雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

PHILIPS

PHILIPSからIPFへ

 PHILIPSのLEDライトですが、運転席側に取り付けてあるLEDバルブのロービーム側のLED素子3つの照度が低下する事象が発生しました。斜め上方に出るカットオフラインの、運転席側が暗くなりました。壁に照射すると明らかに暗いです。この事象をPHILIPS社に問い合わせたところ、保証期間内(〜2018年11月)だったので交換していただけることになりました。ただ、同じ製品はモデルチェンジをしたようで、交換前の6200Kの同等品という事で、こちらの製品を送ってもらえることになっています。

 不具合を確認した後に取り外し、ハロゲンバルブに交換したのですが、我慢ならずに別製品を購入しました。購入した製品は、IPF製のLEDライトです。これは、以前にPHILIPSのとどちらを購入しようか迷った製品であり、最終的にはファンレスという事でPHILIPSにしました。その後、IPFのLEDの不具合報告記事をチラホラ見るようになり、PHILIPSで良かったと思っていましたが、IPFにも改良が加えられ、不具合も少なくなっているようです。

 さて、PHILIPSとIPFとの比較ですが、どちらも照射には斑が出てしまいます。というのも、ハロゲンバルブの光源はフィラメントであり、それは「線」で発光しますが、LEDは「点」で発行し、それを並べて「線」にしているため、どうしても点と点の間の発光していない箇所が斑となってしまいます。実用的には問題は無いのですが、気になる人は気になるでしょう。
 カットオフラインについてはIPFの方がしっかり出ています。PHILIPSもカットラインは出ているのですが、若干ラインがぼやけている感があるのに対し、IPFはハロゲンバルブのカットオフラインに近い状態で出ています。しかし、両社とも対向車や先行車に対して迷惑になるような状態にはなってないので、その点は素晴らしいと思います。
 IPFのカットオフラインや照射状態については、別途掲載いたします。

PHILIPSのT10型LEDにしてみた

以前から気になっていたPHILIPSのT10型LEDが、ドン・キホーテで1000円チョイで売られていたので購入してみました。
DSCN1064 DSCN1063
 この製品は、PHILIPSの「ヴィジョンLED シリーズ」として、同社のLED製品の中では安価で、純正置換相当品としてラインアップされています。ですので、劇的に明るくなるわけでもなく、あくまでも純正相当の明るさを求めての製品です。また、保証期間も12年と、かなり長くなっています。このシリーズのT10型のLEDバルブの色温度は6000Kで、光束は45lmとなっています。それを踏まえて。
 同じくPHILIPS社からは、「X-treme Ultinon LED」シリーズとして、「T10 360° セラライト ポジションランプ」という製品が出ています。こちらは、ヴィジョンLED シリーズよりも上級グレード製品の位置付けとなっています。
 「X-treme Ultinon LED」シリーズのT10 360° セラライト ポジションランプの色温度は6700Kと6200Kとあり、光束は50lmです。
 ヴィジョンLED シリーズのT10バルブが45lmに対し、T10 360° セラライト ポジションランプは50lmと、差は5lmとなっています。この程度の差なら、車両取付時の明るさ(全光束)にそんなに違いは無いだろうと判断し、ヴィジョンLED シリーズを購入しております。
 結果、実用上は全く問題は無いですね。ヘッドライトに取り付けてあるH4 LED ヘッドランプH8のフォグランプの色と同じ感じになって、スッキリした感じです。

LEDヘッドライトで夜の霧の中を走ってみました。

vlcsnap-error123
 後付LEDヘッドライトは霧の中では見辛いという先行イメージがあるようですが、果たして……

 実は意外と見えてたりします。(約10分の動画を2倍速再生で約5分としています)。ただ、ドライブレコーダーの画質なので参考程度に留めておいてください。実際には、肉眼の方が見辛かったりします。
 この動画ではフォグランプも同時点灯しています。1:29辺りで、フォグランプの照射範囲の確認のため、一瞬ヘッドライトを消灯していますが、フォグランプの光は殆ど写っていません。真っ暗になります。
 2:01頃にハイビームに切り替えました。
vlcsnap-error650
ハイビームはスポット的な照射になっている気がしないでもない。

H_L_Change

 以上、LEDヘッドライトでの霧の中の走行でした。

LED交換手続きが完了

以下のブログ記事に関しての続報的な記事となります。
LEDでのリフレクター曇り、その後
 フィリップス社宛に問い合わせて交換手続きが完了しました。3年保証の範囲内なので、無料で交換ができました(送料も無料でした)。そして、届いた代替品を取り付けました。カットラインについては、交換前の製品と変わらずの綺麗な照射です。
IMG_5199
交換前の製品になりますが、簡単なレビューや動画を掲載していますので、ご参考までに。
ノートLED化への道:ヘッドライト編
 今度こそ、リフレクターの曇りや、接着剤の液だれが発生しない事を祈ります。

LEDでもリフレクタ焼け?曇り?

 PHILIPSのH4 LEDヘッドランプを使用していますが、まさかのリフレクタの曇りを発見しました。
IMG_5092 Img_5092_1
 赤枠が、LEDで発生した曇りと思われる箇所です。取り付け時には存在していなかったはずです(そもそも取り付け時に存在しているのなら拭き取る)。ただ、この曇りは、消灯時は目立たず(殆ど見えない)、点灯すると曇りが浮き出る感じです。後付HIDの時の曇り方とは違います。
 もう暫く様子を見ますが、曇りが増えてしまうようなら、ハロゲンバルブに戻すしかありません。追って報告します。

ノートLED化への道:ヘッドライト編

 諸事情により、PHILIPSのH4型LEDバルブを入手することができました。この製品は2ちゃんねるで評判が良いので楽しみです。
image
 早速取り付けて点灯してみます。
運転席側ライト 助手席側ライト
 色温度は6200kとの事ですが、この写真からでは4500k〜5000k程度に感じますね。ちなみに以前に装着していた4300kのHIDライトはこんな感じ。似たような色合いです。
LED車幅灯&HID4200K
 さてと、照射した状態はどうでしょうか。カットライン\_\_を確認です。
照射画像 2015-11-30-19-07-21 IMG_5021[1]

 とりあえずiPhone5で撮影した画像ですが、意外としっかりと出ています。グレア光もハロゲンの量とあまり変わらず、対向車にとって目潰し光線となるような状態ではないでしょう。ただ、この写真ではわかりませんが、気になる点があります。左上がりの\ですが、LEDの形なのか、近くで照射すると■が並んでいるのがわかります。その写真については、機会がありましたら撮影してこのページにアップしようと考えています。
2016-03-15-22-32-24
IMG_5212
IMG_5210
正面から見てみると、ロービーム時、リフレクター上部に当たる光が弱いのがわかります。ただ、実用上は問題無いです。
 動画を掲載します。撮影した機材はドライブレコーダーユピテルDRY-FH200です。
 参考までに、HIDの時とハロゲンバルブ(サーキットクリア)の時の動画も掲載しておきます。同じ道を走行しています。




 取付後の様子。LED素子がリフレクターにどの様に反射しているかを、ライト正面から見てみました。黄色いのがLED素子です。注目して欲しいのはロービーム用のLED素子の映り方です。


 ロービーム側は、スプーン(遮光板)でしっかりと素子がカットラインのリフレクタに反映されていますね。リフレクタカットラインの左側の斜め線/の下に映るLED素子はハイビーム用です。

続々とH4型のLEDが出てます。

レーシングギアより、H4型LEDキットが登場したようです。

レーシングギアの製品ページに商品情報が掲載されました。激安の中国製の製品とは違い、しっかりと計算のうえ設計されてるとは思いますが、やはり後付の製品でしょうから、ハロゲンバルブのような配光とはならないと思います。

 ということで、他の方がの取り付け情報の詳細をもう少し待ちましょう。



CATZからもH4型LEDが登場しました。これは、RGのOEMと思われます。


RGやCATZについては不点灯(故障)報告が多々あるようです。

 小糸製作所からもH4型のLEDが登場しました。


 PHILIPSからもH4型LEDが登場しました。

PHILIPS(フィリップス)エクストリームアルティノンLED H4 ヘッドランプ 12953X2を入手しました。
ノートLED化への道:ヘッドライト編


 IPFからも発売されました。



 BELLOFからも発売されました。



 どうやら2ちゃんねるでは、H4型の後付LEDなら、PHILIPSかIPFかと2択となっているようです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 最近は事情が変わってきていまして、中華製の安いLED製品が出てきており、性能(配光等)がそこそこ良いので、以下のような製品がイチオシのようです。
【e-auto fun正規品】車検対応 12V専用 LEDヘッドライト H4切り替えタイプ 最新型ソールCSPチップ搭載 Hi25W/Lo25W×2 Hi4000Lm/Lo4000Lm×2 ホワイト 6500K 一年間保証X1CSP01


「SUPAREE」H4 Hi/Lo LED ヘッドライト 車検対応 フィリップス PHILIPS Lumileds LUXEON ZES CHIP 8000Lm 6500k ファンレス 一体型 角度調整機能付き ハロゲンフィラメント

 これら製品ですが、FMラジオにノイズが出たりと、若干の難ありのようです。それらの対策ができる方や、特にラジオのノイズが気にならない方なら安価にLED化できて良いかもしれません。

 PHILIPSやPIAAを模倣した製品がゾクゾクと登場してきていますわ。
Profile

ぴろたん

livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ