雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

生活

あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。昨年、2019年は私の車を手放したり、家族の車を入替えたりと、色々とありました。今年2020年は、その車をいじったりしていこうかと思っています。

 車関係の記事は みんカラに掲載する予定です。

早速、ライトをLEDに。

 我が家で購入したシエンタのヘッドライトは、ロービームはプロジェクターでH11型のハロゲンバルブを使用し、ハイビームはHB3型のハロゲンバルブを使用します。まあハロゲンヘッドライトではよくあるパターンです。
 このヘッドライトのロービームをLEDに交換するのですが、ポン付けだからとても簡単です。購入したのはLED HEAD LAMP BULB X2 301HLB2です。
 事前に購入しておいて、納車され自宅に戻ってきてすぐに取り付けました。

 ちなみに、シエンタには「LEDランプパッケージ」というメーカーオプションが設定されています。
 LEDヘッドライト、LEDフォグランプ、専用テールランプが装備され、オートライトもあります。IPFのLEDバルブに交換することで、ヘッドライトに限れば純正LEDヘッドライトに負けず劣らずの素晴らしい明るさと配光を得ることができます。
 LEDランプパッケージを装備しているシエンタからしてみると、わざわざLEDに交換するなら最初からLEDランプパッケージにしておけと思われるかもしれませんが、別にどう思われようが気にしません。むしろ、安価で純正と同等のLEDランプを得ることができるようになった良い時代だなと感じます。

車を購入しました

 私の車(E11日産ノート)は既に手放しており、残るはC25日産セレナでした。このセレナですが、実は当初は買い替え予定がありませんでした。
 買い替えに至った経緯は、フロントショックアブソーバーのオイル漏れから始まり、メンバーブッシュの異音、そしてパワースライドドアの不調と、一気に不具合が3つやってきて修理費用が総額で30万円とか見積されました。
(※ちなみにメンバーブッシュの異音については、日産のサイトに保証期間の延長の案内が掲載されていましたが、残念ながら我が家のセレナは対象車種だけど保証期間外に異音が発生しました)  また、令和2年から登録から13年超となり、自動車税が上がるため、上述の不具合修理なども考慮の上、新しい車を購入するに至りました。
 購入候補としてソリオとシエンタで悩みましたが、乗車定員等を考慮の上、シエンタに決定。11月23日(土)に納車となりました。

 ちなみに、自動車の名義は私ではありません。

久しぶりにNTT東日本の代理店から勧誘電話があったよ。

 NTT東日本へ勧誘電話の停止をお願いしてから約3年が経過しております。しかし、NTT東日本の代理店から再び勧誘電話がありました。他社事業者(光コラボ)からフレッツ光へ戻すことが11月1日から出来るようになった旨の内容でした。基本的に、この様な電話(ネット回線関係)は100%勧誘電話です。NTTからのお知らせはだいたい郵送か電子メールで来ます。
 光コラボから光コラボへの変更は可能になったことは知っていますが、光コラボからフレッツ光へ戻すことができるようになった(なっていた)のは知らなかったですね。
 話を勧誘電話に戻します。光コラボからフレッツ光へ戻すことができるようになったと聞いて、正直、頭の中に”?”がたくさん浮かびました。戻すメリットがわからなかったのです。光コラボに変更する前は我が家もフレッツ光を使っていましたが、ネット回線を安くするとができるので光コラボにしたのに、また高くなるフレッツ光へ戻す意味がわかりません。
 勧誘電話とわかった時点でとっとと切ればよかったのですが、疑問に思って長々と話を聞いてしまいました。そうしたら、30分以内に変更手続きの案内の電話があるような事を告げられたので我に返り、お断りしました。
 お断りしたあとにNTT東日本フレッツ光のサイトを確認しましたが、光コラボからフレッツ光へ戻せるようになった旨の記事を見つけることができませんでしたので、早速NTT東日本に問い合わせ。回答はおそらく11月5日以降になると思いますが、回答が来たら質問内容と共に再度記事にします。

車を手放しました。

 長年使用してきた私の車「日産E11型ノート」を2019年10月26日(土)に手放しました。手放した理由については、通勤で使用していた私の車ですが、通勤手段を自家用車からバスと電車に切り替えたため、平日はほぼ自宅に置きっぱなしで、土日に使うか使わないかという状態です。
 私の住んでいる青森県青森市は、世界有数の豪雪地帯です。降雪や積雪の無い夏季なら問題無いのですが、冬季は多くの降雪や積雪があります。平日に自宅敷地に車を置いておくと、一時的に雪を寄せておく場所が車に専有されています。それが非常に大変だということから、普段の車の使用頻度を鑑みて手放す事を決めました。

 車を手放すにあたり、今まで装備していた社外品の取り外しを行いました。
 それ以外にも細かい社外品を取り外しました。制動灯に使用していたPHILIPSのT20ダブルLED電球も取り外したかったのですが、純正のT20ダブル白熱電球を紛失してしまったので、そのままです。まあ比較的安いLEDだったので良しとします。

 このノートを手放したことにより、自動車税が戻ってきます。10月に手続きを行ったので、
34,500円÷12ヶ月×5ヶ月(11月〜3月)=14,375円ですが、10円単位は切り捨てなので14,300円が戻ってきます。また、11月1日に自動車保険が満期を迎えますので、それの更新も不要となり30,000円前後の保険料も不要です。車も使用しなくなりますのでガソリン代も不要ですし、車検や整備費用も不要です。自動車を1台処分するだけで、かなりの費用が節約できます。自動車ってイニシャルコストもすごいですが、ランニングコストがすごいですよ。

 私が住んでいるのは青森県青森市。地方で自動車必須な社会ではありますが、自家用車を処分した私の生活の今後を逐次ブログ記事にしていきます。

ハイオクガソリンの方が燃費良い?

 これから夏を迎え暑くなりますね。日や場所によっては最高気温が35℃を超える猛暑日になったりと、人間にとって辛い暑さです。ですが、その暑さ(熱さ)は、エンジンにとっても辛いです。

 私の車はレギュラーガソリン仕様ですが、つい先日の給油、燃料タンクがほぼ空っぽの状態でハイオクガソリンを入れてみました。洗浄剤が入っているので、エンジンリフレッシュを期待しての給油です。

 ハイオクガソリン給油後、気のせいかもしれませんが、燃費が良くなってる気がします。エンジン洗浄剤によりエンジン内部が洗浄されたのかもしれませんが、それを差し引いてもレギュラーガソリンの時よりも燃料系の減り方が遅いです。主に発進停止が多い市街地走行中心でして、特に走り方を変えたようなつもりも無いです。ですが、レギュラーガソリンよりも燃費が良いのです。

 レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いはオクタン価。詳細な違いはここでは述べませんが、ハイオクの方がオクタン価が高く、熱による発火がおこりにくい。つまりは、火種がないと発火しないのです。私が思うに、このハイオクガソリンの仕様が燃費向上に効果が出てるのかなと思ったりします。

以下、私の想像です。
 エンジンは発熱する塊です。レギュラーガソリンは火種が無くても発火しやすいです。スパークプラグによる点火タイミング以外でも、既に熱くなったエンジン内部で、その熱で発火してしまいます(ノッキング)。それを検知すると冷やすために燃料を噴射します。エンジン出力に使う燃料とは別に、エンジン内部を冷やすために燃料を使ってしまいます。
 逆にハイオクガソリンは熱による発火が無いので、スパークプラグによる点火タイミングでのみ発火するため、エンジンを冷やすための燃料噴射は必要ありません。エンジン出力に使う燃料だけで足ります。

 この差ではないかと考えます。特にこれから暑くなると放熱がされにくくなるので、熱での発火が起きにくいハイオクガソリンを給油することで燃費向上になるかもしれません。

 ということで、今夏はハイオクガソリンを給油してみようと思います。

青森市営バスに提言したいこと

 2019年(平成31年)3月25日に青森市営バスのダイヤ改正がありました。この改正は歓迎したいないようです。特に、古川止まりだった便が全て青森駅まで乗り入れるようになったのが大きいと感じます。また、夏季ダイヤと冬季ダイヤの2シーズン制のダイヤを導入するとのことです。冬季ダイヤに関しては、実際にそのダイヤに切り替わった後、本格的な冬になった時にダイヤの良し悪しが判明するため、現時点では未だ何とも言えませんが、青森市営バスをより便利にしていこうという思いを感じ、期待しています。

 朝の通勤時間帯では、自宅の最寄り駅から青森駅まで行く便が増えたのが嬉しいです。ダイヤ改正前は古川で下車して青森駅までの約1kmを歩いていたのですが、青森駅を終点としたことによって、悪天候時に濡れることも少なくなり、夏季もできるだけ涼しい車内に乗車できるということが素晴らしいです。

 帰宅時間帯の便については大きな変化はありませんが、古川発の便が全て青森駅発となったことにより、改正前は時間帯によって古川バス停まで歩いていましたが、青森駅から乗車できるようになりました。しかもそのバスは自宅のすぐ近くをバス停を通る。欲を言えば、その便が18時台後半に1本あると更に便利になると思いますが、需要が少なければ実現は難しいですね。

 さて、ここからが提言したいことです。
  1. バス専用レーン/バス優先レーンの拡大
    私が利用している範囲で得た情報ですが、国道7号線〜国道4号線の第1車線(最も左側の車線)は、朝はバス専用、夕方はバス優先となっています。
    この専用/優先の範囲を、国道だけではなく、青森市内の2車線以上ある幹線道路全てに適用するべきであると考えます。例えば中央大橋通りなど。そうすることで、バスの遅延が減り、より正確なダイヤで運行することが可能となります。また、専用レーン/優先レーンでの一般車両の違反取締をより厳しくし、道路交通法上では乗合自動車(バス)が優先ではありますが、優先であることを明示しないと一般的に理解されないのではと思います。
  2. バス発進時妨害違反の取締強化
    道路交通法ではバス発進時にそれを妨害してはならないと規定されています。バスを優先している運転者もいますが、それ以上に守らない運転者が多いと感じます。(1)の内容とも一部重複しますが、バス優先であることを明確にする必要があると感じます。
  3. 臨時バスの運行
    青森市内で催し物があるときに、開催場所まで直通する臨時バスを運行することで、そのイベントがより盛り上がると思います。春の桜の時期に合浦公園や野木和公園までの直行便や、夏のねぶた祭りなど。青森駅発着の規定路線ではなく、イレギュラー対応。例えば大野地区から合浦公園/野木和公園までの直通便、ねぶた祭り前夜祭でのアスパムまでの直行便(こちらは青森駅から歩ける距離なので不要かもしれませんが)など、普段は直行していない臨時路線を設置することで、より楽しみやすくなるのではと感じます。
  4. 特定区間内の定額運賃
    土日祝日限定で青森市中心部の路線を定額運賃とし、より気軽にお得にバス利用ができるようになれば良いと思います。青森市中心部ですが、西は津軽新城、東は小柳付近、北はフェリーふ頭、南は青森朝日放送付近。このエリア内で青森市の利用者の大部分をカバーできるのではと思います。定額外運賃の場合には、乗車バス停から定額運賃エリアまでの料金に100円程度を加算とし、定額運賃との差をできるだけ少なくするように設定。ただし、現在実施しているエコ100の制度は残します。
1.と2.については、青森市営バス単独では実現できませんので、青森市営バスを発起人として、青森市や青森県警察へ働きかけて欲しいと願います。

Yahoo! JAPANカードの引き落としが間に合わなかった時のお話

 やってはいけないこととは認識していますが、口座残高がカード利用額より少なくて、引き落としされませんでした。

 こんな時は、すぐにカード会社に連絡を入れます。引き落とし日の翌日が最良ですが、電話窓口が混雑していることがあるので、翌々日でも良いですが、可能なら翌日と、できるだけ早く連絡をした方が良いです。

 先人様の記事を拝見すると、その多くが振込口座を指定されるとの内容でしたが、私の場合は、振込用紙が届きました。
 電話した際に受付してくれたオペレーターより、翌月4日までに振込用紙が届くので、それを使って支払うよう指示されました。銀行口座ではなく振込用紙が届くケースもあるのだなという事で記事にしておきます。

 ちなみに、4日までに振り込むようにとの事でしたが、都合により13日に支払いたい旨を伝えると、17時までの振込なら届いた用紙で支払っても問題無いとの回答がありました。ただし、カードが10日に止まってしまうので、10日〜13日の間はカードが使えない旨の注意を受けました。

iPad mini(第5世代)を購入しました

 2019年3月30日(土)に発売開始となったiPad miniを購入しました。
iPad mini - Apple(日本)
 使用者は、私ではなくて家族が使うのです。Androidタブレット(ZenPad 8)のアップデートが見放されてる感が否めなくなり、動作もモッサリしてきたので、ちょうど新しいタブレット端末の購入を検討していたときに、このiPad miniの発表、ほぼ即決で購入しました。
 使用した感想ですが、やはり動作は快適ですね。我が家には初代iPad Airがあるのですが、それと比べると雲泥の差です。iPad Airでは動かないフォートナイトApp Storeで入手し、iPad miniと同時に購入したコントローラーを接続してのプレイを行いました。実をいうと、フォートナイトをプレイするのが最大の目的だったりします。
 だったら、Nintendo Switchを購入すればよかったではないかと思うかもしれませんが、Nintendo Switchは所詮はゲーム専用端末、iPad miniはタブレット端末。目的が違います。
 ちなみに、iPad miniはWi-Fi版を購入です。というのも、既にモバイルルーターがあり、iPad Air(ソフトバンク版だが回線解約してWi-Fi運用)での運用実績もあることから、Cellularは不要と判断してのWi-Fi版です。ZenPad8もテザリング機能がありますので、必要ならそれを使うという手もあります。

青森県警察に問い合わせた質問の回答を頂いたので載せますね

最近、横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいるのに止まらない自動車が多いことが記事になってたりと、歩行者妨害に関するネタを見かけるようになりました。JAFの調査によれば、僅か8.6%という低い数値でした。

 そんな中、青森県警察の投稿フォームから、画像を添付して以下の様なメッセージを送りました。
横断歩行者がいるのに停止しない車(横断歩行者等妨害等違反)が多いと話題になっています。 JAFの発表では、青森県の一時停止率は2.1%と大変低く、それを裏付けるかのように、実際に運転していても停止しない車が多いと実感しています。 (私は停止しますが、停止したら後続車より警音器を鳴らされる事が少なくありません)

4月より新年度、新学期が始まります。通学路の通行禁止違反の取締と共に、歩行者妨害の違反をより厳しく取締を行っていただきたく、お願い申し上げます。
この歩行者妨害に関することで、以下3つのケースで質問があります。

【ケース1】
横断歩道に歩行者を確認したために停止したが、歩行者より手振り等で先に行くように促され、それに従って進んだ。

【ケース2】
横断歩道に歩行者を確認したために停止したが、歩行者はスマートフォンを注視し横断を開始する気配がないため、横断する意思が無いと判断して発進したが、通過後に歩行者は横断歩道を渡った。

【ケース3】
横断歩道に歩行者を確認したために停止したが、歩行者はスマートフォンを注視し横断を開始する気配がない。停止した車に気付いてないと判断し、警音器を軽く鳴らして車の存在を気付かせ、手振り等で渡るように促した。

以上、お忙しいところ恐れ入りますが、3つそれぞれの行為に違反があるかどうかをご回答いただければ幸いです。
青森県警へ送付したメッセージに添付
 すると、本日の夕刻ですが、青森県警察の交通課より私の携帯電話宛てに電話がありまして、それぞれのケースが違反となるかを丁寧に答えていただきました。

◆ケース1◆
  • 歩行者を確認し停止しているので歩行者妨害の違反ではない
  • 歩行者側に、明らかに横断する意思がないことが確認できる。ただし、歩行者の前を通過する際は、急に飛び出してきても安全に停止できる速度で進む必要がある

◆ケース2◆
  • 歩行者を確認し停止しているので歩行者妨害の違反ではない
  • 歩行者側に、横断する意思がないことが確認できるが、歩行者の前を通過する際は、急に飛び出してきても安全に停止できる速度で進む必要がある

◆ケース3◆
  • 歩行者を確認し停止しているので歩行者妨害の違反ではない
  • 歩行者妨害の違反にはならないが、警音器を使用しているのでその違反になる恐れがある。(道路交通法第54条(警音器の使用等))
ケース3については、歩行者を威嚇するかの如く警音器を使用するのは論外だが、そうではなくて、第2項(※)に該当する場合には違反とはならないので、状況によって判断してほしいとのことでした。なので、できるだけ使わず、歩行者に気付いてもらうまで待つのが良いかもしれません。
(※)車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
 回答を頂いた言葉の中で、
「歩行者がいる時に横断歩道で一時停止しているので違反ではない」
とあったので、裏を返せば、
「歩行者がいる時に横断歩道で一時停止しなかったら違反です」
とも捉えることができるし、当然ながら違反です。

 青森県警察に送ったメッセージの冒頭に記述している、青森県の一時停止率が2.1%であることにも触れてくれて、新学期が始まる直前の4月7日(日)から交通取締を実施することと、私からだけではなく、他の人からも一時停止率が低い旨の意見があるということの回答もありました。

 今後の取締の強化を願いましょう。













Profile

ぴろたん

Monthly Archives
livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ