雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

フレッツ光

今度はNTT東日本の代理店から電話。

 今まではKDDI代理店からauひかりの営業電話が多々ありまして、KDDI本体にお願いして営業電話をしないように手続きしてもらいました。

KDDI代理店から電話がきた時の話
KDDIにauひかり勧誘電話を止めるように問い合わせた。

 その手続き後にKDDI代理店による勧誘電話が一切来なくなってスッキリしていたのですが、今度はNTT東日本から勧誘電話がありました。時間は20時30分を過ぎた頃。内容はうろ覚えですが、箇条書きにするとこんな感じ。
  • NTTの回線増強工事を行う
  • 増強工事を行うことにより今までの下り速度200Mbpsから1,000Mbpsへと速度が向上する
  • 今お使いのモデムが1,000Mbpsに対応していないので交換作業が発生する
 この3つを聞いて、これはNTTからの緊急工事連絡ではなく、単なる営業電話だと。さて、それぞれ3つの内容について1つづツッコミを入れていく。

★NTTの回線増強工事を行う
 →NTT東日本のインフラに関わる工事連絡は、電話ではなくお手紙(ハガキまたは封書)で通知が来ます。理由は、電話だと言った言わないの水掛け論になり、責任の所在が不明確になる為。

★増強工事を行うことにより今までの下り速度200Mbpsから1,000Mbpsへと速度が向上する
 →これも上記と同じように電話ではなくてお手紙での通知となる。また、200Mbpsから1,000Mbps(1Gbps)への変更は、利用者からの依頼が無い限りはNTT側で勝手に工事は行わない。

★今お使いのモデムが1,000Mbpsに対応していないので交換作業が発生する
 →200Mbpsに対応している機器なら、既に1,000Mbps(1Gbps)に対応しているのだ。ひかり電話を使っているのなら、例外無く1Gbps対応機器です。実際に我が家も以前までは200Mbpsで、NTTに連絡して1Gbpsに変更してもらったが、機器の変更が無かった。

 ちなみに、上記ツッコミ内容については、営業電話に対するツッコミそのものです。フレッツ光回線を使った光コラボ事業が始まり、その営業電話だと思うのですが、残念ながら既に我が家は光コラボとしています。色々とお話して、相手が「フレッツ光をお使いでは無いのですか?」と聞いてきたので、「ニフティ光を使っています。」と話したところ、対象外云々で電話を切られた。終了である。
 ただ、NTT東日本代理店も複数社存在していて、電話番号リストが出回ってるだろうから、また別の代理店から電話があるかもしれない。その時はその時で遊びます。んで、あまりにも内容が詐欺まがいだったら、NTT東日本にも電話勧誘停止窓口があるので、そこに連絡することとします。
フレッツ光サービス等の勧誘停止登録の受付について
キャプチャ
↑受付は平日の午前9時〜午後5時で、休業日は土日・祝日・年末年始だっってよ、ふざけてるね。116でいいかも。
 ちなみにKDDIは9時から20時で土日祝日も受け付けてる。
auひかりサービスの勧誘停止登録の受付について
キャプチャ

 別に営業電話が悪いとは言ってない、営業電話の内容が詐欺まがいだから糞だといってる。ただ、これら光回線については、わかる人間が自ら色々と調べて自ら申し込むので、営業電話は逆効果だと強く感じる。

 以上、我が家に来たNTT東日本代理店からの勧誘電話でした。今後、同じ様なお電話を受けた場合の参考になれば幸いです。

SoftBank・光BBユニットが届きました

昨日帰宅してみると、SoftBankからお届け物がありました。
届先の名義は私ではなくてNTT回線名義人である妻の名前となっていた。
てっきり私宛となると思っていたが、妻宛で届き、当然ながら妻は何も注文した覚えもなく、かなり不審に思われてしまったが、ここで事情を説明。半信半疑ではあるが事なきを得た。
というか、ホームアンテナFTの進捗状況を確認しても「お申込み内容確認」という状態のままでのこの光BBユニットの送付、私も驚きましたが、事は順調に進んでいるという証拠なのかもしれません。
届いた光BBユニットの箱
[PR]話題の Wii×フレッツ光 プレゼント!![PR]
P1000458
[PR]@nifty光ライフ with フレッツ[PR]
P1000459
[PR]FLET'S はじめよう光[PR]
P1000460
ふたを開けると、取扱説明書が1通、LANケーブル1本、ACアダプタとBBユニット本体が入っていました。LAN端子やWAN端子の他に電話のモジュラージャックがありました。
表を見ると、BBフォンとの接続状況を示すと思われるランプがあったので、Yahoo!BB加入者に配られるものと同じなんでしょう。この電話回線は当然ながら使いませんが、もしも可能ならSoftBankが提供する回線でIP電話(対ソフトバンク or 対Yahoo!BBフォン宛専用)としたいですね。仮にできても月額費用発生は必須でしょうけど。
そういえば、その昔にYahooがADSLモデムをタダで配ってたよな。
貰ったんだけどさ、返したかどうか記憶にない。たぶん誰かが返却してくれたんだろう。

接続は、ひかり電話対応ルーター PR-S300NE に、余っているLAN端子があるので、そこにこの光BBユニットを接続するだけでOK。PPPoEブリッジ接続はONだし、その他必要な設定はしてあるから、接続すればすぐに使える状態にはしてある。

ということで、あとはフェムトセル到着を待つだけとなりました。待ち遠しいですね。


フレッツスクェアより「フレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細」を調べてみると、セッション数のうち、フェムトセルが1となっているのを確認できた。
SoftBank経由でNTT宛申請が行き、追加となったのだろう。
また、
◎フェムトセルセッション分の料金はお客さまには請求されません。

という文章もあり、追加セッション分は無料ということも確認できた。
後日、フェムトセル到着前に一度、光BBユニットを接続してみる。
ひかり電話ルータ PR-S300NE の何かのステータスランプ、マルチセッション(PPPoE接続が複数)の時に色が変わるので、それでも確認したい。それは別途の記事とします。
お買い得ウィジェット
Profile

ぴろたん

livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ