雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

050IP電話

VE-TA10の罠

 OCNドットフォンを申し込むともれなく貰えるVoIPアダプタ(VE-TA10)ですが、ヤフオク等で入手できます。この機器は、ナンバーディスプレイ関係でちょっとクセがあるのでその覚え書きとして。

 我が家はフレッツ光ネクスト回線でひかり電話を使っています。ほぼ着信専用の電話回線なので、ナンバーディスプレイ等の付加オプションは一切無し。プロバイダは@nifty。050IP電話の@niftyフォンCを使っています。
 今までは、NTT製のVoIPアダプタを月額380円ほどでNTTよりレンタルしていましたが、ヤフオクで上述の機器を落札したので、レンタルをやめてその機械を使う事にしました。

 ケーブルやSIPサーバーなどの設定はすぐに終わり、発信テストをして問題無い事を確認しました。
  1. 050IP電話から携帯電話
  2. 携帯電話から050IP電話
  3. 050IP電話から050plus
  4. 050plusから050IP電話
上記4つの発信のテストを行い、ナンバーディスプレイ対応の電話機に電話番号が表示される事を確認しました。
※@niftyフォンCは標準でナンバーディスプレイ対応です。

 ひかり電話での発着信はどうだろうかとこちらも確認する。発信する電話番号の前に0000を付加すると、050IP電話ではなくてひかり電話で発信します。
 0000を付加して私の携帯電話宛に発信し、ひかり電話の番号が表示されたのを確認しました。では逆はどうだろうかと、携帯電話からひかり電話宛に発信してみました。すると、携帯電話のスピーカーからは呼び出し音がなるが、電話機の着信音は鳴らない。それどころか、電話機でワンコール鳴った直後に自動応答的に通話となり、約1秒後に切断される

 色々と調べた結果、どうやらVE-TA10のナンバーディスプレイと電話機のその設定が関係していました。

 VE-TA10はナンバーディスプレイを使用する設定で、ひかり電話(ナンバーディスプレイ契約無し)に着信時、
  1. 電話機側でナンバーディスプレイを使用する設定
  2.  →着信音は鳴らずに、ワンコールで通話状態になる
  3. 電話機でナンバーディスプレイを使用しない設定
  4.  →着信音は鳴り、通話状態にならない。(※正常な着信状態)
 これがわかるまで何度も発信して、その度に無駄な通話料金が発生してしまった。電話機とVE-TA10の相性なのか分かりませんが、何とも納得のいかない仕様。まぁ、正規の利用ではないのでサポート対象ではない。よって、諦める。

 また、当然ながら電話機のナンバーディスプレイを使用しないとした場合は、050IP電話宛に着信があっても番号は出ませんが、VE-TA10で、ナンバーディスプレイを使用する設定なら、電話機の着信音の違いで、ひかり電話宛の着信か050IP電話宛かの判断ができます。もっとも、050IP電話番号宛に電話してくるのは、家族しかいませんので、番号が出なくても特に不都合は無いです。調べれば解決策が見つかるかもしれませんが、暫くはこのままで運用します。

 VE-TA10でナンバーディスプレイを使用する設定の状態で050IP電話宛に着信した場合、短い間隔の着信時に電話に出ると切れてしまうことが判明した(取扱説明書に明記有り)。それを回避するにはVE-TA10のナンバーディスプレイを使用しない設定にしなければならない。

 という事なので、ナンバーディスプレイが不要な方は問題有りませんが、ナンバーディスプレイを使用したい方については、OCN以外で050IP電話を使う場合は、素直にレンタル料金を払って、正規の使い方をおすすめします。

050 plus v.s. FUSION IP-Phone SMART

 朝は寒い、昼間は暑い。そんな中、FUSION IP-Phone SMARTが正式サービスとなりました。

 FUSION IP-Phone SMARTは何かというと、要はIP電話サービスです。
β版ではSIPアプリを自由に選択して、各設定をして使えてたのですが、正式サービスとなり、専用アプリ「SMARTalk」の提供もできました(引き続き自分で好きなアプリを利用することも可能)。

 既にFUSION IP-Phone SMARTのアカウントを持っている私は、早速SMARTalkをiPhoneにダウンロードしてインストールしました。このSMARTalkというアプリは、「Acrobits Softphone」がベースになっていて、何より嬉しいのがバックグラウンド起動が不要でプッシュ通知対応な事。

 既に同様のIP電話サービスを提供している050 plusにとって良きライバルとなりますな。050 plusのメリットは、NTTコミュニケーションズが提供しているということもあって、無料通話可能な050IP電話番号の数が多い事。
 逆に、デメリットは、月額費用が315円かかることと、専用アプリがプッシュ通知非対応の事(バックグラウンド起動必要)。050 plusはある意味発信専用のアプリと化しています。
(※050 plusについては、SIPアドレス等を別途設定すれば、汎用的なSIPアプリでもプッシュ通知対応可能)

通話料金は、対携帯電話宛ならFUSION IP-Phone SMART050 plusも1分あたりの通話料金16.8円と同じですが、課金単位が050 plusが1分16.8円なのに対し、FUSION IP-Phone SMARTは30秒8.4円なので、時と場合によってはFUSION IP-Phone SMARTの方が安くなる。対携帯電話以外は050 plusの方が安いです。

通話料金比較
FUSION IP-Phone SMART > 料金プラン
050 plus おトクな通話料

 FUSION IP-Phone SMARTの最大のメリットは月額料金が無料な事。ユニバーサルサービス料金もかかりません。

 両アプリに共通してるのは、同じアプリ同士なら、キャリアが異なっても通話料が無料。キャリアの垣根を超えて無料通話できるアプリは、既にLINEカカオトークViberSkypeなどがありますが、個人的には通信キャリアの提供するこの電話サービスの方が良い気がします。

 スマートフォンユーザーの方、クレジットカードが必要ですが、このサービスに登録してアプリを入れる価値はあると思います。現時点ではiPhoneだけですが、Android版も提供されるとの事ですので、ぜひ入れましょう。

詳しくはこちらを見てください。

スマートフォン向け無料通話アプリ・IP電話なら050 plus
http://050plus.com/

スマートフォンの通話料をトコトン安くする FUSION IP-Phone SMART
http://www.fusioncom.co.jp/kojin/smart/

iPhoneで050IP電話が使える!

ViberのAndroid版が出てないかなぁと検索していたら、 AGEPhoneというSIPアプリがあるのを発見し、早速インストールしてみました。

このアプリは優れもので、050IP電話が使える設定ができるそうです。
EM ONE + Nifty Phone C - エイジフォン Wikiより設定方法を取得し、プロバイダのIP電話設定情報を見ながらiPhoneに値を設定しました。
設定後、自分の別の携帯電話宛にAGEphoneを使って発信すると、おぉ、090〜ではなくて050〜での着信となっている。期待は高まる。

050IP電話は、発信先の番号によっては無料通話が可能なのです。
各社プロバイダのIP電話関連ページに無料通話対象範囲が載っているのでそれを確認すれば良いのですが、私の場合には実家と嫁の実家と友人宅がそれぞれNTT系列のIP網を使った050IP電話を使っているので無料通話が可能です。
iPhoneを含んだソフトバンクでホワイトプランを契約していれば、毎日1時〜21時は通話無料ですが、050IP電話の場合は、24時間365日通話しっぱなしでも通話料はかからないのです。3G回線を使った場合にはパケット通信料が発生しますが、iPhoneの場合には定額または上限額が設定されているので実質無料ですね。

フレッツ回線(自宅インターネット回線)以外での050IP電話番号の使用はプロバイダの想定外と思われますが、念のために契約しているプロバイダにこの使い方で果たして本当に無料となるのか問い合わせているところですが、個人的には問題無く無料通話が可能だろうと予想しています。

話を戻します。お試しで発信した通信環境はWi-Fiだったので、今度はソフトバンク3G回線で発信してみました。こちらも050の番号での着信を確認しました。ということなので、050IP電話宛てには、このAGEphoneを使うほうが良いということが判明しました。

気になる点があるのでついでにそれも実験。

自宅にはソフトバンクより頂いたFONルーターがあります。
FONルーターの詳細は省略しますが、FON環境で使えるか気になった?
iPhoneのWi-FiをFONルーターに接続。SSIDはMyPlace。同じようにAGEphoneから携帯電話宛に発信してみると、しっかりと050〜で着信があり、問題が無いことを確認。

ではFON_FREE_INTERNETではどうか?
残念ながらこちらのSSIDでは発信ができませんでした。
AGEphoneにてVoIPサーバーとのリンクが確立されませんでした。
※追記しましたが「FON_FREE_INTERNET」でも使えました。

これは何を意味するか?

まだ実際に試してはいないのですが、ソフトバンクがここ最近増やしているWi-Fiスポットにて、Wi-Fi経由でAGEphoneを使った発信が不可能かもしれないということです。
まあ、その時は3G回線を使わせてもらえばいいのですが、やはり回線が太いWi-Fiの方が音声はクリアだし安定すると思うのですよね。

こういった技はスマートフォンだからできることであって、通常の携帯電話では不可能である。
遊ぶだけじゃない、メールだけじゃない。
まだまだ大いなる可能性を秘めているスマートフォンの開発に携わりたいなと日々思うのであった。

AGEphone (iTunes Store)続きを読む

交換手続き完了

昨日NTTにサイトから問い合わせした050IP電話機器の交換の件の回答が来た。
電話してくれとのことなので0120-116-116へ。

[1回目]
電話でオペレータに問い合わせ。電話に出たのは30代後半くらいの女性。

現在レンタルしている050IP電話機器WebCasterV110VoIPアダプタに交換したいが可能か?
→電話番号やら契約者氏名/住所を告げて契約内容確認
 →VoIPアダプタのレンタルは終了しているのでお買い上げしかないと回答

「そうなんですか。」と,とりあえず一旦電話を切る。
早速Googleさんにお世話になる。
VoIPアダプタ レンタル終了」で検索実行。

 そ ん な 記 事 は ど こ に も 見 当 た り ま せ ん が

NTT東日本のサイトも検索(検索って便利)。当然ヒットせず。

再度電話

[2回目]
電話でオペレータに問い合わせ。電話に出たのは20代前半かな。
(女性は電話の声は何故かトーンが高いゆえに電話の声だけだと若いと錯覚する)
現在レンタルしている050IP電話機器WebCasterV110VoIPアダプタに交換した
いが,VoIPアダプタのレンタルが終了すると聞いたが本当か。
└→確認しますとの事
  └→レンタルしてます
└→電話番号やら契約者氏名/住所を告げて契約内容確認
  └→発送手続き完了及び返送方法の指示を受ける

やっぱ若い娘っていいね。色々な意味で若い娘っていいよ。

と,ハイスピードタイプの申込方法もついでに聞いてみた。
11月13日(金)から申込受付開始で(提供開始と勘違いしていた),11月20日(金)から提供開始だそうで,私の場合には局内工事で済むそうなので2,100円(税込)かかるとの事。
下りが最大200Mbpsかぁ。でも,自宅内だとその光速の恩恵は私だけ。
他のノートPCは無線としちゃってるからなぁ。

フレッツ・光が開通

フレッツ・光が開通した。フレッツ光ネクスト

同時にひかり電話も申し込んで,ひかり電話ルータ(PR-S300NE)が設置された。
P1000128

工事自体は1時間チョイで終了。業者も慣れたものだな。
P1000135
これはひかりコンセント。既存のメタル電話線が外部からCD管の中を通ってここまで来ていまして、その中を光ファイバーケーブルを通します。
右上から外周を通るようにして左下に走っているのが外からの光ファイバーケーブル。
青いコネクタ→白いコネクタで、そこから上記のPR-S300NEに接続。

050IP電話も使うので,IP電話対応機器が工事日の前々日に送られてきた。
こちらはBフレッツ開通後に自分で設置する必要がある。

★050IP電話を使う場合のお話
送られてきた050IP電話機器は,ルータ内蔵の「Web Caster V110
NTT東日本のサイト及びひかり電話ルータの取扱説明書を見ると,ひかり電話ルータにPPPoE設定をしないで,V110にPPPoE設定をし,それでネットをしろとの事だった。

と,何故このV110が送られてきたのだろうか。
某掲示板のログを見ると,どうやらNTTコンサル側のマニュアル通りの判断が原因でV110という機器が送られてきたようです。

★フレッツ・光の申し込みの時
それまで,ADSLを使っていて,引越と同時にフレッツ・光に切り替えた。
プロバイダ経由で申し込みをし,後日,NTTコンサルタントから確認の電話が
あるとの事。
そして後日,確かに電話がありました。

・いつ工事を行う?
・工事を行う建物のタイプは?
・ひかり電話の番号はどうします?

などと,工事関係の事を聞かれ,

・無線LANは必要ですか?
・050IP電話を使う?
・複数台のPCを使うか?

と,今度は環境を聞いてきた。

この環境の質問で,

・050IP電話を使う?→Yes
  └→複数台のPCを使うか?┬→Yes→Web Caster V110
              └→No →VoIPアダプタ

これが,上述した「NTTコンサル側のマニュアル通りの判断」という事。
私は,
・050IP電話を使う?→Yes
・複数台のPCを使うか?→Yes
と答えた為に,→Web Caster V110が送られてきたとの事だ。

ひかり電話ルータ,ルータと名がつくくらいだから,複数台PC接続はOK。
しかもひかり電話ルータのLAN側はギガビット対応している。
が,→V110のLAN側はギガビット対応していない。
こんな型遅れルータ使えるかっ!!!

嘆いている暇があったら対処法が無いか調べろってね。
ささっと「Web Caster V110」で「アダプタ」モードで050IP電話が使えるかどうか調べてみた。
すると,使えるみたい。但し,但し!「NTT西日本」エリアでのみ。
NTT東日本エリアでは「Web Caster V110」をアダプタモードにしては使えないようである。何この腐った仕様。
試しに「Web Caster V110」をアダプタモードにしてみたよ。
アダプタモードでもネットは繋がるみたい。
速度もそれなりに(光回線の速度が)出ます。

でもやはり050IP電話は使えない。VoIPランプは消灯のまま。
050の番号に携帯電話からダイヤルしてみると話し中となっていて,電話機から発信してみようとダイヤルしてみても発信不可。
VoIPサーバへのリンクが確立されていないから発信できないのは当然か。
(0000付加してダイヤルしたらひかり電話となって発信はできました)

ということで,まずはNTT東日本に問い合わせてみる。050IP電話対応機器を交換できるか?
(レンタルタイプだから交換できると思いますけど)

交換OKなら,即交換だ。

ダメなら……。残念だけど諦めるしかない。
型遅れルータといっても50Mbps超は出てるしねっ。

でも,「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ」というサービスが近々提供エリアになるわけでして,そうなったら上限100MbpsのWeb Caster V110を使っていると,せっかくの高速回線を生かしきれてないわけで……。


Profile

ぴろたん

Monthly Archives
livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ