雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

インターネット

iOSのTwitterクライアントアプリをお乗り換え

 私のiPhoneには、Twitterアプリとして、Twitter純正アプリEchofon Pro for Twitterを入れてましたが、今日に、EchofonからTweetbot 4 for Twitterに乗り換えました。
 乗り換えた理由は、個々最近、Echofonの動作が重い&不安定だったためです。同僚にオススメアプリを伺ったところ、Tweetbotとの案内があったので早速購入。このブログ記事を書いている時は1,200円となっていますが、私がダウンロードした時は600円でした。半額セール中だったのですね。
 インストールしてからの使い勝手ですが、Echofonとは雲泥の差ですね。軽いし使いやすいし。もっと早く使っておけばよかったと思いました。
 Twitter純正アプリの唯一の弱点はListへのアクセスの悪さですね。それが改善されたら、実は一番シンプルなアプリになるかもしれません。
 ということで、Tweetbotさん、今後ともよろしくです。

NifMoが通話定額を開始しないのでViberを入れてみた。

 季節は既に秋ですね。北海道や青森県では初雪を観測するなど、秋から冬に季節は動いています。そんな中、未だに通話定額を開始しないNifMo、どうしたのでしょうか?
NifMoの「電話かけ放題」サービス、開始時期を6月から「秋」へ延期
 通話定額が開始しないので、せめて固定電話宛の電話だけでも無料通話を実現したいと思い、ViberというアプリをiPhoneにインストールしました。
Viber(バイバー):楽天グループの無料通話&メッセージアプリ
 というのも、こんなキャンペーンを今更ながら発見しました。
Viber、国内の固定電話への通話料無料キャンペーン実施中
 2014年12月26日から開始されているキャンペーンのようで、出遅れた感がありますが、とりあえず使えるものは使うという考えです。また、このキャンペーンがいつ終了するかは不明です。
 Viberというアプリですが、LINEとほぼ同じです。アプリ間での無料通話を実現してたのは、実はViberの方が先なのですが、日本ではLINEの方が人気になってしまいました。Viberは楽天が絡んでいるので敬遠する人もいるかもしれませんが、黒いウワサが多いLINEよりマシと思っています。

 ということで、気になりましたらとりあえずダウンロードしてインストールしてみてはいかがでしょうか。利用開始するにはLINEと同じようにSMSによる電話番号認証が必要となります。


今度はNTT東日本の代理店から電話。

 今まではKDDI代理店からauひかりの営業電話が多々ありまして、KDDI本体にお願いして営業電話をしないように手続きしてもらいました。

KDDI代理店から電話がきた時の話
KDDIにauひかり勧誘電話を止めるように問い合わせた。

 その手続き後にKDDI代理店による勧誘電話が一切来なくなってスッキリしていたのですが、今度はNTT東日本から勧誘電話がありました。時間は20時30分を過ぎた頃。内容はうろ覚えですが、箇条書きにするとこんな感じ。
  • NTTの回線増強工事を行う
  • 増強工事を行うことにより今までの下り速度200Mbpsから1,000Mbpsへと速度が向上する
  • 今お使いのモデムが1,000Mbpsに対応していないので交換作業が発生する
 この3つを聞いて、これはNTTからの緊急工事連絡ではなく、単なる営業電話だと。さて、それぞれ3つの内容について1つづツッコミを入れていく。

★NTTの回線増強工事を行う
 →NTT東日本のインフラに関わる工事連絡は、電話ではなくお手紙(ハガキまたは封書)で通知が来ます。理由は、電話だと言った言わないの水掛け論になり、責任の所在が不明確になる為。

★増強工事を行うことにより今までの下り速度200Mbpsから1,000Mbpsへと速度が向上する
 →これも上記と同じように電話ではなくてお手紙での通知となる。また、200Mbpsから1,000Mbps(1Gbps)への変更は、利用者からの依頼が無い限りはNTT側で勝手に工事は行わない。

★今お使いのモデムが1,000Mbpsに対応していないので交換作業が発生する
 →200Mbpsに対応している機器なら、既に1,000Mbps(1Gbps)に対応しているのだ。ひかり電話を使っているのなら、例外無く1Gbps対応機器です。実際に我が家も以前までは200Mbpsで、NTTに連絡して1Gbpsに変更してもらったが、機器の変更が無かった。

 ちなみに、上記ツッコミ内容については、営業電話に対するツッコミそのものです。フレッツ光回線を使った光コラボ事業が始まり、その営業電話だと思うのですが、残念ながら既に我が家は光コラボとしています。色々とお話して、相手が「フレッツ光をお使いでは無いのですか?」と聞いてきたので、「ニフティ光を使っています。」と話したところ、対象外云々で電話を切られた。終了である。
 ただ、NTT東日本代理店も複数社存在していて、電話番号リストが出回ってるだろうから、また別の代理店から電話があるかもしれない。その時はその時で遊びます。んで、あまりにも内容が詐欺まがいだったら、NTT東日本にも電話勧誘停止窓口があるので、そこに連絡することとします。
フレッツ光サービス等の勧誘停止登録の受付について
キャプチャ
↑受付は平日の午前9時〜午後5時で、休業日は土日・祝日・年末年始だっってよ、ふざけてるね。116でいいかも。
 ちなみにKDDIは9時から20時で土日祝日も受け付けてる。
auひかりサービスの勧誘停止登録の受付について
キャプチャ

 別に営業電話が悪いとは言ってない、営業電話の内容が詐欺まがいだから糞だといってる。ただ、これら光回線については、わかる人間が自ら色々と調べて自ら申し込むので、営業電話は逆効果だと強く感じる。

 以上、我が家に来たNTT東日本代理店からの勧誘電話でした。今後、同じ様なお電話を受けた場合の参考になれば幸いです。

サポート切れOS向けのトラップ、やめます。

 livedoor公式ツイッターアカウントから、サポート切れOS向けのトラップは好ましくないですよと言われまして、なので、トラップは明日にでも解除する予定です。
 なので、サポート切れOSでも、私のブログにどんどんアクセスしてくださいな。私のブログじゃなくて、他のところでやられて下さい。

@nifty光乗り換え手続き中の050IP電話のステータス

 @nifty提供の050IP電話を利用している私ですが、ふとIP電話の状況確認ページを見たら、解約手続きを一切行っていないのに「@niftyフォン利用解除申請受付済」とかなってるし。不思議だよね。早速、問合せた。
 ただ、なんとなくこの状況になった理由はわかる。というのも、前の記事にもありますが、@nifty光(光コラボ)へ乗り換え手続きを行い、いま、ちょうど切り替えタイミングの状態なのです。それが原因で契約コースが「無制限コース」になり、おそらくはそれが理由でしょう。

 しかし、@nifty光の手続き方法や手順では、そのような説明書きが一切載ってないので不安になりますよね。不安や疑問に思った事についてはサポートに問い合わせし、正式回答をもらうのがジャスティスです。

 説明書きが無いのは、サービス提供側の落ち度、説明書きが載っててそれを見逃していたら利用者側の落ち度。
 まずは、問合せの回答を待つこととします。
Image1

続きを読む

@nifty + IPv6は可能でした。

この記事の続きになります。
(問合中)@nifty光 + IPv6は無理なのか?

KeiyakuJokyo
 4月6日(月)時点での私の@niftyの契約状況です。
  • ご契約コース:無制限コース
  • 申し込み中のご契約コース:@nifty光 ホームタイプ
  • 前ご契約コースの確認:@nifty光ライフ with フレッツ 東日本 解除申請日:2015年04月01日
 IPv6オプションの申込ができなかったのは、ご契約コースが「無制限コース」だった為。
 @nifty光ライフ with フレッツ(従来のコース)から@nifty光へ切り替える際に、一時的にコースが無制限コースになるようです。その後、申し込み中のご契約コースの内容がご契約コースになる(無制限コースが@nifty光 ホームタイプと確定する)と、IPv6接続オプションの申込が可能になると回答がありました。
 こんな情報はどこにも書いてないし、@nifty光へ切り替える時に無制限コースになるような事も載ってないんだが。(私が見落としているのかもしれないが、結構重要な事なので目立つところに載せるべきと思う)。
 とりあえずひと安心しました。が、説明不足、案内不足は否めない。各種案内のページやQAのページの記載を工夫していただきたく思う。

【2015/04/08追記】
IPv6接続オプション申し込みエラーに「@nifty光」が追加されていた。
↓以前まで
ipv6enterr

↓2015/04/08に見た
ipv6error


050 plusのプッシュ通知がようやく対応されました。

 050 plusのプッシュ通知がようやく対応されました。
 今までは050 plusをバックグラウンドで起動しておかないと着信を受けることができず、また、iOSの制約でバックグラウンドにいてもアプリが終了されていたりと不安定な状態でしたが、今後はアプリを起動していない状態でも着信を受けることが可能となります。これでようやくSMARTalkに横並びとなりました。後は、他SIPアプリへのAPI開放ですかね。

 とりあえず、再度利用の申し込みをしましょう。

050 plusのダウンロードは下記リンクから。
App Storeからダウンロード
Google Playからダウンロード

(問合中)@nifty光 + IPv6は無理なのか?

 3月13日(金)から従来の@nifty光ライフ with フレッツから@nifty光に切り替えましたが、どうやら@nifty光では、まだIPv6に対応しきれてないような感じです。
 というのも、4月1日に@niftyから「【@nifty】IPv6接続オプション 解除完了通知」という件名のメールが届きました。@nifty光だとIPv6アドレスが無料で取得できる!と掲載されているし、IPv6接続オプションのご案内ページにも、対象コースとして@nifty光が載ってるわけですよ。
getIPv6Address
ipv6opt
 何故にIPv6接続オプションが解除されたのか問合せたところ、
大変恐れながら、@nifty光への転用の仕組み上、「IPv6接続オプション」をお申し込みいただいている場合、自動的に解除される状況となります。何卒ご了承ください。
 との事で、まあ、これは良いのですが、しかし、再度IPv6接続オプションを申し込もうとしたところ、契約のコースが対応してないと出たので、申し込むにはどうしたらよいかと再度問合せ中です。
ipv6startprocess
 よくある質問や案内ページには利用できる旨が記載されているのに、いざ申し込もうとしたら対象外とか、意味不明すぎです。
ipv6ent
ipv6enterr


問い合せの回答があって解決しました。
@nifty + IPv6は可能でした。

ひかりTV解約(正しくはプラン変更)しました。

 2ヶ月間無料との事で、お試し的に使い始めたひかりTVですが、解約(プラン変更:以降、面倒なので解約手続きと表現します)の連絡をして、3月いっぱいは視聴できますが4月1日以降は視聴しないので課金されないように手続きを行いました。
。  解約手続きは基本的には電話となります。Web上で解約手続きができるのかと思いきや、NTTから電話をするためのスケジュール登録的な感じなので、だったらこちらから連絡をして手続きを行いましょうとの事で、電話。電話してからオペレータに繋がるまでは5分弱の待ち時間でした。
 解約時の電話のやりとりで、解約理由等を問われますが、NTT側からの案内で、期間限定だけど基本料金が半額になるとか案内があったが、ひかりTVのサイトにそんな情報は一切載っていなくて、馬鹿正直に継続したら損する人が多いんだなとつくづく思いました。というか、半額にできるのなら最初からその額面でサービスを提供しろって思います。
 まあ、今回のNTTに限らずですが、携帯電話のMNPでも転出をチラつかせると裏コース的な案内がありますし、文句も言わずに素直に使い続けている既契約者の存在って何なんだろうなと強く思いました。正直、不公平だわ。
 ということで、安く利用できる方法を調べてどんどん利用しちゃいましょう。

@nifty光へ乗り換え手続きしました。

 色々と不明な点がありましたが、無事に@nifty光へ乗り換え手続きが完了しました。以下、覚え書きです。これから手続きをされる方の参考になれば幸いです(※NTT東日本でのお話になります)。

[事前準備※必要な人のみ]回線速度の確認及び変更(2/28)
 @nifty光へ乗り換えると回線速度の変更がとても面倒なので、100Mbps〜200Mbpsから1Gbpsへ速度アップを行いたい場合、まずはNTTへ連絡をして回線の変更を行います。私は、フレッツ光ネクストのハイスピードタイプ(200Mbps)からギガラインタイプ(1Gbps)へ変更をしました。切替工事費用は2,000円(税別)で、自宅にあるNTTの機器(PR-S300NE)はそのままです。申込み後、3月4日に変更が完了しました。
 NTTフレッツ光での利用だと、ハイスピードタイプからギガラインタイプへの変更で毎月200円ほど高くなりますが、@nifty光の場合は、ハイスピードタイプでもギガラインタイプでも月額料金は同じなので、切替えた方が費用対効果があると判断しました。
(※ギガスマートタイプは機器レンタル費用が発生)
 ちなみに、@nifty光へ乗り換えてから回線速度を変更したい場合ですが、一旦、自宅に引きこんである回線を撤去して、あらためて光ファイバー引き込み工事を行う事になるそうです。バカバカしい話だけど、そのようです。

[1]転用承諾番号の取得(3/7)
 回線速度の変更手続きが完了したら、今度はいよいよNTTへ連絡して転用承諾番号をもらうことになります。このページにも掲載されていますが、NTT東日本のサイトまたは電話で手続きが可能です。
 私は電話での手続きを行いました。電話での手続きでは、回線名義人(契約者)が行うか、回線名義人(契約者)本人確認を行う必要があります。我が家の場合には、NTTの回線名義人は私ではなくて妻名義だったため、電話がつながった後、手続きを開始する最初にNTTと妻で本人の確認を行い、その後の手続きを私に一任する形で手続きを進めました。
 NTT側から転用に関する様々な諸注意を聞いた後、最後に転用承諾番号を教えられ、第一段階の手続きは完了です。

[2]@nifty光の申し込み(3/7)
 @niftyカスタマーサービスデスク( 0120-32-2210 or (携帯電話等→ 03-5860-7600 ))に電話します。こちらも契約者本人確認が必要です。我が家は、NTTと同じく、@niftyも妻名義なので、またまた妻の本人確認を行い、私に一任する事を確認して私が手続きを進めます。
 [1]のNTTと同じように、今度は@nifty側から転用に関する諸注意を聞いて、[1]で取得した転用番号を@nifty側へ伝えます。それと同時に、コンサルティング連絡希望日時を選択することができ、私は平日は仕事なので土日でお願いしました。これで申し込みは完了です。申込み後、@niftyから確認のメールが届きます。

[3]コンサルティング(3/8)
 [2]の翌日に、早速コンサルティングの電話がありました。電話の内容は、申込内容の最終確認(取消なら、ここがラストチャンス)と、乗り換え日時の調整です。我が家の場合には、最短で3月13日とありましたので、その日でお願いしました。乗換日を確認した時点で申込完了なので、取消はできません。後は、@niftyからの書類到着を待ち、乗換手続きが完了です。続きを読む
Amazon
Profile

ぴろたん

Monthly Archives
livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ