雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

みおふぉん

脱ソフトバンクへの道(みおふぉん開通までの時系列)

コジマ電機で購入した音声通話パックには、「お申し込み内容に不備がない場合、1週間から10日間程度でお届けします。」とありましたが、申し込み開始してから(申込日を含めて)3日間で開通しました。以下、流れ。

2014年10月14日(火)
・iPhone 6 PlusをApple Storeで注文。

2014年10月25日(土)
・iPhone 6 Plusが到着。

2014年10月27日(月)
・SoftBankのSIMカードでアクティベート。一括設定プロファイルもインストール。
(ここからしばらくWi-Fi運用となった)

2014年11月29日(土)
・ソフトバンクに電話して番号ポータビリティの予約番号を入手。
・コジマ電機にて音声通話パック for BIC SIMを購入。

 実際の申し込み手続きはここから始まる。

2014年12月1日(月)(00:32)
・IIJmioサイトから申し込み。色々と手続きして本人確認資料送付まで済ます。

2014年12月1日(月)(15:15)
・本人確認ができたとメールを受信。

2014年12月1日(月)(23:48)
・「MNP 転入による電話番号停止予定のお知らせ」メールを受信。

2014年12月2日(火)(15時頃)
・番号ポータビリティしたソフトバンクの回線停止を確認。
(試しにその電話番号に発信すると、NTTドコモのアナウンスが流れた)

2014年12月3日(水)(6:16)
・12月3日に利用可能となった事と、SIMカードを発送した旨のメールを受信。

2014年12月3日(水)(19:30頃※配達日時指定で18時〜20時としていた)
・SIMカード到着し、iPhone 6 Plusへ挿入、開通を確認。

この様な流れです。みおふぉんを利用しようとしている方々への、開通のスケジュールの参考になれば幸いです。

脱ソフトバンクへの道(MNPでみおふぉんへ)

BIC SIM 音声通話パック
 2014年12月1日から1ヶ月が更新月な我が家のiPhone 4を、いよいよソフトバンク回線とサヨナラしてMVNO事業者のみおふぉんへMNPします。11月29日にソフトバンクへ電話し、MNP予約番号を取得しました。その際に、引き止めのやりとりがあるかなと期待しましたが、何も無くて簡単に手続き終了。あっけなく終わりました。念の為に、11月30日時点で、11月中に解約しちゃうとこれだけの費用が発生するとの内容です。
解約時に発生する費用・失効する割引等について
 既にコジマ電機にて、BIC SIMの音声通話パックを購入済みなので、12月1日になったら、この中に書いてあるエントリーコードを使い、IIJmioの申し込みページから手続きを進めていけば良いのです。
音声通話パック申し込み
 で、12月1日になりました。表示が変わってましたが、更新月以外云々とあり、9,500円が強調表示されてるので、あれ?もしかして9,500円かかるの?って勘違いするよな、さすが詐欺的な会社なソフトバンクです。
12月1日
 上記を確認後、IIJmioの申し込みページからエントリーコードを入力して手続きを開始。
ご利用対象エントリーコードのSIMカード情報
初めてIIJmioを
プランを選ぶ
simカードの機能を選ぶ
MNP転入
 その後、画面に従い必要事項を入力し、本人確認依頼メールが届いたら、それに従い運転免許証等の資料をアップロードして完了。確認待ちです。受信したメールには、一週間程度かかるとあったけど、3日間程度で来ることもあるみたいですので、気長に待ちます。

NifMo vs みおふぉん

2014年11月26日にNifMoサイトがオープンして色々と情報収集しています。不明な点があったのでniftyへ質問してみました。その回答は、この記事を書いている時点では届いていませんが、回答があったとしても、みおふぉんの方が使い勝手が良いかもしれない。
 iPhone 6 Plusに入れるMVNO業者を選定しているわけですが、現在のiPhone 4の使い勝手(パケット通信量)を昨晩に再度確認した所、平均すると400MB、多くても600MBと、1GBも使ってないようです。通信量の繰越ができないNifMo(サイトに載ってないので繰越は出来ないと思う追記参照)と、繰越ができるみおふぉんでは、やはりみおふぉんの方が合ってる気がしてきました。
Image2
 NifMoの場合は、自宅のプロバイダがniftyなので月額200円の値引きが24ヶ月続きますが、それだけなのですよね、魅力的に感じるのは。

 やはり、我が家の使い勝手からすると、みおふぉんがベストなのかもしれません。
追記
 NifMOも、2015年7月分からデータ容量繰り越しを始めました。→データ通信容量について
データ繰り越しの例
 繰り越しの仕組みについては、IIJmioと全く同じで、余った当月分を翌月分に繰り越すことができるのです。<繰り越しできるのは嬉しいのですが、NifMoには3日間での通信量の制限があるみたいです。制限を食らうと最大200kbpsと低速化しますが、テキストベースの通信なら気になる速度では無いと思います。動画はさすがに辛いかも。

SIMフリーiPhone 6 Plusでの緊急速報の確認

12月に更新月を迎えるiPhone 4ですが、そのままソフトバンクを使い続けることなく、MNPとする予定です。移転予定先は、IIJが提供するみおふぉんです。docomoの回線を使うので、ソフトバンクの様に、山で使えない繋がらないという事が激減するのではと思っております。

 キャンペーンで2年間、パケット定額費用が半額となっていましたが、それも2年となる11月末で終了し、ソフトバンク回線を使い続けるメリットが皆無な為に移転します。今後は、ソフトバンクの既存回線を順次解約していく予定です。

 SIMフリーiPhone 6 Plusを購入して(この記事を書いている時点では「処理中の商品」でした)、それを妻が使います。

 さて、ちょっと気になる点があったので、友人の協力を得て調査をしました。
まずは、ソフトバンク版iPhone 5 で、iOS8.0.2での緊急速報設定画面。
iPhone 5 iOS8.0.2の緊急速報設定
「設定をオンにするとバッテリーのもち時間が短くなる場合があります。」
とあります。この文言がでるのはソフトバンクだけで、docomoやauには表示されません。
参考記事:ケータイWatch:「iPhone 5s」「iPhone 5c」ファーストインプレッション
上記ではiPhone 5s/5cでの事を書いてありますが、iPhone 5でも同じと思われます。
 これを踏まえて、まずは以下のツイートを。  上記は、SIMフリーiPhone 6 Plusに、みおふぉんのSIMを入れて使用している状態。docomo回線を使うので左上にはdocomoと表示されています。注目していただきたいのは、赤枠のところ。緊急速報の下には何も文言が表示されていません。
 次に、以下のツイートを。
こちらは、投稿文章にもありますが、SIMフリーiPhone 6 PlusにソフトバンクSIMを刺した状態。iPhone 5の時と同じように、設定をオンにすると〜の文言が表示されています。この文言は、iOSがキャリアで判断して表示非表示を切り替えているものと思われますが、現に、ソフトバンクだけが電池のもち時間が短くなるようです。
※詳しくは、こちらの記事を参照してください。→鈴の音情報局blog ソフトバンクの緊急地震速報はやっぱり使えない

10月18日(土)に、青森県青森市で緊急速報の訓練メールが一斉送信されまして、この友人は、SIMフリーiPhone 6 Plusにも緊急速報メールが届いたのを確認できています。なので、MVNO事業者でも、緊急速報については問題無く受信することが可能ですね。これで、安心してみおふぉんを利用できます。
お買い得ウィジェット
Profile

ぴろたん

livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ