雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

Windows

ありがとう、Windows Vista

 Windows XPのサポートが終了して久しいですが、いよいよ、2017年4月11日にWindows Vistaのサポートが終了します。
(アクセスログを見ると、未だにWindows XPを使っている人がいるのに驚きです)
Windows Vista のサポートが終了します
 Windows XPと比べるとUIがとてもグラフィカルになりましたが、その分、PCにそれなりの性能が必要とされる、重たいWindowsとなり、評価はいまいちでした。
 しかし、Windows Vistaの存在があったからこそ、PCの性能が大幅に向上し、また、それまで、一般家庭向けでは、32ビットが主流だったのを、64ビットへと流れを変えてくれました。この功績はかなり大きいと思っています。現に、Windows Vistaが快適に動くPCは、Windows7でも快適に動いていますし。
 という事で、お使いのWindows PCのOSがWindows Vistaの場合には、Windows 7以降のOSに更新するか、Windowsを捨ててUnix/Linix系のOSにするかですね。

 当ブログのスクリプトも、2017年4月11日以降にWindows Vista以前のWindowsでアクセスした場合には、自動的にMicrosoftのサイトに遷移させるように改造を施します。

あらためて思うMacの良さ

 お仕事で再びMacを使うことになりまして、Windowsでのキー操作からMacでのキー操作となり、日本語入力時に戸惑う事もありましたが、以前もMacを使っており、その時の感を取り戻しつつ使っています。

 Windowsを使ってからMacを使うと、Windowsのフォントの汚さが目立ちますね。WindowsでもXP以降はClearTypeとしてアンチエイリアス処理を行っていますが、Macにはまだ到底及びません。
 あっ、WindowsはWindowsで良い所もありますよ。別にWindowsが悪い、Macが良いとしているわけではなく、使用用途でしっかりと使い分ければよいのです。

 Mac復活後は、早速のOS Xのアップデート。Yosemiteにしてみました。

 あぁ、早く本格的な作業を行いたい。

DLNA再生のハードウェア条件満たしてなかった。2

先日購入したシャープBlu-rayレコーダ(BD-HDS53)がDLNA対応ということは既に前の記事で投稿済みである。

DLNAサーバーになるので他の機器から録画した番組を視聴可能なんですが、どうやら再生するにはクリアしなければならない条件があるようだ。
その条件とは「DTCP-IPに対応している事」。
Windows Media PlayerはDTCP-IPに対応しておらず、別途再生できるアプリケーションのインストールが必要。
ググってみるとDiXiM Digital TVというアプリで再生できるようです。

が、が、ハードウェア的に動作条件を満たしていなかった。

OS:無問題
CPU:無問題
メモリ:無問題
HDD残容量:無問題
グラフィック:無問題

では、何がダメなのか。正解はディスプレイ。
自宅のディスプレイはアナログRGB接続(CRT)と、DVI-I接続によるもの。
アナログ出力には対応しておらず、ではDVI-D接続のディスプレイはというと、HDCP対応ではないのです。

ノートPCなら再生できるかもしれないけど、そうすると今度はCPUがちょっと弱いんですね。


デジタル放送になってから、著作権云々がかなりうるさく、そしてシビアになってきているのですが、著作権云々を立派に主張できるような番組ソースを作れよ。

Windows7が発送

Microsoftからのメールが届きまして,Windows7を発送したとあった。佐川急便を使うようだ。

問い合わせ番号が記載されていて,調べたところ静岡県内の佐川急便から発送されるようである。
発送は昨日。静岡→青森なのでさすがに翌日には届かないだろう。
なので,届くとしたら明日以降かな。

Vista → 7 へアップグレード

いよいよWindows7が本日発売になり,なんだか秋葉原でちょっとしたお祭り騒ぎの様です。
私のPCも来月にはWindows7となる予定です。

http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade.mspx
上記サイトを眺めていて,
「これだけは確認しよう」のページ。
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade01.mspx
薄紫色の背景の文言が気になるね。

Windows 7 のアップグレード パッケージを利用する場合、アップグレード対象の OS が、お使いのパソコンのハードディスクにインストールされている必要があります。Windows 7 のアップグレード版の インストール メディア (DVD) からコンピューターを起動して、新規インストールを実行することはできませんのでご注意下さい。

これ,私のケースに見事に当てはまります。
現在のPC環境は,1TB(1000GB)のHDDを1ドライブとして使っています。
パーティションを区切るオプションが2,100円でありましたが,あえて注文しなかった。
注文しなかった理由は,Windows7アップグレードインストールにおいて,Windows7のディスクを入れてそれでPCを起動→OSインストールができると思っていた。
(OSを一度でもインストールしたことがある方なら分かるはず)

ところが,Microsoftのサイトにあるように,上記でのインストールができない。
一度Vistaを起動し,
 →Vistaに7を上書きインストール
 →Vistaの環境をバックアップ(退避)して7を新規インストール
の2つのケースですね。

で,おそらくだけど(調べてないので何とも言えませんが),パーティションを再度区切ってインストールすることは,上記パターンだと限りなく不可能に近いので,結果的にVistaの再インストールしてその際にパーティションの設定が必要だと考える。

パーティションが7のインストール時に選択できれば文句無いんだけどね。続きを読む
Profile
livedoor 天気
J-CASTニュース
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ