雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

バキュームメーター

【自己責任】バキューム計取り付けへの道

 以前のヴィヴィオにも取り付けていたバキューム計(負圧計)を、ノートにも取り付けるべく、注文しました。また商品は届いていないのですが、今度は電気式のバキューム計なので、エンジンルームから車内へバキュームホースを取り込む必要は無く、電気配線のみを取り込むので配線配管は以前よりは楽になると思います。
↓バキューム計
オートゲージ バキューム計 RSM52Φ エンジェルリング ホワイトLED メーターフード付 オートゲージ バキューム計 SM60Φ ホワイトLED ワーニング メーターフード付
 取り付けは楽になる、そう思っていたのが大間違いです。ノートに搭載されてるHR15DEエンジンは、負圧を取る場所が限られているようで。車種で絞らずにエンジン型式で検索してみると、どうやらインテークマニホールドとブレーキマスターバックを繋いでるホースから分岐させてるみたいなんですよ。ブレーキ関係に手を加えてまで負圧計を取り付けたいかと、ちょっと躊躇している状態です。
 躊躇する理由は簡単。「ブレーキは大切」だからです。下手すると事故につながる大切な装置ですので、正直、触りたくない。

 他に負圧を取れる場所があるか模索しておりますが、これだけ探しても見つからないのなら、無いかもしれない……。

バキュームメーターのススメ

私のヴィヴィオには「バキュームメーター」という計器が取り付けられています。
タコメータとバキュームメータ
右側の計器がバキュームメーター。※左側はエンジン回転数を指すタコメーター
何を計測するかというと「負圧」です。「負圧計」とも呼ばれたり。
詳細については別途検索して参照していただきたいのですが、簡単にいうとエンジンの空気の吸い込み具合を調べる計器です。

この計器は、アクセル開度に応じて指針がちょこちょこ動きます。
アクセルを全開に近づけると(加速時)指針は0に近づき、逆にアクセルを戻すと(エンジンブレーキ)指針は-0.8前後になります。

この計器を取り付けてから、無駄な加速が減りました。減ると同時に燃費も向上。
時として急加速が必要となりますが、それを差し引いてもトータル的な燃費向上に繋がっています。

先日、知人のステップワゴンを運転する機会がありました。
青森県と宮城県を往復しまして、当然高速道路を走行します。

私の普段の車とは違いますが、バキュームメーターの指針と足の動き(アクセル開度)が頭の中や身体でシンクロしています。

実は負圧は排気量に関係無くほぼ同じなんです。
アイドリング時の負圧はどのエンジンでも-0.6前後。
エンジンで違うとしたら排気量に応じた消費するガソリンの量です。
エンジンパワーが違うのでアクセル開度に応じたエンジン出力は違いますが、同じアクセルの踏み具合(スロットル開度)だと、負圧もほぼ同じ。

これは、理想の空燃比が決まっているから、メーカー各社がその数値に合わせる為にガソリンの量を調整しているのです。

まあ、細かい仕組みは置いといて、重要なのは、
「バキュームメーターの指針と足の動き(アクセル開度)がシンクロ」
です。

負圧計の指針が-0.4〜-0.6の範囲内で(写真のメーターだと青い範囲)、指針があまり動かない状態での走行が、もっとも燃費を稼げる走り方です。ガソリンもそれほど使わず、エンジン等車にも優しい状態。
指針があまり動かないという事は、アクセル開度もほぼ一定ということで、それ即ち速度がほぼ一定という事になります(登坂等はこの際無視して考えます)

高速道路で120km/h〜で走行している車が数多くいるけど……。正直、燃料の無駄です。

バキュームメーターで、指針が0に近づけば近づくほどガソリンをたくさん消費します。
空気がたくさん入ってくるので、上述した理想の空燃比に近づける為に空気の量に応じたガソリンを使用するのです。

借りたステップワゴンのメーター内にはECOランプがありまして、エンジンブレーキをかけた時や、平地走行でアクセル開度一定の時にランプが点灯します。
ほぼ全域でそのECOランプを点灯させてました。
脳内のバキュームメーターの指針が、右足の動きに合わせて動いていました。

ステップワゴンのエンジンの場合、110km/hくらいまではまだエンジンパワーに余裕があるようで、110km/h定速走行でECOランプが点灯していましたが、120km/hを超えていると、いくら定速でもECOランプが点灯する事はありませんでした。

100km/hでちょとした登坂を走行している状態と、120km/hで平地を走行している状態ではほぼ同じくらいの負圧(アクセル踏み具合)だと思います。
自転車で定速を保ちながら平地を走るのと、登坂状態で定速を保ちながら走るのでは、どちらが体力を消耗しますか?(=疲れますか?)
当然、登坂でしょう。みるみる速度が低下してきますから。
そういった理屈を考えると、上述した120km/h〜での走行は無駄なんですよ。

そして何より高速道路で100km/h超は違反ですしね。

バキュームメーターは、安い物で3,000円前後からYahoo!オークション等で出品されていますから、バキュームメーターを取り付けて、普段のご自身のアクセル踏み具合をチェックして、無駄なガソリンを使わないようにしてみてはいかがでしょうか。
Amazon
Profile

ぴろたん

Monthly Archives
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ