PS/2端子で接続していたマウスとキーボードが不調(無反応もしくは動きが渋い)となったのは先週末の2009年09月26日(土)。
画面上には「keyboard error or no keyboard present」の文字。

PS/2端子が逝ったのだろうと,キーボードとマウスをUSB端子に接続して動くか確認をし,動作したのでUSBのHUBを購入,キーボードとマウスをUSB接続として使っていたのだ。

USB HUBを購入した際にふと思った。
「あと2つくらいUSBポートが欲しいよな。」
と。

以前,接続に失敗した古いPCの前面用USB端子が余っている。
これを再度マザーボードに挿してUSB端子を増やそうと試みた。

前回の失敗を踏まえて,色々とネットで情報を得る。
使っているマザーボード「MX4GR」のマニュアル(英文:PDF)をダウンロードして,USB関連の場所をしっかり頭に叩き込む
(増設作業中はPC起動できないからね)
ふむふむ,なるほど。今度こそ上手く接続だ。間違ってはいないはず。

接続が完了してPCの電源を入れる。
電源を入れてから「プッ」という音が出るまで,以前より1秒ほど時間がかかっていると感じたが特に気にしなかった。

が,その遅延はやはり気にするべきだった。
接続しているHDD等のドライブ一覧を表示する際,1文字を表示する毎に嫌な感じでププププププププと音がするわけです。

そして以前にも出た「keyboard error or no keyboard present」というメッセージが再び表示されてしまった。

とりあえず自宅でのネット使用(PC使用)は諦めて,月曜日に会社で原因を調べることとしました。

「BIOSの初期化」「CMOS初期化」というところに到着し,会社上司に許可を得た後にいったん帰宅してそれらを試みる。

・・・・・・。

マニュアル通りにリセットしたさ,初期化したさ。でもダメだ。
今度は電源を入れても,ただCPUクーラーのファンが回るだけでPC自体は起動しない。
PC本体を見ると,いつもなら電源ON後に点灯するはずの電源ランプが消灯状態でHDDアクセスランプが点灯しっぱなし。
HDDに触れてみても,モーターが回転している様な振動も感じない。

PCは終わったか。いよいよ臨終か。
今のPCは2002年9月から使い始めている。7年も使えば寿命か。
まあ色々と勉強させてもらったPCでもある(初の自作PC)。

とりあえずPC復活は諦めて再度会社に向かう。
会社より再び検索してみると,まだ復活する可能性が残されているようだ。
マザーボードの拡張スロットに刺さっている全ての機器を取り外したりと,起動する最小限の状態にしてから再び電源を入れてみるといいみたいなのだ。

これで復活するかどうかは不明だが,やってみる価値はある。