雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

ひとりごと

KDDIから回答が来たので載せます。

この件についての回答がメールで来たので文章を載せます。ただし、私の氏名など、個人情報、あるいは個別情報がわかるような箇所については載せません。
○× 様

日頃よりKDDIをご利用いただき、誠にありがとうございます。
KDDIお客さまセンター メール窓口担当 Aです。

当窓口からの返信に時間がかかり、誠に申し訳ありません。

弊社で過去にお手続きをしているにもかかわらず、代理店からの連絡があり、大変恐縮しております。

ご連絡の内容より、代理店名、代理店からの電話番号などの情報がなかったため詳細なご案内ができないのですが、弊社代理店以外のご連絡の場合は、私どもでご連絡を控えるお手続きができません。

そのため、2015年、2018年のお手続きでの対応範囲外であった可能性があります。

本件に関し、当窓口にて詳細を確認した上でご案内を差し上げるため、以下のお知らせいただきたい情報について、ご返信くださいますようお願いいたします。

------------------------------------------------------------
■お知らせいただきたいこと

▼電話連絡のあった窓口について
・担当窓口名(会社名):
・担当者氏名:
 ※不明の場合は性別をお知らせください
・発信電話番号:
・受信電話番号:
・電話受信日時:  月  日  時  分ころ

▼固定通信サービスのご契約について
・ご契約者様氏名:
・ご契約電話番号:
・ご登録の連絡先電話番号:
・ご契約住所(郵便番号から):
※集合住宅にお住いの場合は、「建物名」と「部屋番号」もお知らせください。

ご契約者ご本人以外の方からお問い合わせいただいている場合は、以下の項目についてもお知らせください。

・お問い合わせいただいている方のお名前:
・ご契約者様との間柄:

▼本メールの管理番号:***************
※お客様の個人情報は、このたびのお問い合わせに関する回答以外の目的には利用いたしません。
------------------------------------------------------------
■勧誘停止依頼を受けた場合

○×様は、KDDIの契約をお持ちでしょうか。

KDDIの契約がある場合、ご契約者さま名などのご本人さま確認を行うことで、電話での勧誘の登録状況を参照できるのですが、KDDIの契約が無い場合は、ご契約情報の参照ができません。

○×様から電話をお停めするご連絡をいただき、弊社より必要情報をお伺いしているのであれば、勧誘停止依頼は済んでいるものとは思うのですが、KDDI代理店からの連絡が入っていれば、大変申し訳なく思います。

確認をさせていただくため、上記の情報をお知らせくださいますようお願いいたします。

お知らせいただきたい情報は以上でございます。

ご返信をお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

KDDIお客さまセンター:A

※本件以外のお問い合わせについては、以下URLの<インターネット・電話 お問い合わせフォーム>から改めてお問い合わせください。
https://www.au.com/cs/cs119/au_other_otoiawase/inquiry/

※セキュリティ上の観点から、メールに添付された画像ファイル等を確認することはできません。
 このような内容のメールをいただいたのですが、特に「▼電話連絡のあった窓口について」の内容など、いちいち覚えている人は少ないと思います。そして、「KDDIの契約をお持ちでしょうか。」という質問があるのだが、問い合わせフォームで入力した電話番号から検索、確認できないのかと逆に問いたい。

 こんな文面を送るKDDI(au)は、電話勧誘を止める気は無いんだろうなと。定時した電話番号(自宅の固定電話番号)を提示し、その番号に勧誘電話をするなという事を代理店宛てに通達するだけでよいのだが、それすらをやらない、やりたくないんだと思わせる文面です。
NTTは電話番号と住所(都道府県および市区町村)を伝えるだけで、少なくとも勧誘電話は停止してから1度だけだった。

 妻曰く、
「自宅の固定電話にかかってくる電話の殆どが勧誘電話だから出なくても良い。」
と。確かにそうかもしれない。現に、99%は何らかの勧誘電話である。なので、出ないのも1つの手法かもしれない。身内から緊急事態等で電話が来るなら私や妻の携帯電話宛てにありますから。

 さてと、KDDIからもらったメールに、どのように返信しようかな。

auひかり勧誘停止しても無駄だが、3回目の勧誘停止を依頼した。

 私は、過去に2回、auひかりの勧誘停止をKDDI宛に依頼している。その記事がこちら。


 それが、2020年3月に再び勧誘の電話があった。KDDIの勧誘停止の管理はどうなっているのだろうか。とても疑問に思う。なので、早速、以下のページに記載されている電話番号宛に勧誘停止の依頼をしようと電話した。が、繋がらない。

 電話しても10分以上待つ旨の自動応答のため、以下の問い合わせフォームから勧誘停止の依頼を行った。文章データとして残ることを期待して。

 回答が来たら文面を記載する。
当窓口からの返答内容は、無断転載・引用を堅くお断り致します。
とあるが、嫌だね、転載して証拠として残しておく。3度も手間かけさせたのはどちらだ。

あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。昨年、2019年は私の車を手放したり、家族の車を入替えたりと、色々とありました。今年2020年は、その車をいじったりしていこうかと思っています。

 車関係の記事は みんカラに掲載する予定です。

日本国政府は終わってる

  • 与党
    自身の保身しか考えてない。日本国の将来とか(その頃には自分は死んでるので)どうでも良い。とにかく考えが古い、古すぎる。昔からの型に沿った考え方しかできない無能集団。
  • 野党
    日本を壊すこと、外国に売り渡すこと、外国に日本国を乗っ取らせることを考えてる。とにかく日本が嫌い。

 与党も野党もクソ。今が苦しくてもいずれ日本国が良くなるような考えを持つ人を徹底的に叩き潰してるよ、新しい政治を作ろうとしている人を叩き潰してるよ、今の日本国政府。日本国政府が一番のブラック企業かもしれない。

韓国は外国であり日本国ではない(あたりまえ)

 日本国政府が韓国をホワイト国から外し、輸出管理の厳格化をしておりますが、色々とこの件について批判をしている人たちが多いですね。でね、その主張方法が日本国を守るための批判ではなくて、韓国を守るための日本批判だからね。しかも日本人が韓国を守って日本を叩くとか、どっち向いてんだろうって思うよ。

Suicaエリア外でSuicaで乗車する方法

 青森県内のJR在来線ではSuicaを使った乗車ができません。Suica対応の改札が無いのはもちろんのこと、Suica対応の券売機もありませんので、切符購入は現金(一部はクレジットカード可能)が必要です。しかし、Suicaを使って乗車することが可能と判明したので記述します。Suicaを使うといっても、改札の入出場でSuicaを使うということではなく、Suicaを使った精算方法の紹介です。
 まず、入場は自動改札機がある駅ではダメです。切符を買う必要がありますが、上述しているとおりSuica対応の自動券売機はありません。ではどうやるか。
 無人駅から乗車します。入場時には乗車証明書を受け取り、ワンマン列車ではなく、車掌が乗務する列車に乗車します。乗車後、車内精算を行う際に車掌が使う精算機でSuicaが使えます。これで、一応Suicaによる精算が可能です。
 ただし注意点としては、車内精算時にSuicaに入金ができないので、残高不足の際には現金で支払う必要があります。Suica不足分は現金での支払いはできそうです。

 以上がSuicaを使った乗車方法です。が、主要駅の殆どに自動改札機が設置してあるので、難しいですね。

青森市営バスに提言したいこと

 2019年(平成31年)3月25日に青森市営バスのダイヤ改正がありました。この改正は歓迎したいないようです。特に、古川止まりだった便が全て青森駅まで乗り入れるようになったのが大きいと感じます。また、夏季ダイヤと冬季ダイヤの2シーズン制のダイヤを導入するとのことです。冬季ダイヤに関しては、実際にそのダイヤに切り替わった後、本格的な冬になった時にダイヤの良し悪しが判明するため、現時点では未だ何とも言えませんが、青森市営バスをより便利にしていこうという思いを感じ、期待しています。

 朝の通勤時間帯では、自宅の最寄り駅から青森駅まで行く便が増えたのが嬉しいです。ダイヤ改正前は古川で下車して青森駅までの約1kmを歩いていたのですが、青森駅を終点としたことによって、悪天候時に濡れることも少なくなり、夏季もできるだけ涼しい車内に乗車できるということが素晴らしいです。

 帰宅時間帯の便については大きな変化はありませんが、古川発の便が全て青森駅発となったことにより、改正前は時間帯によって古川バス停まで歩いていましたが、青森駅から乗車できるようになりました。しかもそのバスは自宅のすぐ近くをバス停を通る。欲を言えば、その便が18時台後半に1本あると更に便利になると思いますが、需要が少なければ実現は難しいですね。

 さて、ここからが提言したいことです。
  1. バス専用レーン/バス優先レーンの拡大
    私が利用している範囲で得た情報ですが、国道7号線〜国道4号線の第1車線(最も左側の車線)は、朝はバス専用、夕方はバス優先となっています。
    この専用/優先の範囲を、国道だけではなく、青森市内の2車線以上ある幹線道路全てに適用するべきであると考えます。例えば中央大橋通りなど。そうすることで、バスの遅延が減り、より正確なダイヤで運行することが可能となります。また、専用レーン/優先レーンでの一般車両の違反取締をより厳しくし、道路交通法上では乗合自動車(バス)が優先ではありますが、優先であることを明示しないと一般的に理解されないのではと思います。
  2. バス発進時妨害違反の取締強化
    道路交通法ではバス発進時にそれを妨害してはならないと規定されています。バスを優先している運転者もいますが、それ以上に守らない運転者が多いと感じます。(1)の内容とも一部重複しますが、バス優先であることを明確にする必要があると感じます。
  3. 臨時バスの運行
    青森市内で催し物があるときに、開催場所まで直通する臨時バスを運行することで、そのイベントがより盛り上がると思います。春の桜の時期に合浦公園や野木和公園までの直行便や、夏のねぶた祭りなど。青森駅発着の規定路線ではなく、イレギュラー対応。例えば大野地区から合浦公園/野木和公園までの直通便、ねぶた祭り前夜祭でのアスパムまでの直行便(こちらは青森駅から歩ける距離なので不要かもしれませんが)など、普段は直行していない臨時路線を設置することで、より楽しみやすくなるのではと感じます。
  4. 特定区間内の定額運賃
    土日祝日限定で青森市中心部の路線を定額運賃とし、より気軽にお得にバス利用ができるようになれば良いと思います。青森市中心部ですが、西は津軽新城、東は小柳付近、北はフェリーふ頭、南は青森朝日放送付近。このエリア内で青森市の利用者の大部分をカバーできるのではと思います。定額外運賃の場合には、乗車バス停から定額運賃エリアまでの料金に100円程度を加算とし、定額運賃との差をできるだけ少なくするように設定。ただし、現在実施しているエコ100の制度は残します。
1.と2.については、青森市営バス単独では実現できませんので、青森市営バスを発起人として、青森市や青森県警察へ働きかけて欲しいと願います。

Yahoo! JAPANカードの引き落としが間に合わなかった時のお話

 やってはいけないこととは認識していますが、口座残高がカード利用額より少なくて、引き落としされませんでした。

 こんな時は、すぐにカード会社に連絡を入れます。引き落とし日の翌日が最良ですが、電話窓口が混雑していることがあるので、翌々日でも良いですが、可能なら翌日と、できるだけ早く連絡をした方が良いです。

 先人様の記事を拝見すると、その多くが振込口座を指定されるとの内容でしたが、私の場合は、振込用紙が届きました。
 電話した際に受付してくれたオペレーターより、翌月4日までに振込用紙が届くので、それを使って支払うよう指示されました。銀行口座ではなく振込用紙が届くケースもあるのだなという事で記事にしておきます。

 ちなみに、4日までに振り込むようにとの事でしたが、都合により13日に支払いたい旨を伝えると、17時までの振込なら届いた用紙で支払っても問題無いとの回答がありました。ただし、カードが10日に止まってしまうので、10日〜13日の間はカードが使えない旨の注意を受けました。

今までの車に取り付けたパーツまとめ。その1

私が今まで乗ってきた車に取り付けた社外品をまとめてみました。生産中止となっている製品もありますので、ご了承ください。
  1. 日産 キューブ(AZ10型Sリミテッド)
    exterior2_b exterior1_b
    私が社会人になって最初に購入した車です。特別仕様車でして、青いイルミのCDカセットプレーヤー(スケルトンオーディオ)、4スピーカーが標準装備となっていました。最初は大人しく純正仕様で乗っていましたが、だんだんと物足りなくなってくるものですね。オーディオやらホイールやらいろいろいじっていきました。
    • オーディオ
      FH-P99MDR

      パイオニアのカーオーディオです。MDが流行っていた時代で、CDから録音できる機能を備えた製品でした。10万円くらいで購入した記憶があります。ただ、MDへの録音は運転中に行った記憶がありません。無駄だったなぁ……。今となっては、既にMDは廃れてますし、スマートフォンでの音楽再生が主になっているため、外部入力端子やUSB端子、Bluetoothは必須ですね。


    • カーナビ
      AVIC-D6500

      パイオニアのカーナビです。パイオニアは、カーナビとはいわず、「カーコンピューター」と称しています。このモデルのメディアはDVD-ROMですが、DVD-Video再生機能を省略していたために他の製品より安かった記憶があります(もともと車内で映像関連のソースを見ることは好きではなかった)。カーナビの性能は、やはりパイオニアですね。この後に登場しますが、他社製品を使ったら、パイオニアのナビに戻りたいと感じました。


    • ホイール
      PIAA SUPER ROZZA MONOBLOCK(スーパーロッツァ モノブロック)

      15インチのホイールを履きました。タイヤサイズは、195/50R15。なぜこのホイールにしたかというと、R33 スカイライン GT-R純正のホイールデザインが好きだったのです。それに似てるホイールを探していたら、オートバックスの店員さんにこれを紹介されて購入に至りました。
      Nissan_Skyline_R33_GT-R_001

    • ヘッドライト

      今でこそ安いと3,000円くらいから購入できる後付HIDですが、当時は非常に高価なもので10万円くらいしていた記憶があります。純正でHIDライトな車種もそれほど多くなかったので、後付HIDを取り付けた後はかなり優越感に浸っていました。

  2. 日産 スカイライン(R34型:25GT-t)
    kanseino1 04190006 04190001
    キューブの車検時期が近づいたため、また、少し社格を上げたかったので、憧れていたスカイラインを購入しました。この車に取り付けたパーツは基本的にはキューブのをそのまま引き継ぎました。
    • オーディオ
      DEH-P007

      オーディオについては、やたらとMP3が流通していたので、MP3(WMA)が再生できる機種に交換しました。CD-RやCD-RWに書き込んだMP3ファイル、WMAファイルの再生が可能でした。1DINサイズになり、価格も2万円くらいで購入できました。ちなみにこのオーディオは今の車でも使っています。
    • ブレーキパッド
      R34スカイラインのターボ車は、対向ピストンキャリパーが装着されており、純正のブレーキパッドでも充分効くのですが、ちょっと色気を出してNISMO S-tuneのブレーキパッドを取り付けてみました。取り付けた結果、街乗りでは純正とあまり違いがわかりませんでした。気分的な問題ですね。
    • HIDバーナー
      レイブリックのハイパーHIDバーナーの5500 Kに交換しました。レイブリックのサイトで製品を探してみましたが、レイブリックがHIDバーナーを製造していないみたいです。
    • マフラー
      レガリス スーパーR
      スカイラインはターボ車ということで、マフラーを交換しました。もちろん車検対応。結果、若干のトルクアップを感じました。若干です……。ただ、RBエンジンの官能的なサウンドは充分に楽しめました。

      (※FUJITSUBOの製品サイトに載ってた動画を拝借)
  3. 日産 スカイラインセダン(V35型:350GT)
     R34型のスカイラインでも充分満足だったのですけど、賛否両論あったV35型スカイラインに乗り換えました。しかも、350GTという上位グレード。このグレードの最大の特徴が、殆どの車でMTが廃止されていく中で、あえてMT車をだしたという事でしょうか。ちなみに、350GTのトランスミッション(ギア比)やエンジンは、スカイラインクーペ(CPV35型)、そして、Z33型フェアレディZと同じです。(エンジン出力はスカイラインセダンは272馬力と少々控えめだけど必充分)
    1. オーディオ
    2. DEH-P007
      R34スカイラインから引き続き使用しています。
    3. カーナビ
    4. CN-HS400D
      パナソニックのストラーダブランドのカーナビです。一体型のHDDカーナビで地上アナログ放送対応です。
  4. 実はV35型スカイラインにはあまり後付のパーツを取り付けませんでした。というのも、カーリースだったため、あまりいじることができず、ほぼノーマル状態です。

続く……

青森市営バスの定期券購入には使えない「Origami Pay」

青森駅構内や青森駅周辺の店先で目に付く「Origami Pay(オリガミペイ)」のポスターやロゴマークですが、どうやらJR東日本が中心となって青森でいろいろと活動を開始しているようです。
2018年12月03日月曜日河北新報
<オリガミペイ>スマホ決済青森で始動 JR東がベンチャー支援
コメント 2018-12-19 224842
 私は、通勤で青森市営バスを使っています。定期券を購入して利用しているのですが、上述の記事に、
1日には同プログラムを手掛けるJR東日本スタートアップ(東京)の柴田裕社長らが、JR青森駅前の市観光交流情報センターで市営バスの一日乗車券を購入。バスで中心商店街の喫茶店に移動し、コーヒー代金をスマホで支払った。
との内容があったため、青森市営バスでの乗車券はオリガミペイで購入できるのだと思ったわけです。
 通勤定期券が12月17日で切れるために、継続定期券を購入しようと青森駅前の市営バス窓口まで出向き、いつものように書類に記入をして手続きを済ませました。窓口には、オリガミペイのロゴマークがあったので、受付担当者に定期券購入にオリガミペイが使えるのか訪ねたところ、

定期券購入には使えません。

クレジットカードで定期券が購入できないので何となく予想はしていたが、オリガミペイのロゴマークを掲げているのに購入できないという、残念な回答でした。

 定期券購入費用は、そこそこ大きな金額となるはず。ということは、都度、銀行等の金融機関へ出向き、定期券を購入するための現金を用意する必要があります。キャッシュレス決済ということで推しているオリガミペイなのですから、定期券購入にこそ使えるようにする必要があるのではないでしょうか。
 とりあえず、青森市営バスに要望として意見を提出しておきます。
Amazon
Profile

ぴろたん

Monthly Archives
livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ