カテゴリ:
 2012年12月の第46回衆議院議員選挙で、民主党(当時)から政権を奪取して自民党が与党になりました。その頃は、民主党があまりにも糞で売国奴だったために、今までの自民党がマシにみえて自民党に東京して、以降、支持してきました。当時は勢いがあったからね。
 しかし、今の自民党はどう?当時の勢いが全く無く、惰性で政権運営している感じ。惰性だからいずれ止まるよ。既に停止寸前じゃないかな。
 2021年は衆議院議員の任期満了となるために必ず選挙が実施されます。私は絶対に自民党には入れません。でも投票先がなかなか決まらない、見つからないよね。
 でも、絶対に入れては行けない政党があります。それは、日本共産党です。日本共産党は、そもそも日本国に不要な共産主義の政党です。多くの先進国で共産主義を禁止している中、なぜか日本では堂々と活動しているのが不思議なくらいです。
 その日本共産党と共闘している政党、立憲民主党にも入れてはいけません。立憲民主党は政党の考えを持っていない、ブレブレの政党という印象がありますし、そもそも「民主」なのに「共産」と一緒になるとか、火と油が混ざらないのと同じよ。むしろ党としての考えを持っていないから日本共産党に単に利用されて終わるだけでしょう。日本共産党に入れてはダメなのと同じで、立憲民主党にも入れてはいけません。
 そんな中、唯一まともと思えてしまうのが国民民主党。党代表の玉木雄一郎氏はご自身のYouTubeチャンネル「たまきチャンネル」にてかなりの提案や主張をわかりやすく表現していて、党としての考えをゆるく説明しています。ですが、野党共闘として立憲民主党や日本共産党と協力する時があるので、その点だけが唯一残念な点です。

 次の衆議院選挙、毎度のことだけど、投票先を迷います。

カテゴリ:
 自宅の既存のウェブカメラの性能がイマイチです。何がイマイチかというと、オートフォーカス内蔵なのですがピントを合わせるときに「カッカッカッ」と不思議なノイズが入るのです。画質や集音性能、音質は問題無いだけに非常にもったいない。

また、上述サイトの記事文面には最大フレームレートが30fpsとありますが、それを感じさせないカクカクもあるのです。リモートワークでの使用なら問題無いかもしれませんが、ビデオカメラとしての用途だと、う〜ん、となります。

 そこで、ロジクールのC922n PRO HDストリーム ウェブカメラを購入しました。

 このカメラ、購入前のカメラと比べると、非常にぬるサク(ぬるぬるサクサク)。さすがロジクールブランドといったところでしょうか。動画配信にも十分耐えられるくらい快適です。リモート会議で使った場合、一人だけ画質が綺麗になるかもしれません(回線の速度や混雑状況にもよりますが)。
 また、専用アプリを使って解像度を720pに落とすことにより、フレームレートが60fpsとなります。(通常の設定では1080pでは30fpsだがこれでも十分)。ゲーム実況など、画面端に自分の顔を出すような使い方では、解像度よりもフレームレートが重要になってくるので、これもまた必要十分ではないでしょうか。

 ちなみに、1つ下のグレードとして、C920n HD PROウェブカメラというのもあります。

 こちらは、解像度720pのときにフレームレートが30fpsとなるのですが、差はそれくらい。つまりは、オンライン会議用途メインならこのC920nでも事足りるということです。
 が、ワタクシ個人的には、価格差が1600円前後のため、大は小を兼ねるという意味で上位グレードのC922nをおすすめします。

LINEのWindows版で不具合があるよ

カテゴリ:
※当記事の執筆時(2021年7月23日時点)での内容です。
※(2021年8月10日に不具合解消されました)

LINEのWindows版で不具合があるようです。


LINEの設定画面を開いてみます。
2021-07-10
 Windowsストアアプリ版LINEの設定画面で、ピンクの枠は私が付けました。その枠の中に注目してほしいのですが、スピーカーおよびマイクが「接続されていません」と、認識されていない状態です。もちろん、私のWindows10のパソコンには両方とも備わっているし、他の通話アプリ(SkypeやTeamsなど)では認識されて使用できています。
2021-07-23 (3)2021-07-23 (2)
 LINEの設定画像を添付して2021年7月10日にLINEの問い合わせ窓口より情報を提供しているのですが、未だに解決には至っていないようです。
 パソコン使用中もLINEでのやり取りは重宝しているので、この不具合が早急に解消されることを願いましょう。

カテゴリ:
 国道等の大きな道では、朝と夕の通勤通学時間帯に左側の車線がバス専用レーンに設定されていることが多いです。これは、公共交通機関であるバスが定刻通りに運行するための配慮である。「専用」というくらいだから、一般車両は基本的には走行できません。(詳しくは下のリンクを参照)

 しかし、バス専用レーンに路上駐車している車両が存在していることがあって、そうなるともちろんバスは車線を変更しなければなりません。専用レーンとなっている時間帯は、他の車線はもちろん渋滞しているわけで、そこに進路変更するのは、バスの遅延の原因になる。何の為の専用レーンなのか。
 専用レーンに路上駐車している車両の持ち主よ、その車両がたった1台あるだけでバスが遅延するのだ。荷物の積み下ろしなどで時間指定されている時があるのかもしれないが、バス専用レーンはその名の通りバス専用だ。線路の上に路駐しないよね?それと同じである。

カテゴリ:
 青森ケーブルテレビではACTひかりという光回線を使ったテレビサービスを行なっているので、その詳細を開こうとトップページを開いたら、IP電話終了のお知らせのリンクが有りました。2021年6月30日に既に終了しています。

【ACTV Phone】IP電話(050)サービス終了のお知らせ

 上記ページにも記載がある通り、青森ケーブルテレビの050IP電話サービスに限らず、全国的に050IP電話を使う人が減っている感はあります。050IP電話の魅力として、発信先の050IP電話番号によっては通話料が無料になったり、有事の際には電話回線の輻輳に左右されないという利点がありましたが、昨今のスマートフォンの普及でアプリで無料通話できたり、また、携帯電話会社の通話定額オプションがあったりと、050IP電話にあった利点がだんだんと薄れてきています。利用者が減っている理由はそこですね。ただし、050IP電話が無くなることはないでしょう。というのもスマートフォンで電話回線ではなく、SMSやデータだけで利用している人もいるわけで、そういった人たちが電話番号に発信する際には、050IP電話は必要不可欠です。

 ちなみに身内の家では、青森ケーブルテレビの050IP電話を使っていましたが、昨年にACTひかりに切り替えると同時に050IP電話の利用を停止。また、固定電話もケーブルプラス電話に切り替えました。

 過去に青森ケーブルテレビに対して酷評をしていた私ですが、ここ最近はその考えが真逆になってきています。まだまだ成長途中なケーブルテレビ会社なのかなと思いました。今後の発展に大いに期待します。

カテゴリ:


 PCでゲームをやり始めて、既存のパンタグラフ式キーボードでも操作はできているのですが、激しい操作をされてキーボードを壊されてもたまらないので、いわゆるゲーミングキーボードというものを購入してみました。
 Amazonで、「ゲーミングキーボード」として検索してみると数多くの製品が出てきますね。ですが、私は実はAmazonで購入はしていません。たまたま別件で訪れたケーズデンキに並んでいた「Logicool G PRO X」が目に止まり、即決しました。しかも、Amazonよりも安く購入できたのです。

 以前から欲しいと思っていたメカニカルキーボード、最初から青軸はどうなのと思うかもしれませんが、いざ使ってみるとパンタグラフ式キーボードとは打鍵感が全く違います。キー入力している感が強くてステキ。
 ただ、青軸なのでカチカチの打鍵音が目立ちますね。一人なら打鍵音はキー入力の気分を高めてくれるのですが、同居人には耳障りに感じてしまうようです。
 ということで、ゲーム時にはこのキーボードを、事務作業や就寝している人がいる場合には静かなキーボードと、使い分けます。

カテゴリ:
 以前にこんな記事を書いていた私です。

 当時は存在していたオリガミペイが青森市営バスで使えたのだが、クレジットカードは使用できなかったのです。それが、本日、令和3年1月12日(火)から使えるようになりました。

 上記リンク先にも有りますが、クレジットカードで購入できるのは、「定期券」「フリーパス券」「フリールートカード1日券」に限られ、また、クレジットカードで購入した場合、払い戻しができないようです。まあ、多くの人が通勤定期券を購入する際に利用するでしょうし、そういった人たちは勤務先に交通費として申請するはずですので、殆どは払い戻しは無いのではと。クレジットカードの他、電子マネーやQAコードでの購入ができるようです。それらの支払いでも払い戻しはできません。

 定期券を購入する際に、いちいち金融機関から現金を下ろしていましたが、これからはその手間が省けてとても便利になります。あとは、運賃支払にSuicaなどが使えるようになれば、尚良シ!

Skypeの背景が置き換えられるのか!素敵な機能

カテゴリ:
Skype設定画面
 つい昨日に知ったことなのですが、Skypeのビデオチャットで背景を置き換えることができるみたいですね。青や緑等の一色の背景を用意すること無く、人間の身体の形を認識して置き換えてくれる、何ともステキな機能。昨今のテレワーク需要で追加されたようですね。



 背景をボカしたり、あらかじめ用意されている画像に置き換えたり、自分の好きな画像を使うこともできます。ということで、私が選んだ画像は、この旭日デザインです。御守代わりの背景です。

800px-War_flag_of_the_Imperial_Japanese_Army.svg

シエンタのハイビームをLEDに

カテゴリ:
我が家のシエンタのライトはハロゲン仕様のため、ロービームはH11のハロゲン、ハイビームはHB3のハロゲンを使っています。
 ロービームは既にIPFのLED「301HLB2」に交換してあります。
 ハイビームはハロゲンバルブのままでしたが、この度、HB3型LEDを購入しました。購入したのはIPFのLED「351HLB」です。これはIPFから出ているHB3型のLEDとしては旧モデルです。(現行モデルは351HLB2です)
 当初は現行モデルを導入しようと考えていましたが、ハイビームの使用用途を考え、旧モデルで十分という判断のもと、旧モデルの購入に至りました。旧モデルといえど純正ハロゲンバルブより明るくなりますよ。
 ちなみに、シエンタのハイビームの運転席側は斜めに取り付けられるため、口金の角度調整機能は必須です。
(下記画像はトヨタのサイトから入手したシエンタの取扱説明書。この画像の通り、斜めに取り付けられている)
シエンタハイビーム
 この状態を踏まえ、取り付け前に予め角度調整をしておくと、いざ取り付けはポン付け状態となります。
IMG_3884 IMG_3885
 取扱説明書に従い、角度調整を実施します。シエンタは右側の状態になるので、角度調整をしない場合には斜めになってしまいます。

IMG_3888
 角度調整を行いました。45度の調整なので角度が出しやすくて簡単です。イモネジをしっかりと締めておかないと取り付け時に空回りしてしまうので、取扱説明書に記載のトルクで締め付けておきましょう。しかし、LED素子がとても小さいですね。この小さいチップ1つでハイビームに必要な光量が出るのですから、とても効率の良いLEDを使っているのだなと思いました。

IMG_3906 IMG_3907
 運転席側および助手席側に取り付けた図です。空間に余裕があるため、取り付けはとても簡単です。

IMG_3892 IMG_3893
 取り付け後に正面から確認してみました。角度調整はぴったりですね。リフレクタに対してLEDがしっかりと左右に向いているのが正しい状態です。
IMG_3914 IMG_3913
 ライト消灯時の見た目は、お世辞ににもあまり格好良いとは言えませんが、見た目ではなく機能が充実していれば問題ありません。

カテゴリ:
 Avastを使っている私ですが、2020年6月7日(日)に3年間のライセンスが切れます。Avastから更新のお知らせメールが届きましたので、更新費用を確認してみました。
 2年間のPC1台で8,380円(税込)となっていました。ちょっと高いですね。

 その更新費用を鑑み、以前から考えていたESETに乗り換えることにしました。

 5年3台で7,800円(税込)なので、これを購入。Avastよりお得感あります。
 各レビューサイトを確認してみましたが、評判はそんなに悪くない。Avastと同じような感じでした。私の普段の使い勝手では問題無いと判断しての導入です。
 30日間の無料期間があるので、その間に使い勝手等を見ていきます。

このページのトップヘ

見出し画像
×