雪国SEのひとりごと

愚痴ったり、メモったり、その他色々。人生は永い。焦る事は無い。人生前向きに考えると、きっといいことがあるよ。
【重要】当ブログの記事にて生じたいかなる損害について保証いたしません。

iPhone4

iPhone4のユーザ辞書が壊れて復旧までの経緯

まずはこの画像を見ていただきたい。
ある時点からユーザ辞書に登録していた単語が消え、さらに、追加できなくなっていた。
今まで登録していた単語は変換候補として表示されるので特に不自由は感じていなかったが、やはり使える物が使えないという気持ち悪さもあったので何とか修復しようと試みた。
検索すると、同じようにユーザ辞書が消えたり登録できなくなった方のブログ等を見つけたが、工場出荷状態に復元して使えるようにしたりと、結果的に初期化するような事が書いてあった。
私もそれにしたがって初期化をしたら確かにユーザ辞書に登録できるようになっていたが、バックアップから復元すると再び同じ現象となり、また、iPhoneの強制終了(強制再起動)をしても無理であった。
登録した語句が消えてさらに登録できなくなったユーザ辞書

工場出荷状態に戻すと登録することができて、バックアップから復元すると再び使えなくなるということなので、ユーザ辞書関連が悪さをしているのではないかと推測。iTunesでバックアップしたデータを見られるアプリが無いか調べてたら、http://blog.sakurachiro.com/2010/06/ios4-user-dictionary/ というサイトを発見しました。
上記サイト内に紹介されているiBackupBotをダウンロードし、記事に従って辞書データを抽出して見てみます。

レコード状態
PupSQLite というツールを使ってZTIUSERWORDを見てみると、26行目におかしいレコードが1件存在するのを確認。
つまりはテーブル(データベース)が壊れ、レコードの状態がおかしいから検索ができなくなり、そして登録ができなくなったということなのでしょう。これでは登録ができなくて当然です。iPhone側で検索登録をできなくしてシステム全体のフリーズを防いでいたのかもしれません。

レコード削除
おかしなレコードを削除します。


行番号を修正します。(27→26)

sqllitepic4
別テーブルの Z_PRIMARYKEY にある最大行「Z_MAX」の値も修正
こちらは修正前。

sqllitepic5
別テーブルの Z_PRIMARYKEY にある最大行「Z_MAX」の値も修正

これら修正を行った後、上述したサイトに従ってファイルを戻す。
戻してからiBackupBot for iTunesにてiPhoneを復元すると、見事にユーザ辞書に登録した単語が表示され、単語の追加もできるようになりました。
今後同じような状態となった方がいた時、この記事が少しでもお役にたてれば幸いでございます。続きを読む

iPhone4を手に入れました。ついでにフォトビジョンも。

様々な店舗(大手家電量販店やデパート内ケータイコーナー、SoftBankショップ)を巡ってiPhoneの納期を聞くと、殆どの場所で
「(いままでの実績から)だいたい2週間から1か月程度お待ちいただくことになります。」
との回答だったのだ。

8月14日(土)、大手家電量販店に家族を連れて立ち寄る。ここではまだ納期を聞いていなかった。
SoftBank担当者の女性に、いつもの質問をした。iPhoneの納期はどれくらい?

すると、こんな回答を得られた。
「今日、お渡しできますよ ♥」
(゚∀゚)えっ!?!?!?!在庫があるの?????

それまで巡った店舗での納期の回答から、またまた2週間くらいとの返事が来るのではないかと予想していたら、思いもしない回答内容でびっくりした。

妻と相談し、割賦金と月々割で相殺できる16GBを新規契約することとした。
本当は32GBとしたかったのだが、妻の冷静な判断で16GBとなったのだ。

私は既にソフトバンク携帯931Pを使っており、妻も、機種は古めだが使い勝手が良いとこちらもソフトバンク携帯911SHを使っている。
当初は妻の携帯電話を機種変更にてiPhoneにする予定だったが、様子見ということで新規契約とした。今後はiPhoneの使い勝手や月額のコストを見ての導入となるだろう。

契約時のホワイトプランの通話料などの説明は省略されたが、iPhone向けの新しくなったホワイトプランの仕組みがいまいちだったので、そこはしっかりと聞いておいた。

そして、以前と違ったのは、オプションサービス加入の勧誘が無かったこと。

私の記憶が正しければ、以前までは不要なオプションサービス(Wホワイト等)の半ば強制加入を頭金0円の条件としていたようだが、今回はそれが無かった。 先日、オプションサービス強制加入の件で孫社長宛のTwitterで騒がれてからだろうか。
ともかく、オプションサービス加入をお勧めしてはきたが、強制加入が無かった点は改善されている。

ちなみにiPhoneで契約したプランは、バリュープログラム(i)というもので、ホワイトプランN(i)パケットし放題フラットと、それに付随するS!ベーシックパック(i)のみとした。

オプションサービスを進めてこなかったのはiPhoneだからなのかな。
従来の携帯電話だったら強制加入させられたのかもしれないが、iPhone新規でもWホワイトを強制してこなかったから、やはり改善はされているとみていいのだろう。

iPhone新規契約と同時にフォトビジョンという製品も新規契約した。
端末代金を0円でOKと言われ、さらに月の基本料金が半額の490円ときた。
16GBと32GBの月々割の差が480円なので、iPhoneの32GBを選んだつもりでフォトビジョンも契約。こちらは後で私の実家にでも送ってあげようと考えている。画質はそんなに良くはないが、気軽に写真を見られるという点は評価できる。

フォトビジョンはその名の通りフォト(写真)を写すフォトフレームなのです。
フォトビジョン専用の電話番号が与えられ、その番号宛に写真を添付して送る。
送信可能なサイズはソフトバンクのメール仕様に則るのであまり大きいサイズは送ることはできない。

初めて知ったのがメール送信料が発生するという点。
フォトビジョンに割り振られている番号はソフトバンクの番号なのにもかかわらず、その番号宛に送るメールは送信料、つまりはパケット通信料がかかるとの事。
この情報はフォトビジョン専用料金プランの紹介サイトにしか掲載されておらず、ホワイトプランのメール送受信にかかる料金の欄には記載されていないのはいただけない。

まあそんなことを書いたが、今後はフォトビジョン宛にはiPhoneから送る事になるでしょう。
送りたい写真ファイルを従来のソフトバンク携帯からiPhone宛に送り、そこから転送という形でフォトビジョン宛に送れば、iPhoneは常に月額パケット費用は定額なので、通信料を意識することは不要であるからだ。

このフォトビジョンに送ることが可能なのは、iPhoneを含むソフトバンク携帯からのみ。他社携帯電話やPCから送りたい場合には、別途月額300円にてフォトビジョンEメールサービスを申し込む必要があるのだが、現時点では月額費用のみ、つまりはソフトバンク携帯からの送信だけで事足りそうなので、そのオプションサービスは申し込まなかった。

SDカードスロットもあり、SDHC対応で8GBまでなら動作保証をしている。なので、SDカードに写真を入れて写すということも可能。もっとも、8GBいっぱいに写真を入れてスライドさせたら、全部の写真を見るのに何時間かかるのかという話になるので、実際はせいぜい1GBくらいがちょうどいいかな。それでも多いか。

先日申し込んだフェムトセルの書類がソフトバンク宛に届いたようなので(進捗状況で確認)、その進捗状況に変化がありましたら、当ブログTwitterにてお知らせしましょう。

iPhoneを使う時は、上述したけどパケットし放題フラットに入っていて、使っても使わなくても固定でかかるので躊躇することなく使いまくっている自分がいます。

Amazon
Profile

ぴろたん

Monthly Archives
Access Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問ありがとうございます。

ASPアクセス解析
  • ライブドアブログ