたり、今まで装備していた社外品の取り外しを行いました。
 それ以外にも細かい社外品を取り外しました。制動灯に使用していたPHILIPSのT20ダブルLED電球も取り外したかったのですが、純正のT20ダブル白熱電球を紛失してしまったので、そのままです。まあ比較的安いLEDだったので良しとします。

 このノートを手放したことにより、自動車税が戻ってきます。10月に手続きを行ったので、
34,500円÷12ヶ月×5ヶ月(11月〜3月)=14,375円ですが、10円単位は切り捨てなので14,300円が戻ってきます。また、11月1日に自動車保険が満期を迎えますので、それの更新も不要となり30,000円前後の保険料も不要です。車も使用しなくなりますのでガソリン代も不要ですし、車検や整備費用も不要です。自動車を1台処分するだけで、かなりの費用が節約できます。自動車ってイニシャルコストもすごいですが、ランニングコストがすごいですよ。

 私が住んでいるのは青森県青森市。地方で自動車必須な社会ではありますが、自家用車を処分した私の生活の今後を逐次ブログ記事にしていきます。

ハイオクガソリンの方が燃費良い?

 これから夏を迎え暑くなりますね。日や場所によっては最高気温が35℃を超える猛暑日になったりと、人間にとって辛い暑さです。ですが、その暑さ(熱さ)は、エンジンにとっても辛いです。

 私の車はレギュラーガソリン仕様ですが、つい先日の給油、燃料タンクがほぼ空っぽの状態でハイオクガソリンを入れてみました。洗浄剤が入っているので、エンジンリフレッシュを期待しての給油です。

 ハイオクガソリン給油後、気のせいかもしれませんが、燃費が良くなってる気がします。エンジン洗浄剤によりエンジン内部が洗浄されたのかもしれませんが、それを差し引いてもレギュラーガソリンの時よりも燃料系の減り方が遅いです。主に発進停止が多い市街地走行中心でして、特に走り方を変えたようなつもりも無いです。ですが、レギュラーガソリンよりも燃費が良いのです。

 レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いはオクタン価。詳細な違いはここでは述べませんが、ハイオクの方がオクタン価が高く、熱による発火がおこりにくい。つまりは、火種がないと発火しないのです。私が思うに、このハイオクガソリンの仕様が燃費向上に効果が出てるのかなと思ったりします。

以下、私の想像です。
 エンジンは発熱する塊です。レギュラーガソリンは火種が無くても発火しやすいです。スパークプラグによる点火タイミング以外でも、既に熱くなったエンジン内部で、その熱で発火してしまいます(ノッキング)。それを検知すると冷やすために燃料を噴射します。エンジン出力に使う燃料とは別に、エンジン内部を冷やすために燃料を使ってしまいます。
 逆にハイオクガソリンは熱による発火が無いので、スパークプラグによる点火タイミングでのみ発火するため、エンジンを冷やすための燃料噴射は必要ありません。エンジン出力に使う燃料だけで足ります。

 この差ではないかと考えます。特にこれから暑くなると放熱がされにくくなるので、熱での発火が起きにくいハイオクガソリンを給油することで燃費向上になるかもしれません。

 ということで、今夏はハイオクガソリンを給油してみようと思います。

日産純正オーディオの取り付け

 注文したオーディオが意外と早く到着したので早速の取り付けを実施です。
日産純正オーディオ 日産純正オーディオ取付後の図
 純正だけあってスッキリ収まりますね。写真にはありませんが、夜間のイルミが赤に近い濃いめのアンバーで引き締まって見えます。CD、ラジオ、外部入力の3つの機能ですが、充分でございます。

日産純正オーディオへの交換

 R34スカイライン、V35スカイライン、ヴィヴィオ、そして、ノートと、4台の車で使われてきたカーオーディオがとうとう壊れてしまいました。2004年に購入したカロッツェリアのDEH-P007というユニットで、今日では当然の機能であるCD-RやCD-RWに書き込んだMP3ファイルやWMAファイルの再生ができる優れもので、曲名もID3タグやファイル名を読み込んで日本語表示が可能。購入した当時はMP3が大流行(?)しており、多くの音楽ファイルを書き込んで車内ドライブBGMとして楽しませてくれました。購入した2004年からから今日までの15年間、壊れずに稼働してくれてたことに感謝しています。
 故障はどういった症状かというと、使用中に電源が突如落ちます。当初は電源ケーブルを疑いましたが、電源が落ちた瞬間もケーブル側には通電されているので、本体の故障と判断しました。
 CDに書き込んだファイルを再生できるユニットですが、ここ最近(5年ほど前から)は、CDドライブの調子が悪くなってきたこともあり、最近は専らラジオ専用となっていて、音楽を聴く場合にはiPod等の携帯音楽プレーヤーからユニットの外部入力を通しており、CDを使う機会が激減しています。この状況なので、次のカーオーディオはラジオが聴けて外部入力端子があるユニットで事足りてるのではと考えました。そこで思いついたのが、外部入力端子がある日産純正オーディオです。
 日産純正オーディオには、CD、ラジオ、そしてAUX(外部入力端子)が1DINサイズでそれが備わっているものがあります。総走行距離数が120,000kmを超えている車体に、いまさら新品のオーディオを導入するのも勿体ないので、中古品を探しました。こういった場合に役立つのがヤフオク等のオークションですね。「日産 純正 オーディオ」で検索すると、1,000円程度から状態の良い商品が出回っているので、お目当ての出品を探したところ、見事に該当する商品を発見し、入札して落札しました。
 現在、輸送中です。2日後には届くと思います。今からワクワクです。

青森県警察に問い合わせた質問の回答を頂いたので載せますね

最近、横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいるのに止まらない自動車が多いことが記事になってたりと、歩行者妨害に関するネタを見かけるようになりました。JAFの調査によれば、僅か8.6%という低い数値でした。

 そんな中、青森県警察の投稿フォームから、画像を添付して以下の様なメッセージを送りました。
横断歩行者がいるのに停止しない車(横断歩行者等妨害等違反)が多いと話題になっています。 JAFの発表では、青森県の一時停止率は2.1%と大変低く、それを裏付けるかのように、実際に運転していても停止しない車が多いと実感しています。 (私は停止しますが、停止したら後続車より警音器を鳴らされる事が少なくありません)

4月より新年度、新学期が始まります。通学路の通行禁止違反の取締と共に、歩行者妨害の違反をより厳しく取締を行っていただきたく、お願い申し上げます。
この歩行者妨害に関することで、以下3つのケースで質問があります。

【ケース1】
横断歩道に歩行者を確認したために停止したが、歩行者より手振り等で先に行くように促され、それに従って進んだ。

【ケース2】
横断歩道に歩行者を確認したために停止したが、歩行者はスマートフォンを注視し横断を開始する気配がないため、横断する意思が無いと判断して発進したが、通過後に歩行者は横断歩道を渡った。

【ケース3】
横断歩道に歩行者を確認したために停止したが、歩行者はスマートフォンを注視し横断を開始する気配がない。停止した車に気付いてないと判断し、警音器を軽く鳴らして車の存在を気付かせ、手振り等で渡るように促した。

以上、お忙しいところ恐れ入りますが、3つそれぞれの行為に違反があるかどうかをご回答いただければ幸いです。
青森県警へ送付したメッセージに添付
 すると、本日の夕刻ですが、青森県警察の交通課より私の携帯電話宛てに電話がありまして、それぞれのケースが違反となるかを丁寧に答えていただきました。

◆ケース1◆
  • 歩行者を確認し停止しているので歩行者妨害の違反ではない
  • 歩行者側に、明らかに横断する意思がないことが確認できる。ただし、歩行者の前を通過する際は、急に飛び出してきても安全に停止できる速度で進む必要がある

◆ケース2◆
  • 歩行者を確認し停止しているので歩行者妨害の違反ではない
  • 歩行者側に、横断する意思がないことが確認できるが、歩行者の前を通過する際は、急に飛び出してきても安全に停止できる速度で進む必要がある

◆ケース3◆
  • 歩行者を確認し停止しているので歩行者妨害の違反ではない
  • 歩行者妨害の違反にはならないが、警音器を使用しているのでその違反になる恐れがある。(道路交通法第54条(警音器の使用等))
ケース3については、歩行者を威嚇するかの如く警音器を使用するのは論外だが、そうではなくて、第2項(※)に該当する場合には違反とはならないので、状況によって判断してほしいとのことでした。なので、できるだけ使わず、歩行者に気付いてもらうまで待つのが良いかもしれません。
(※)車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
 回答を頂いた言葉の中で、
「歩行者がいる時に横断歩道で一時停止しているので違反ではない」
とあったので、裏を返せば、
「歩行者がいる時に横断歩道で一時停止しなかったら違反です」
とも捉えることができるし、当然ながら違反です。

 青森県警察に送ったメッセージの冒頭に記述している、青森県の一時停止率が2.1%であることにも触れてくれて、新学期が始まる直前の4月7日(日)から交通取締を実施することと、私からだけではなく、他の人からも一時停止率が低い旨の意見があるということの回答もありました。

 今後の取締の強化を願いましょう。













今までの車に取り付けたパーツまとめ。その1

私が今まで乗ってきた車に取り付けた社外品をまとめてみました。生産中止となっている製品もありますので、ご了承ください。
  1. 日産 キューブ(AZ10型Sリミテッド)
    exterior2_b exterior1_b
    私が社会人になって最初に購入した車です。特別仕様車でして、青いイルミのCDカセットプレーヤー(スケルトンオーディオ)、4スピーカーが標準装備となっていました。最初は大人しく純正仕様で乗っていましたが、だんだんと物足りなくなってくるものですね。オーディオやらホイールやらいろいろいじっていきました。
    • オーディオ
      FH-P99MDR

      パイオニアのカーオーディオです。MDが流行っていた時代で、CDから録音できる機能を備えた製品でした。10万円くらいで購入した記憶があります。ただ、MDへの録音は運転中に行った記憶がありません。無駄だったなぁ……。今となっては、既にMDは廃れてますし、スマートフォンでの音楽再生が主になっているため、外部入力端子やUSB端子、Bluetoothは必須ですね。


    • カーナビ
      AVIC-D6500

      パイオニアのカーナビです。パイオニアは、カーナビとはいわず、「カーコンピューター」と称しています。このモデルのメディアはDVD-ROMですが、DVD-Video再生機能を省略していたために他の製品より安かった記憶があります(もともと車内で映像関連のソースを見ることは好きではなかった)。カーナビの性能は、やはりパイオニアですね。この後に登場しますが、他社製品を使ったら、パイオニアのナビに戻りたいと感じました。


    • ホイール
      PIAA SUPER ROZZA MONOBLOCK(スーパーロッツァ モノブロック)

      15インチのホイールを履きました。タイヤサイズは、195/50R15。なぜこのホイールにしたかというと、R33 スカイライン GT-R純正のホイールデザインが好きだったのです。それに似てるホイールを探していたら、オートバックスの店員さんにこれを紹介されて購入に至りました。
      Nissan_Skyline_R33_GT-R_001

    • ヘッドライト

      今でこそ安いと3,000円くらいから購入できる後付HIDですが、当時は非常に高価なもので10万円くらいしていた記憶があります。純正でHIDライトな車種もそれほど多くなかったので、後付HIDを取り付けた後はかなり優越感に浸っていました。

  2. 日産 スカイライン(R34型:25GT-t)
    kanseino1 04190006 04190001
    キューブの車検時期が近づいたため、また、少し社格を上げたかったので、憧れていたスカイラインを購入しました。この車に取り付けたパーツは基本的にはキューブのをそのまま引き継ぎました。
    • オーディオ
      DEH-P007

      オーディオについては、やたらとMP3が流通していたので、MP3(WMA)が再生できる機種に交換しました。CD-RやCD-RWに書き込んだMP3ファイル、WMAファイルの再生が可能でした。1DINサイズになり、価格も2万円くらいで購入できました。ちなみにこのオーディオは今の車でも使っています。
    • ブレーキパッド
      R34スカイラインのターボ車は、対向ピストンキャリパーが装着されており、純正のブレーキパッドでも充分効くのですが、ちょっと色気を出してNISMO S-tuneのブレーキパッドを取り付けてみました。取り付けた結果、街乗りでは純正とあまり違いがわかりませんでした。気分的な問題ですね。
    • HIDバーナー
      レイブリックのハイパーHIDバーナーの5500 Kに交換しました。レイブリックのサイトで製品を探してみましたが、レイブリックがHIDバーナーを製造していないみたいです。
    • マフラー
      レガリス スーパーR
      スカイラインはターボ車ということで、マフラーを交換しました。もちろん車検対応。結果、若干のトルクアップを感じました。若干です……。ただ、RBエンジンの官能的なサウンドは充分に楽しめました。

      (※FUJITSUBOの製品サイトに載ってた動画を拝借)
  3. 日産 スカイラインセダン(V35型:350GT)
     R34型のスカイラインでも充分満足だったのですけど、賛否両論あったV35型スカイラインに乗り換えました。しかも、350GTという上位グレード。このグレードの最大の特徴が、殆どの車でMTが廃止されていく中で、あえてMT車をだしたという事でしょうか。ちなみに、350GTのトランスミッション(ギア比)やエンジンは、スカイラインクーペ(CPV35型)、そして、Z33型フェアレディZと同じです。(エンジン出力はスカイラインセダンは272馬力と少々控えめだけど必充分)
    1. オーディオ
    2. DEH-P007
      R34スカイラインから引き続き使用しています。
    3. カーナビ
    4. CN-HS400D
      パナソニックのストラーダブランドのカーナビです。一体型のHDDカーナビで地上アナログ放送対応です。
  4. 実はV35型スカイラインにはあまり後付のパーツを取り付けませんでした。というのも、カーリースだったため、あまりいじることができず、ほぼノーマル状態です。

続く……

PHILIPSからIPFへ

 PHILIPSのLEDライトですが、運転席側に取り付けてあるLEDバルブのロービーム側のLED素子3つの照度が低下する事象が発生しました。斜め上方に出るカットオフラインの、運転席側が暗くなりました。壁に照射すると明らかに暗いです。この事象をPHILIPS社に問い合わせたところ、保証期間内(〜2018年11月)だったので交換していただけることになりました。ただ、同じ製品はモデルチェンジをしたようで、交換前の6200Kの同等品という事で、こちらの製品を送ってもらえることになっています。

 不具合を確認した後に取り外し、ハロゲンバルブに交換したのですが、我慢ならずに別製品を購入しました。購入した製品は、IPF製のLEDライトです。これは、以前にPHILIPSのとどちらを購入しようか迷った製品であり、最終的にはファンレスという事でPHILIPSにしました。その後、IPFのLEDの不具合報告記事をチラホラ見るようになり、PHILIPSで良かったと思っていましたが、IPFにも改良が加えられ、不具合も少なくなっているようです。

 さて、PHILIPSとIPFとの比較ですが、どちらも照射には斑が出てしまいます。というのも、ハロゲンバルブの光源はフィラメントであり、それは「線」で発光しますが、LEDは「点」で発行し、それを並べて「線」にしているため、どうしても点と点の間の発光していない箇所が斑となってしまいます。実用的には問題は無いのですが、気になる人は気になるでしょう。
 カットオフラインについてはIPFの方がしっかり出ています。PHILIPSもカットラインは出ているのですが、若干ラインがぼやけている感があるのに対し、IPFはハロゲンバルブのカットオフラインに近い状態で出ています。しかし、両社とも対向車や先行車に対して迷惑になるような状態にはなってないので、その点は素晴らしいと思います。
341HLB_Low341HLB_High
Profile

ぴろたん

Monthly Archives
livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ