雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

サポート

ありがとう、Windows Vista

 Windows XPのサポートが終了して久しいですが、いよいよ、2017年4月11日にWindows Vistaのサポートが終了します。
(アクセスログを見ると、未だにWindows XPを使っている人がいるのに驚きです)
Windows Vista のサポートが終了します
 Windows XPと比べるとUIがとてもグラフィカルになりましたが、その分、PCにそれなりの性能が必要とされる、重たいWindowsとなり、評価はいまいちでした。
 しかし、Windows Vistaの存在があったからこそ、PCの性能が大幅に向上し、また、それまで、一般家庭向けでは、32ビットが主流だったのを、64ビットへと流れを変えてくれました。この功績はかなり大きいと思っています。現に、Windows Vistaが快適に動くPCは、Windows7でも快適に動いていますし。
 という事で、お使いのWindows PCのOSがWindows Vistaの場合には、Windows 7以降のOSに更新するか、Windowsを捨ててUnix/Linix系のOSにするかですね。

 当ブログのスクリプトも、2017年4月11日以降にWindows Vista以前のWindowsでアクセスした場合には、自動的にMicrosoftのサイトに遷移させるように改造を施します。

そろそろIE6を捨てたらどうだ?

私が仕事で携わっているシステムはWebシステムなんだけど、「IE6専用」なんですね。
IE専用でもいいと思うのよ別に。そういったシステムは他にも多々あるし。
でも、ブラウザのバージョンを限定するのは止めた方がいいのかな。

そのシステムは、閉ざされたネットワーク(外部接続しない=インターネット接続しない)での利用を前提としているのでアリなのかもしれないけど、お客様のクライアント端末からそのシステムに接続することがある。
で、お客様のクライアント端末でインターネットに接続するわけです。
お客様端末には、IE6が入っていて、IE6ということは当然WindowsXP。
Vista以降はIE6は動かないみたいです(単品を落としてきてExeキックはダメだった)。

IE6は既にサポートが打ち切られていると知人より聞きました。
サポートが打ち切られているということは、今後、IE6に重大な不具合やセキュリティホールが見つかったとしても、それの修正パッチは出ないということになります。

・・・・・・。大丈夫なのか?このシステム。

IE7以降でも動くことは動くんだけど、スタイルシートの解釈がIE6以前と違っていてデザインが微妙にずれたり、セキュリティ強化から、何かある毎にダイアログボックスやYesNoメッセージボックスが表示されてしまう事もあり、お客様からしてみればそれらメッセージは非常にうざったい物でしょう。

IE専用としている最大の原因は、クライアント側の言語がVBScriptを使っている点。
JavaScriptなら、大多数のブラウザで問題無く動くんだけど、VBScriptはMicrosoft製ブラウザ専用、つまりはInternet Explorer専用といっても過言ではない。

当ブログにはアクセス解析が入っていて、様々な解析結果の中には、使用ブラウザの項もある。
「Internet Explorer 6.0」を使っているPCが11%もあるのだよ。
上述したお客様環境での制約があるから未だにIE6を使っているのか、単にWindowsUpdate(MicrosoftUpdate)を実行していないだけなのかは不明だけど、11%の方々が使っているという事実がある。

切な願いとしては、IE限定を外し、どんなブラウザでも同じように処理できるよう、柔軟なWebアプリとして欲しいのです。
仮にそれができないのなら、せめて最新のIEで動くようにして欲しい。
いつまでもお客様にサポートの切れたアプリケーションを使わせるわけにはいかないしね。
サポートの切れたアプリを使っていたことが原因でセキュリティホールを突かれて事故(システム破壊ならまだカワイイ。情報漏洩なんかしたらどうなるんだ???)が起きたら、それは最終的には我々システム屋の責任となってしまうのだから。
Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ