雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

SoftBank

0120-951-925 からの着信がありました。

今日の午前中ですが、タイトルの「0120-951-925」から私の携帯電話宛に着信がありました。フリーダイヤルでの着信は何らかのセールスだろうと思ったら、案の定、セールス電話でした。
 電話の内容は、SoftBank Airの売り込みでした。以前にYahoo!JAPANのサイトで、自宅のインターネット環境や携帯電話の利用状況アンケートがあって、それに回答して、回答者でキャンペーンに適用する人に順次電話してるんだと。
 まあ、SoftBank Airの評判は最悪で、というか自宅に既にインターネット回線があるので不要なのです。

 で、ちょっと残念だったのが、セールスの電話の知識ね。ソフトバンクの製品を売ってるのだから、ソフトバンクの契約プランの内容くらい把握しておこうよ。

 知識不足だなと感じたやり取りは以下、概要。

営業男「お使いのプランでは月に7GBの上限がありますよね。」
私「いいえ、私の契約では月7GBの上限はありません。」
※実際に上限は無い。↓
通信速度の制御について
キャプチャ
営業男「現在の状態では月7GBの制限があるのです。」
私「はぁ……(無知な人間と確定した)」
 私の声のトーンが一気に下る。相手もそれを察したのか、喋ることだけ喋って、最後に、
営業男「ソフトバンクをご解約予定が無ければ2年間SoftBank Airをご利用いただけませんでしょうか。」
 それを聞いた私は、ズバっとこう答えた。
解約予定があります!
 電話口の声のテンションが一気にダウン(笑)。終了である。
 今回のこの電話では、客の意見に対して聞く耳を持たない、話す価値の無い営業電話という事が残念であり、腹正しかった。
 今後、この様な電話がある時のために、今一度、自分が利用している携帯電話の料金プランの確認してみてはいかがでしょうか。また、それをきっかけに料金見直し(他社へMNPや不要オプション解除等)も良いかもしれません。

脱ソフトバンクへの道(MNP転出手続き)

 7月よりソフトバンクからMNPするためにMNP転出番号を取得する必要があり、#5533へ電話して手続きを行った。今回MNPを行う電話番号は妻名義なので、妻に電話してもらいました。
 色々と引き止め作戦をソフトバンク側が行ってくるよ(例えばポイント付与や特別料金でのプラン案内等)と予め伝えておきましたが、妻はよくわかってなかったようです。
 そして電話してみました。今回はポイント付与してきました。46,000ポイントありますが、転出の番号を発行するとそのポイントが使えなくなりますので考えなおすことをオススメしますよと。
 46,000ポイントですか。しかも付与じゃなくて、そのポイントが既にあるって。はぁ?寝言は寝てから言えよ。そんなポイントありませんから。何度もMy SoftBankを確認してる私ですから。

 ソフトバンクの引き止め作戦の1つのポイント付与は、付与するのではなくて既にあるような案内に変わりつつあるようです。
 ということで、そんなのを無視して、無事にMNP予約番号を取得しました。次はNifMo側でMNP転入手続きですね。

i.softbank.jpのプッシュ通知対応

 ソフトバンクが「iPhone、iPad のEメール(i)(i.softbank.jp)で、メール受信時の件名・本文表示(プッシュ通知)開始」したとの事で、設定方法のSMS受信を待っていましたが、たまたま i.softbank.jp 宛に送られたメールの受信通知がいつもと違っていた(*)ので設定を確認すると、いつの間にかプッシュ通知対応が済んでいたようでした。
(*メッセージを受信しましたという画面で了解ボタンをタップし画面を閉じてホーム画面を見ると、メールアプリアイコンに(1)のバッジが表示されていた為に違うと思ったのです。通知時のバイブも2発ありました)
IMG_1868  もっとも、私の場合は i.softbank.jp のメールアドレスはメールマガジン等の受信専用アドレスとしてまして、このメールアドレスでの発信はまず行いませんが。(メールはMMS( softbank.ne.jp )でのやりとりが殆どです)
 設定前は、メールを受信しましたという通知のみで、送信者や件名等はメールアプリを起動して受信後に初めてわかりましたが、プッシュ通知対応とした事で、送信者や件名がダイアログ表示され、そこから直ぐにメールアプリを起動することが可能となります。
 プッシュ通知に対応したので、メール受信お知らせ通知(メッセージを受信しましたという全画面表される通知)は不要となりました為に、通知不要の設定をしました。その通知、たしか他のプッシュ通知と被るとスリープ状態とならないという不具合があった気がします。
 そんなわけで、早速、通知音を個別に設定しました。



iPad2を購入した

ソフトバンクが実施しているキャンペーン「アレ コレ ソレ キャンペーン」にて、iPad2を新規購入しました。
購入した時点でのiOSのバージョンは4.3.3だったので、アプリを入れる前にまずはiOS5にバージョンアップ。購入直後のiPadのバージョンアップはとても速いです。

この時点でユーザー辞書にはもちろん何も登録されていないので、いくつか登録してみます。
そして、登録後にバックアップを取り、iPhone側のバックアップデータ比較してどうなるか見てみます。

先の、「iOS5にした後にユーザー辞書が消えた」件の解決の糸口がつかめるかもしれません。

ソフトバンクモバイルにおける北海道・東北地方の扱い

まずは、@SBCareDenpaからの回答を見てほしい。
@SBCareDenpa
東北地方、特に青森県内全般の改善計画(予定および着工状況)を教えてください。
#SoftBank #aomorist #aomori
ツイートありがとうございます。改善予定エリアを確認致しましたが、現在東北地方・青森県内で予定がございません。何度もご要望頂いているお客様へ、未だご迷惑をお掛けしている現状を、私ども大変心苦しく思っております。(続く)
(続き)再度お客様のお声を担当へ報告させて頂きます。電波で困っているお客様に、少しでも早く安定した電波を提供できますようより一層尽力致します。
青森県内で予定がないということですが、「電波状況ピンポイント検索」で、国道4号線沿いで「現在、この地点は、電波改善中です!」とありました。工事中の情報でもあると安心するのですが。
#SoftBank #aomorist #aomori
確認不足で申し訳ございません。確かに青森県でも多数、改善予定エリアはございます。よろしければお客様が確認されたい詳細なご住所をお伺いできますか?(続く)
(続き)プライベートな場所でしたら以下Eメール窓口より、内容とご住所を記載いただきメールを送っていただけますか? http://25rk6.tk
知りたいのは特定住所ではなくて予定箇所一覧です。青森に限らず全国の予定箇所を住所あるいは地図上でマーク等でご提示いただきたく。ご提示不可なのでしたら不可な理由も併せてご提示くださると助かります。
#SoftBank #aomorist #aomori
十分なサービスが提供できておらず申し訳ございません。今後お客様が仰るような改善予定地の一覧をHP上に掲載できるように、今回のご意見を担当部署に報告させていただき、サービス向上に努めさせていただきます。貴重なご意見をありがとうございます。

最初の質問に対する回答を読んで、切れそうになった。
そして、それと同時に呆れた。言葉が通じていないと。
いつ、特定の住所での状況を尋ねたのだろうか。私的には一覧に近いモノが欲しかったのだが、それが全く伝わっていなかった。やはりTwitter上での140文字でのやり取りでは限界がある。

ソフトバンクが北海道/東北地方を見下している感はあったが、やはりそれは間違っていなかったのだなと。
単に基地局の開局速報に載せていないだけなのかもしれないが、10月より進捗報告をしていて、日次速報に全く掲載されていないというのは何らかの意図があると感じるのは仕方のないことだと思う。

北海道/東北人よ!もっと文句を言った方がいいぞ!そうしないと動かない!

各社スマートフォンが出そろいました

auからAndroid携帯電話(スマートフォン)が発表され、携帯電話会社各社がそれぞれスマートフォンをそろえてきました。

docomoはGalaxy S
auはIS03〜IS06と国産メーカーによるラインアップ
SoftBankはHTC Desire HD

各社それぞれ特色がありますが、私はどうもauの機種が気になる。
おサイフケータイやワンセグ等日本の携帯電話(ガラケー)に搭載された機能があること。
さすが日本のメーカー様、日本の携帯電話市場をよく把握してらっしゃる。
と言いたいところだが、私が思うに、正直言うとそれらの機能は不要だと思う。
例えばワンセグ。私の携帯電話にももれなく付属しているが、ここ1か月のうちワンセグを視聴したことは1度も無い。
当初はどこでもテレビが見られるとの事ですが、あんな小さいディスプレイでしかも画質も悪いしね。
常に見るようなものではないと感じたよ。
もちろん否定的な意見ばかりを持っているわけではなく、有事の時(災害時等)に情報入手の手段の1つとなるわけで、決して使えない機能ではない。
使えない機能ではないけど、スマートフォンには不要と感じる。

次におサイフケータイ。SuicaEdy等の電子マネーや、クーポン券として使うことができますが、地方においては人にもよるが、大半の人たちはそう多く利用していない。Suicaの場合、首都圏等のSuica等エリア内で通勤やら通学で頻繁に鉄道を使う人にとっては便利なのかもしれないが、Suicaが使える(Suicaで乗車できる)エリアは大都市圏だけでの話であって、地方では日常生活においてSuicaを使う機会は皆無です。まあSuicaに限らず、Edy等電子マネーを含めたおサイフケータイは地方では使用頻度が少ない。

上記を踏まえてだが、auは大都市圏でのニーズに応えるべく機種を出したのかなと。
docomoやSoftBankは純粋に濃いユーザーを狙っているのかもしれない。
濃いユーザーは国産スマートフォンに興味はあるが実際に使おうという気にはならないだろうし、ワンセグやおサイフケータイを重宝しているユーザーはそもそもスマートフォンに興味を持たないかと。
auの今回出たスマートフォンは、きっと苦戦のではないかな。
スペック等は詳しくは知らないが「スマートフォン」として見た場合は中途半端だと思う。スマートフォンとしてほしい機能が削られていたりするかもしれない。あれもこれもと機能追加するからには、何らかの機能を削除しなければ枠に収まらないからね。

auのスマートフォンにSkypeが載るとの情報があった。PC宛Skypeの発信(通話)やスマートフォン宛Skypeの発信(通話)は無料との事、料金プラン等まだ未確定要素はあるが、Skypeを使うことで異キャリア同士で通話無料が実現する。
注意したいのは、Skypeでの通話は、見た目は通話だが実際は通信している。つまりはパケット通信を行っている。
auは携帯電話網を使うとあったが、docomoとSoftBankは上述したパケット通信なので、通信量による速度制限等がある場合、発信不可能となったり、極端な通話品質低下となることも考えられる。
また、携帯電話網において携帯電話での通話よりSkypeでの通話の方が電池をたくさん使うので、カタログ上の連続通話時間よりはるかに短くなる。
ただ、それらを踏まえても異キャリア間での通話無料は大きい。

例えば、発信元と発信先がそれぞれWi-Fiが使える環境にいるとする。アプリを起動していなくても、発信したい側が相手方にメール等でSkype経由で通話したい旨を伝えてSkypeを起動してもらい、通話開始。Wi-Fi経由なので携帯電話網を使った通話/通信制限に左右されることなく通話が可能。

仕事/プライベート共に、Skypeが動作するスマートフォンをお持ちの方は是非ともインストールしていただきたい。

ということで、携帯電話各社の今後の動向を暖かく見守りましょう。

iPhoneと昼休み

ここ最近、昼休みの時間帯にiPhoneからネットに接続できなくなることが多々あります。
Twitter上では全国各地から上記の障害について多数のTweetがあるようで発生しているのは青森だけではないようです。 (ハッシュタグ「#softbank」で検索)

電波改善宣言を実行しているそばから、それを覆す現象なんですがどうなってるんだろうか?ソフトバンク側はこの事象を把握していないのだろうか。そんなことは無いと思うが、SoftBankのサイトを見ても、この件については何も掲載されていない。
障害があるならその事を正直&正確に明示してくれれば、文句は言うけど納得するんだよね。
障害が発生しても知らんぷりが一番困るし腹立つ。あってはならない企業体質なんだよな知らんぷりは。

とりあえず、SoftBankの電波関係のカスタマーサービス宛にツイートしておいた。

ページを開けません。
せめて、自社のポータルサイト、Yahoo!JAPANのトップページくらい開けるようにしようよ。

【[各Twitterアカウント情報]】
SBMカスタマーサービス担当: http://twitter.com/SBCare
SBM Wi-Fi担当: http://twitter.com/SBCareWiFi
SBMエリア担当: http://twitter.com/SBCareDenpa
孫正義 http://twitter.com/masason

進捗確認SoftBank電波改善宣言

SoftBank・電波改善宣言!
として進められている基地局増強ですが、10月より進捗率がネット上で確認できるようになりました。

基本は月次更新ですが、日次速報として情報が掲載されることがあるそうです。

やはりというか、ソフトバンクホークスお膝元の九州は福岡より順次改善していますね。
個人的には、大都市圏等人が集まる場所ではなく、地方のまず人が足を踏み入れないであろう、でも観光客はそれなりに多い場所をカバーして欲しいと感じます。
そして、3Gハイスピード対応の前に通話可能エリアを増やすこと。携帯電話会社なんだから、通信速度よりも通話可能エリアを増やすべきなんです。

800MHz帯を使えないソフトバンクは、docomoやauと比べると不利ではあるが、サービス内容は他社に決して劣っていない。
品質はさみしいが、ともあれ、利用可能エリアが増えるのはうれしいことであり、今後の進捗を見守っていきましょう。

ホームアンテナFT(フェムトセル)が届きました。

ホームアンテナFT進捗 ホームアンテナFTの進捗状況が未だに「お申込み内容確認」となっているにもかかわらず、本日、フェムトセルが届きました。

進捗状況が変化がないのに先にアンテナが届き、果たして設置しても良いのか迷いましたが、「発送した=基地局開局OK」と判断しても問題無いだろうと、設置しました。
フェムトセルが入っていた箱 フェムトセルが入っていた箱です。
帰宅すると佐川急便の不在通知がポストに入っておりソフトバンクからとあった。18時前だったので再配達手続きを電話で行い、それから30分後位に届きました。
IMG_0174 我が家にもこのタイプのフェムトセルが届けられました。
FEMTO AP-U1」という型。
重さは1kg無いです。
IMG_0177 付属品です。
・アンテナ本体
・ACアダプタ
・ACアダプタ用電源ケーブル
・LANケーブル
・取扱説明書2部
IMG_0183 付属していたLANケーブルは4芯しかありませんでした。まあこれでも使えるので問題はありませんが。
※ちなみに、VoIPアダプタとひかり電話ルータもこの4芯のLANケーブルで接続してあり、問題なく通信/通話ができています。
IMG_0179 フェムトセルの端子部です。
ここに付属していたLANケーブルとACアダプタを接続します。
IMG_0184 で、設置してみました。左から順番に
・フェムトセル
アイ・オー・データ無線LANルータ(WN-G54/R4-U)
・光BBユニット
・VoIPアダプタ
・PR-S300NE(ひかり電話ルーター)

フェムトセルは電源投入直後でして、ステータスランプは赤い。
その間、光BBユニットが何らかの通信をしているようで点滅していました。

ちなみに↓の動画は、フェムトセルのランプが全部緑点灯した状態での何らかの通信。

設置直後は外の電波を拾っていたようですが、一度電源を切って再度入れたところ、フェムトセルの電波を拾ったようです。
*2610にダイヤルし、フェムトセル経由での通話を確認しました。

フェムトセルでの速度 Wi-Fiでの速度
IMG_0192
IMG_0191

現時点においては設置しただけですが、これから使用感などを逐次アップしていきます。

光BBユニットを設置

我が家のネットワーク機器たち

先日届いたSoftBankの光BBユニットを設置してみた。
当然ながらフェムトセル本体が届いていないので、この光BBユニット単品ではホームアンテナの役割とならないのである。
左側から順に、
・SoftBank光BBユニット
VoIPアダプタ
・ひかり電話ルータ(PR-S300NE)
アイ・オー・データ無線LANルータ(WN-G54/R4-U)
ここにもう1つ、後日送付されると思われるフェムトセルを設置すればよいのだ。



配線がグチャグチャしていて申し訳ない。
接続はいたって簡単。
PR-S300NEのLAN端子に、光BBユニットのインターネット端子にLANケーブルを接続するだけである。
右の写真では、左から2番目がPR-S300NEで右端が光BBユニット。PR-S300NEの4つあるLAN端子のうち最下段と、光BBユニットの最上段の端子の接続がそれである。
接続状態
当初は、PR-S300NEのLAN端子が1つ余っており、そこにHUBを接続し、そのHUBに光BBユニットを接続してみたが、セッションがどうも確立できないようで仕方なしにPR-S300NEに直接接続したところ、セッションが確立できたようである。

光BBユニットのインジケータランプを確認すると、上述したがセッション確立ができており、あとはこれにフェムトセルを接続すればはれてホームアンテナ基地局が開局となるのだ。

なお、先日の記事にて複数セッションでPR-S300NEのインジケータランプの色が変わると書いたが、これはPR-S300NE本体内にPPPoEを複数個設定しての接続時とのことのようである。
今回、PR-S300NE内に設定しているPPPoEの数は、主プロバイダのみで1つのために色は変わらない。
お買い得ウィジェット
Profile

ぴろたん

livedoor 天気
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ