雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

コンピュータ

ノートパソコンの光学ドライブが壊れたので交換しました。

 DVDに書き込みをしていた時のお話です。ディスクを入れ替える際に、「バキッ!」と嫌な音がしまして、壊れたかと思ったら、やはり壊れてしまいました。ディスク中央の穴を支える部品が斜めになってしまっていたので、力が強すぎて折れてしまったのでしょう。どうしようもありません。なので、光学ドライブ交換の旅です。旅といってもインターネットで情報を探して物を入手するだけなのですが。
 部品探しといえば、まずはヤフオクです。ピンキリで出品されているので見極め力がそこそこ要求されますが、最近は悪意を持った出品者(転売屋を除く)は少ないので、商品説明欄をよく読めば、そんなに恐れる事は無いです。
 ノートパソコンにしろデスクトップタイプにしろ、光学ドライブは規格化されているために、基本的にはどこのメーカーの製品でも使う事が可能です。
(※IDE接続とSATA接続がありますが、最近はSATAが殆ど。IDE接続は殆ど見かけません。といいつつも、我が家にあるデータバックアップ用の内臓型HDDはIDE接続ですが)
 ヤフオクで見かけたものをさっそく落札して届いたのですが、なんと我が家のノートパソコンに取り付けられない!!もともとの光学ドライブと比べてみると、落札した方が若干厚みがある。
 さらに調べると、スリムタイプとウルトラスリムタイプという2種類があって、前者は約12.7mm厚、後者は約9.5mm厚で、今回落札したのは前者の12.7mm厚だったために取り付けられませんでした。なので、今度は間違えずに9.5mm厚の光学ドライブである事を確認して落札して届き、無事に復活しました。
 さて、間違えて落札した光学ドライブですが、取り付けられない状態ではありますが、壊れていませんのでこのまま放置では勿体無い。何かに使えないかと、またまた調べてみると、世の中には色々と便利な物があるのですね。光学ドライブ専用のケースがあるのです。例えばこんな製品。

 私が買ったのは、変換名人 スリムドライブ用ドライブケース USB2.0接続 [ スリムSATA接続ドライブ専用 ] DC-SS/U2という製品でして、12.7mm厚の光学ドライブを入れて、外付ディスクドライブとして使用することができます。
取付後のUSB端子部 USBケーブルは通信/電源用と電源用の2本が付属
 早速、このケースを購入して組み込んでみましたが、読み書き共に問題無く使用できています。USB接続ですから、WindowsやMac、もしかしたらAndroid端末にも使えるかもしれません。
 ちなみに、光学ドライブ1個落札価格+光学ドライブケースの合計で4,000円くらいかな。外付けの光学ドライブを買うより安上がりです。

ありがとう、Windows Vista

 Windows XPのサポートが終了して久しいですが、いよいよ、2017年4月11日にWindows Vistaのサポートが終了します。
(アクセスログを見ると、未だにWindows XPを使っている人がいるのに驚きです)
Windows Vista のサポートが終了します
 Windows XPと比べるとUIがとてもグラフィカルになりましたが、その分、PCにそれなりの性能が必要とされる、重たいWindowsとなり、評価はいまいちでした。
 しかし、Windows Vistaの存在があったからこそ、PCの性能が大幅に向上し、また、それまで、一般家庭向けでは、32ビットが主流だったのを、64ビットへと流れを変えてくれました。この功績はかなり大きいと思っています。現に、Windows Vistaが快適に動くPCは、Windows7でも快適に動いていますし。
 という事で、お使いのWindows PCのOSがWindows Vistaの場合には、Windows 7以降のOSに更新するか、Windowsを捨ててUnix/Linix系のOSにするかですね。

 当ブログのスクリプトも、2017年4月11日以降にWindows Vista以前のWindowsでアクセスした場合には、自動的にMicrosoftのサイトに遷移させるように改造を施します。

グラフィックボードの交換

 現在使用しているデスクトップパソコンは、Windows VistaからWindows7に切り替わる頃に購入したパソコン工房ブランドで、GeForceの9400GTが搭載されたグラフィックボードが装備されています。
 このグラフィックボードは、VRAMが512MBと、現在のリッチコンテンツには少々力不足感は否めません(テキストベースのWeb閲覧やWord等の3Dをたくさん使うような処理を行わないのなら充分に使えますが)。
 少しスペックアップしたいなぁとAmazonを探していたら、5,000円以下の安いグラフィックボードを発見し、早速購入しました。

GeForce GT 710 グラフィックスカード

 この製品ですが、エントリーモデルとの事。
GeForceの新エントリーモデル「GT710」を検証 | ドスパラ - 製品レビュー

 しかし、9400GTに比べれば、メモリも512MBから2GBに増え、GPU性能も向上していることから、かなり快適になりました。フルHD動画はもちろんの事、4K動画もカクカクする事なく再生できています(※4Kディスプレイが無いので、本来の解像度では視聴できていませんが、それでも従来の解像度よりは遥かに綺麗に映っています)。そんなに高性能を求めているわけではないので、これで充分ですね。
 一番の嬉しい誤算は、3つのディスプレイに同時に映像を映せる事です。今までの9400GTでは、DVI-D、HDMI、D-SUBと、3つの端子をそれぞれ接続していましたが、最大2つの出力しかできませんでした。
 その思い込みがあり、今回のGT710も2枚だろうと、既存のグラフィックボードを残して余っているスロットに追加したのですが、9400GTとGT710を両方認識はするものの、途中でドライバが停止してしまうのです。電力不足か競合しているのかはわかりませんが、スロットを差し替えたりしても変わらなかったので、9400GTを取り外してGT710だけにしました。
 なんだかんだ設定を弄っていたら、3つのディスプレイに表示できることが判明し、おぉ!と喜んでしまいました。

 という事で、今更的なグラフィックボードのスペックアップですが、私の使用用途を考えれば十分場スペックを持ったグラフィックボードでした。

 ちなみに、ハードウェア構成が変わるのでWindows 10のライセンスを再認証する必要があると思っていましたが、再認証することもなく使えております。

Windows 10の再インストールとなった原因は……

 10月末頃にiTunesの更新がありました。まあ、いつもの更新だろうと、何の疑いも無くApple Software Updateに従って更新を続けたわけです。するとどうでしょう、更新に失敗してるではありませんか。
 iPhoneをPC(Windows 10 64bit)に接続してもiTunesに認識されなくなりました。PCは認識していま(iPhoneは充電されている)。
 いろいろと調べた結果、Apple Mobile Device Serviceが起動していないと、iPhoneがiTunesに認識されなくなるとのことで、管理ツールからサービスを起動して動いているサービスを確認してみたところ、Apple Mobile Device Serviceが存在していません。停止している状態ではなく、存在していない。これではiTunesがiPhoneを認識できません。

 再インストールが必要と判断し、iTunes等のApple関係のツールやフォルダ一式を削除する。「削除する順番」が大切で、順番を間違えると再インストールが不可能になるような事をどこかのブログでチラ見しました(どこのブログだったかは覚えてません^^;)

 手順に従いアンインストールして、念の為にPCを再起動してiTunes等を再インストールしていく。インストール後にiTunesが起動し、全てが無事に終了したかにみえたが、iPhoneをPCに接続しても、PCでは認識してもiTunesでは認識してくれない事象は変わらなかった。サービスを確認しても、Apple Mobile Device Serviceが存在していない。
(そういえば、インストール時に「Rolling Backうんたらかんたら」ってメッセージが出ていたような……)
 再度、アンインストール→インストールを行ったが変わらない。レジストリ修正による復旧を試みましたが、どうもうまくいきません。

 そこで、最終手段。Windows10の再インストールを実施しました。

 Windows10の再インストールはとても簡単に実行できるのに驚きました。Windows XPの頃は、インストールCDを入れて、再起動してCDから起動して、Windowsインストール後は、各種ドライバをインストールして、Windows Update(Microsoft Update)に接続して、その時点での最新の更新パッチを適用して……と、かなり手間をかけてやっていましたが、Windows10が起動できる状態なら、Microsoftのサイトからツールをダウンロードして実行すると、オンラインでイメージをダウンロードして展開し、数回のクリックで完了です。おまけに、その時点での最新のパッチが全て適用されているという優れもの。さらに、個人ファイル(マイドキュメントやデスクトップ上のファイル)は残った状態という。認証も済んでいる状態。これならいつでもWindows 10の再インストールが簡単に行えます。

 Windows 10の再インストールが無事に完了し、セキュリティソフト等も再セットアップしての、iTunesのインストールですが、ここでまた壁にぶつかる。「iTunesAdmin.dllがインストールできない」云々のメッセージ。またか……。
 と、思いましたが、さんざんサポートページを眺めていた時に、「Windows Vista以降は管理者として実行」でインストールするような記載があったのを思い出し、それに従い実行してインストールすると、何の問題も無くインストールが完了しました。
 私は、iTunesのライブラリの場所は、デフォルトの「マイミュージック」配下ではなく、別の場所にしていたのですが、個人の設定を残す設定での再インストールだった為なのか、iTunesで設定していたライブラリの場所もそのまま残りました。念の為に退避していた各種音楽ファイルを再登録する作業は不要でした。
 iTunesのインストールが確認できたところで、今度は消えていた「Apple Mobile Device Service」の確認ですが、しっかりと存在して起動されていたので一安心です。後は、正しくiTunesがiPhoneを認識してくれれば全てが万事解決。

 期待と不安を織り交ぜながらiPhoneを接続する。すると、デバイスのインストールが始まり、「フォン!」という充電開始の音がiPhoneから響き、iTunesが起動した。iTunesはiPhoneを認識している。よかったよかった。とりあえずiTunesが復活すれば問題は無い。

 さてと、あとはじっくりと、今まで使っていたアプリのインストールをやっていくかね。

Windows10を64bit化しました。

 以前の記事では、Windows7に対してWindows10にアップグレードしたと載せました。その時は、Windows7の32bit→Windows10の32bitだったのですが、今回は64bitにしました。もちろん、正規ライセンス認証済みです。
キャプチャ

 Windows10にアップグレード後、正規に32bitから64bitにする方法についてはインターネットで検索するとたくさんのサイトにヒットしますので、そちらをご参考願いたいのですが、32bitから64bitにするには、基本的にクリーンインストールとなるのでご注意ください。

 で、64bit化したついでに、メモリも増設しました。4GBから12GBへ。64bit化で一番の利点は、メモリがたくさん使えること。32bit版では、Windows上では4GB以上を認識していても、約3GBまでしか使えませんが、64bitなら、4GB以上使うことができます。
 ※Windowsの各エディション毎に扱えるメモリの上限が決まっていますが、64bit版ならどれも4GB以上は使えます。詳しくはこちらのサイトを御覧ください。
Tech TIPS:Windows OSでサポートされている最大物理メモリサイズは? - @IT

とりあえず、我が家のPCでは、メモリを12GBもフルに使うことはまずありませんが、動作は快適になりました。

Windows 10が降臨しました。

 我が家のデスクトップPCにも、とうとうWindows10が降臨しました。そして、インストールが完了して、Windows7からWindows10へとなりました。
無題
 Windows7が32ビットだったのでWindows10も32ビットのままですが、私の普段の使用用途を考えると、32ビットで十分に事足りますので、これで良しとします。
 懸念していた互換性については、私のPCでは特に問題は発生せず、普段使用しているアプリも問題無く動作しているようで一安心です。
 Windows7時代に設定していたRAMディスクですが、Windows10にしたら消えてしまったので、再度RAMディスク作成アプリをインストールして設定し、今に至ります。
 Windows7からWindows10への移行なら、違和感はあまり無いと思います。なので、特にPCでゴリゴリやることも無く、また、単なるインターネット閲覧ツールとしている場合には、Windows7から10にしても問題は無いと思います。(ただし自己責任でお願いします)
 自宅にはWindows7(64ビット)のノートPCがあるのですが、それもいずれ降臨するでしょう。そちらは64ビット版となるのかな。メモリ8ギガバイトも積んでるから64ビットの恩恵を受けるでしょう。
 もうちょっといじってみますね。とりあえず、MinecraftのWindows10向けbeta版は入手した。

マインクラフトのすすめ

 マインクラフト(Minecraft) というゲームがあります。実は小学生や中学生の間で流行ってるようで、PC版の他に、PlayStation 3,4,PS VITA版Xbox One版、機能が少なめで制限がありますが、iOS版及びAndroid版(こちらはPE(PocketEdition))もあり、多くの端末でマインクラフトを遊ぶことができます。YouTube等で多数の実況動画がアップロードされていますので、お時間ある時に検索してみると良いかも。
 ゲーム内容はとてもシンプル。様々な種類の正方形のブロックを、ゲームの世界に配置して色々と作ったりします。CreativeモードとSurvivalモードがあり、前者は予めほぼ全てのブロックやアイテムがそろっていて、ひたすらに物を作り上げる事ができるのですが、後者はSurvivalという名前の通り、生き残るために様々な事を行う必要があります。Survivalモードを開始した直後はアイテムは持っておらず、ゲームの世界に存在するブロックを壊したりしてアイテムを入手し、時には入手したアイテムを合成して新たなアイテムを作ったりします。
 で、このゲームをなぜ勧めるかというと、とにかく頭を使います。空間図形的な処理を脳内で想像しながら遊ばないと無理です。画面上の平面から、立体空間を想像しながら作るので、ボケ防止、いや、脳のトレーニングにはピッタリなゲームと思います。

シンプルで飽きが来ない分、ハマる事が多いので、遊びすぎ注意でお願いします。

@nifty + IPv6は可能でした。

この記事の続きになります。
(問合中)@nifty光 + IPv6は無理なのか?

KeiyakuJokyo
 4月6日(月)時点での私の@niftyの契約状況です。
  • ご契約コース:無制限コース
  • 申し込み中のご契約コース:@nifty光 ホームタイプ
  • 前ご契約コースの確認:@nifty光ライフ with フレッツ 東日本 解除申請日:2015年04月01日
 IPv6オプションの申込ができなかったのは、ご契約コースが「無制限コース」だった為。
 @nifty光ライフ with フレッツ(従来のコース)から@nifty光へ切り替える際に、一時的にコースが無制限コースになるようです。その後、申し込み中のご契約コースの内容がご契約コースになる(無制限コースが@nifty光 ホームタイプと確定する)と、IPv6接続オプションの申込が可能になると回答がありました。
 こんな情報はどこにも書いてないし、@nifty光へ切り替える時に無制限コースになるような事も載ってないんだが。(私が見落としているのかもしれないが、結構重要な事なので目立つところに載せるべきと思う)。
 とりあえずひと安心しました。が、説明不足、案内不足は否めない。各種案内のページやQAのページの記載を工夫していただきたく思う。

【2015/04/08追記】
IPv6接続オプション申し込みエラーに「@nifty光」が追加されていた。
↓以前まで
ipv6enterr

↓2015/04/08に見た
ipv6error


あらためて思うMacの良さ

 お仕事で再びMacを使うことになりまして、Windowsでのキー操作からMacでのキー操作となり、日本語入力時に戸惑う事もありましたが、以前もMacを使っており、その時の感を取り戻しつつ使っています。

 Windowsを使ってからMacを使うと、Windowsのフォントの汚さが目立ちますね。WindowsでもXP以降はClearTypeとしてアンチエイリアス処理を行っていますが、Macにはまだ到底及びません。
 あっ、WindowsはWindowsで良い所もありますよ。別にWindowsが悪い、Macが良いとしているわけではなく、使用用途でしっかりと使い分ければよいのです。

 Mac復活後は、早速のOS Xのアップデート。Yosemiteにしてみました。

 あぁ、早く本格的な作業を行いたい。

FON2405Eの故障(2台目)

 iPhone4を購入してしばらくしてから頂いたFON2405Eが壊れてしまった。ここ数ヶ月の間に通信が不安定ではあったのだが、特にフリーズすることなく使えていた。それが突然の故障。速度計測を実施した直後に故障したので、高負荷に耐えられずに故障したのでしょうか???
 ちなみに、もう1台のFON2405Eを持ってました。知人がiPadを購入した際に貰えたようで、使わないからと私に譲ってくれました。そのFON2405Eも、今回と同じように突然の故障で、しかも使用年数も同じくらい。製品としての寿命を全うしたのかもしれません。3年〜3.5年程度での故障です。

 故障後は予備の無線LAN親機I-O DATA IEEE802.11g/b 無線LANルーター WN-G54/R4を繋ぎで稼働させましたが、この無線LAN親機は11g/bしか対応しておらず、速度も最大で54Mbpsなので、最大150Mbps出てたFON2405Eと比べても遅いと体感します。色々と批判のあるFON2405Eですが、そこそこ安定していて高速だったし、何よりFONのアクセスポイントに接続することができた。故障する前の私のFONアカウントはLinus(自宅のアクセスポイントを開放する代わりに他のアクセスポイントに接続できる)だったのですが、今はAlien(FONアカウントはあるが装置が起動していない(オフライン)な状態。
 FON2405Eを修理に出そうか考えましたが、他のFONのアクセスポイントにPCで接続することもまず無いし、新しい通信規格にも対応させたいし、自宅の100MbpsのHUBもGigabit対応させたいし、いっそのこと有線部がGigabitな無線LAN親機にしてしまおうと思いました。
 そこで、ご近所のケーズデンキへ出向き、購入したのがELECOM 無線LAN(Wi-Fi)ルーター 親機 433+300Mbps Giga 11ac/n/a/g/b WRC-733GHBKです。Amazonでの購入も考えましたが、今すぐ欲しかったので店舗で購入しました。
 この機器、普通に使う分には問題は無いのですが、痒いところに手が届かない設定ですね。RTモードとAPモードが選択できるのですが、自宅には既にルーターがあるのでAPモードにすると、APモードでは管理画面を開くことができない(管理画面はRTモードで)し、管理画面を開くことができないということは、APモード時に割り振られているIPアドレスを確認することができないということです(上位ルーター側の状況確認を使えば、MACアドレスから割り振られているIPアドレスがわかる)。
→私の取扱説明書確認不足でした。ユーザーズマニュアル[PDF形式]の134ページ「3.APモードで設定ユーティリティにアクセスする」の手順で可能でした。

 ルータを製造販売する機器メーカー会社にお願いしたいです。既にルータを設置している人が多いはずですので、APモードでの機能充実を図って欲しいです。


Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ