雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

BD-HDS53

ホームネットワーク

色々とトラブルがありましたシャープのBlu-rayレコーダ[BD-HDS53]ですが、起動やレスポンスが遅い等の不満点は多いですけど、とりあえずDLNAサーバーとして機能することがわかりました。

先日、会社の仲間よりPrinceton22インチワイド液晶ディスプレイを譲り受け、それが著作権保護技術「HDCP」に対応しているとの情報を得たので、早速DVI-Dケーブルを注文して接続。視聴ソフトはDiXiM Digital TVを使用。
1Fの居間に設置しているレコーダで録画した番組を、2Fの寝室のPCで視聴することに成功しました。
上記から、DTCP-IPに対応した機器であれば、他社製品やPCを利用して、BD-HDS53で録画した番組を視聴することが可能と思われます。

シャープサイトを見ると、最近はホームネットワークを意識し始めたのか情報が増えてきましたが、まだまだ情報不足と感じます。もっと柔軟に対応できるようになれば良いかなと思います。

Blu-rayレコーダ[BD-HDS53]の2回目の修理内容

先日修理に出したシャープBlu-rayレコーダ[BD-HDS53]の修理内容について、ケーズデンキより連絡を受けた。
修理に出す際、ケーズデンキ内部での修理ではなくて、シャープへ修理依頼をしてくれとお願いしており、シャープからメイン基盤とハードディスクを交換したいとの事を受けての私への連絡だった。

Yahoo!知恵袋で、私と同じ製品を購入した方の質問を見つけた。その内容は、購入して1年以内に私と同じような症状が発生し、その人は新品と交換してもらったとの事。私の購入時期も知恵袋の質問者とほぼ同じ時期であることから、やはり初期ロットによる不良品なのだろうか。
今回の私のこの修理内容も、つまりは中身の入れ替えという感じだろう。外側だけそのままで中身が新品になる。だったら初めから新品をよこせと。

ハードディスクが交換されるという事なので、当然ながら今まで録画した番組は全て消える。本体設定もすべて初期化され、購入時の状態に戻るわけだ。

私は別にかまわないが、録画していた子供向けの番組が消えてしまうのが痛いですね。まあ消えてもDVDレンタル等で見られますけどね。
これを機に、大切な番組はすぐにDVD等にコピーすることを心がけますか。

シャープ Blu-rayレコーダ[BD-HDS53]の不具合

昨晩の事、子供たちがDVDを見ていた。
寝る時間だよと、子供たちを寝室に連れて行きつつ、レコーダの電源をリモコンでOFFにする。

翌朝、つまりは今朝ですね。
レコーダの電源が入りっぱなしなのに気付き、妻が録画予約でもしたのかなとレコーダ本体のディスプレイを見ると

「OFF」

のままフリーズしている感じ。
テレビ電源を入れ、入力切替で確認すると「電源を切ります〜」という状態だ。
DVDを取り出すことができずにお手上げ。
おかしいですね。おかしいです。

本体のリセットスイッチを押して電源を切り、再度電源を入れるととりあえず通常起動し、朝の情報番組の録画したい部分が録画できました。

仕事から戻った妻が録画した番組を見ようと電源を入れると、HDDとBDのランプが同時に点滅を始める。ディスクトレイも開かずどうにもならない。リセットスイッチを何度か押し、電源ケーブルを抜いたりして再起動をしても症状は変わらず。

妻がシャープに電話して症状を担当者に伝えると、修理に出した方が良いとの事。
翌日にでも購入した販売店に相談してみる事とします。

2010年7月3日に購入し、1年の保証期限が切れた直後に故障って……。

シャープにもいつの間にかタイマーが内蔵されたようです。

ネットを探ってみると、同じような症状がありました。
【Yahoo!知恵袋】シャープのdvdレコーダーBD-HDS53についてです。

i.LINK経由で録画してみた3



自宅のテレビはSHARPのLC-32BD1という液晶テレビでして、これにはi.LINK端子があります。
先日購入したブルーレイレコーダー BD-HDS53にもi.LINK端子があって、同じSHARP製のテレビと接続することでi.LINK端子経由での録画が可能です。
取扱説明書をよくよく読むと、どうやらi.LINK端子経由とブルーレイレコーダー BD-HDS53内臓チューナで2番組同時録画が可能のようだ。

先日、たまたま録画したい番組が重なったので、実験を兼ねて取扱説明書を見ながら録画予約をしてみる。
まずは、Blu-rayレコーダ内臓チューナによる番組表から普通の予約。録画画質は選択可能だったので、高画質ではない設定とする。
次に、テレビに内蔵されている番組表機能で、上記で設定した別の番組を選択して、視聴予約ではなくてi.LINK録画予約と設定。
上記テレビの予約設定が完了したら、最後にBlu-rayレコーダにて日時を指定して予約する。その予約の際のチャンネルはi.LINKとする。これでi.LINK端子からの映像/音声を録画するわけだ。

ただ、正規のダブルチューナではないので色々と制約がある。

まず、録画画質が選択できない。常に最高画質。変更ができない。
i.LINK端子からの入力にエンコードが対応していないのか、それともそういう規格なのかは不明だが、i.LINK端子経由で入ってきた映像ソースをそのまま記録するようだ。

なので、内臓HDDに十分な空き容量が無い場合には、i.LINK端子経由での録画は難しい。

そしてテレビ側にも制約がある。テレビ側で予約した番組以外を見ることができないのである(確認中だけどそんなこと書いてあった)


Blu-rayレコーダを購入する際に、ダブルチューナ搭載機種も検討したんだけど、私や家族の使用用途を考えると、これで十分じゃないかと感じます。

ということで、最近はテレビとブルーレイレコーダー BD-HDS53の取扱説明書が愛読書となっています。


Profile

ぴろたん

Monthly Archives
livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ