以前に取り付けた ミラリードGT-5002 というフォグランプ。
ミラリードGT-5002取付時の写真
フォグランプとしては全く使えないこのランプは、あくまでも他者から見られる被視認性として使うべきものと割り切るのです。
(法律上ではフォグランプとして扱われるので点灯する条件等はその点灯方法に準拠してなければなりません)
ということで、たまたま点灯する機会があったので、配光を撮影してみました。
車を止めてある場所の関係上、多少前傾姿勢ではあります。

フォグランプは本来横方向に広く浅く照射すべき物なのですが……。

ミラリードGT-5002単体配光
ご覧のとおり、見事にスポット照射でございます。上述したフォグランプとして全く使えないというのはこの事でございます。
ミラリードGT-5002+ヘッドライトロービーム
ちなみにヘッドライトもさらに点灯させてみました。
フォグライトが照射している範囲を上書きするイメージでヘッドライトが照射していまして、本当に無意味な状態。それでいてグレア光が多いので、対向車が多い夜間での使用は取付けてから封印しています。

ということで、このフォグランプ単体での使用ではなく、ヘッドライトと併用で昼間の悪天候時に使うべきランプと自分の中で決めつけました。

これから寒くなって冬を迎えますが、雪が降りますよね。基本、降雪時は降雪量に関係なくライト点灯してますので、その時にヘッドライト+フォグランプで行こうかと。

フォグランプ+ハイビーム照射してみました。
ミラリードGT-5002+ハイビーム ロービーム
左側がフォグランプ+ハイビーム、右側がロービームのみ。
フォグランプの配光がそのまま残っていますが、ハイビーム自体はロービームの照射範囲を殆ど照らしていないので、ハイビームに連動したワイドに照らすドライビングランプが欲しいのです。
HID化よりもドライビングランプが欲しい。

ヘッドライトに使っているバルブは、PIAA・クリアホワイトXです。
今使っているバルブが切れたら ナイトパワープラス に交換します。