カテゴリ

カテゴリ:生活

カテゴリ:
【歩行者編】
  • 信号無視
    非常に多いですね。赤信号や青点滅でも横断を始めたりするから酷いものです。そういった歩行者がいるので、交差点を右左折しようとしている車両が前に進めず渋滞の原因にもなったりするのですよ。街中の渋滞の数割は歩行者が原因を作っているかもしれません。
  • 横断禁止の場所での横断
    片側が2車線以上の大きな道が横断禁止となっている場所が多いです。交通量が多く、単に危険だからです。少し先に横断歩道があるのだから、面倒でもそちらを使いましょう。万が一の事故の時、過失割合が増えますよ。
【自転車編】
  • 信号無視(道路交通法第7条)
    歩行者編にも書きましたけど、信号無視が多いですね。ただ、自転車の場合には、歩行者用信号機に従えばよいのか、自動車用信号機に従えばよいのかが曖昧だと思いますが、私は走行速度や、多くの歩行者用信号機「歩行者・自転車」と併記されていることから、歩行者用信号機に従っています。
  • 2台並んでの走行禁止(道路交通法第63条第5項)
    標識で許可されている場所を除き、自転車の併走は禁止されています。が、周知されていないんですね。通勤通学時間帯、特に高校生でしょうか、通学時にお友達とお喋りしたいのでしょう、気持ちはわかりますが、法律で禁止されているのですから、併走は止めましょう。学校でも周知、指導すべきだと私は思います。
  • 逆走:右側通行の禁止(道路交通法18条、20条)
    自転車は「軽車両」という、車両の扱い、つまりは自動車と同じです。したがって、道路の左側を走行しなければなりません。が、堂々と右側を走っている人が多い。数年前に道路交通法が改正されて、そのタイミングでの自転車の取り締まりが強化されているはずなのですが、一時的なものだったようですね。そうでなければ逆走する人がこんなにいるわけありませんもの。
  • 片手運転の禁止(道路交通法第70条、71条)
    ざっくりと片手運転としましたが、代表されるのが雨天時の傘さし運転ですかね。必然的にハンドルは片手になる。あとは、携帯電話(スマートフォン)ですね。
  • 夜間、無灯火運転の禁止(道路交通法第52条)
    無灯火は本当に怖い。よく無灯火で自転車に乗れるよね。ちなみに私、無灯火自転車を発見した場合は問答無用でハイビームにしています。
  • 一時停止違反(道路交通法第43条)
    自転車の飛び出しは本当に怖い。
なぜに違反とされているか。それは、危険だから。よく考えて。

カテゴリ:

 多くの自治体はTwitter等のSNSアカウントを解説しており、様々な情報を発信しています。青森市も例外ではなく、青森市公式のTwitterアカウントにて、市の情報や、特に最近は新型コロナウィルス関連の情報を多く発信しています。
 Twitterでの投稿でワクチン接種に関する内容があったのですが、これ、Twitterアカウント持っていて通知をONにしていないとリアルタイムで知ることができないよね。諸事情によりTwitterアカウントを現在休止中の私ですが、定期的に青森市のTwitterアカウントの投稿を見てはいます。見てはいますが、最新情報はリアルタイムに閲覧することはできません。
 リアルタイムに通知を受け取るにはTwitterアカウントを作成しないといけませんが、青森市民の全てがTwitterアカウントを持っているわけではありませんし、だったら、より多く使われているメールマガジン形式での情報配信にしてみてはどうだと。そんな内容の要望を2021年9月8日(水)に、青森市宛に送ってみました。
 すると、翌々日(正しくは翌日だが出ることができなかった)の9月10日(金)に青森市広報課から電話があり、Twitterに投稿する内容をメールでも発信するように検討するという回答があった。そして、その日のうちに実行してくれた。青森市の広報課の動きは早い。
 電話してきた広報課の方も、メールでも発信したいという事を述べていたので、私の投稿がきっかけになったのかなと思っています。

 というか、私が投稿しなければ動いてくれなかったのかもしれないのか。

カテゴリ:
 緊急事態宣言の延長は予想していました。予想できました。緊急事態宣言の対象都道府県は減りますが、それでも延長です。まあそうでしょう、この状態ですと。

 そして、ETC旧日割引の適用除外も延長されるでしょう。

 もう、昨年同様、日本全国を緊急事態宣言として良いです。完全に落ち着くまで。

カテゴリ:
 普段はバスを乗り継いで帰宅しているのですが、今日は歩いて帰宅してみました。地図上で計算された時間は44分です。定時は17時なので、定時上がりで17時45分頃には家に到着する。一方、バスでの帰宅もほぼ同じくらいの時間に到着するのです。乗車時間もあるけど、バス待ち時間が大きいですね。
 ということで、17時になってから徒歩で帰宅開始です。自宅までの信号の数は6個ですが、何と見事に全て青信号でした。つまりは、職場の建物を出てから自宅まで止まらず歩き続けることができました。夕方になって気温が下がったとはいえ、40分以上も歩き続けると流石に汗をかきますね。
 ちなみに、下車しているバス停の1つ手前で、いつも乗っているバスに追い越されました。もっと手前で追い越されるかと思いましたが、意外といい勝負だったなと。
 職場が変わってから歩く距離が激減したので、月曜日から帰りはしばらく歩いてみようと思います。

カテゴリ:
 毎日の通勤で使っているバスですが、下車するバス停でお知らせボタンを押さない人が多い。特に多くの人が下車するであろうバス停で押さないんですよ、青森県人は。他人任せ感が漂ってるんですよね。
 もちろん、積極的にボタンを押す人はいるんですよ、私とか。そういう人は、青森県出身ではなくて他県出身か、一旦、青森県以外で過ごした経験があるのだと思います。もちろん私の思い込みですけど。

 この件に限らずだけど、青森県人は色々と消極的だと感じることが多い。以前にもブログ記事にもしたが、例えば方向指示器などを出さない使わない。遅いんですよ。

 とりあえず、自分から積極的にボタンを押してくださいね。

カテゴリ:
 その昔、パソコンのHDDがぶっ飛んだタイミングで、ThunderbirdからBeckyに乗り換えたのですが……。
 Beckyは今の時代に追い付いていない感が否めない。特に厳しいのはHTMLメールの表示ですね。Internet Explorerを使って表示しているので、正しく表示されない時があったり。あと、プレーンテキストでも、文字コードによっては表示しているフォントによっては不自然な位置で改行されていたりと。それなりのバージョンアップはされていますが、まだ機能が足りてない。

 ということで、再びThunderbirdの出番です。設定方法は割愛します。

カテゴリ:
 自宅でPCを使っている時は、基本的にスマートフォンは使いません(ゲームは除く)。スマートフォンでよく使う機能はPCでも使えるからです。
  • 電子メール
    PCで受信できるようにアカウント設定してあります。
  • LINEでのテキストメッセージのやり取り、音声/ビデオ通話
    Windows版Mac版があります。
  • Messenger(Facebook)
    Windows版Mac版があります。
 あと、UberEatsも、アプリからではなくブラウザで注文できます。なので、自宅に居る時は、殆どスマートフォンを触りませんね。

カテゴリ:
 ドライブレコーダーが普及したおかげで数多くの事件事故現場が録画されテレビ局に投稿されています。その動画のほぼ全てにおいて、当事者の顔や車両番号が隠されている。明らかに加害者というときは、顔や車両番号を隠さず報道すれば良いと思うのです。
 今朝のネット動画ニュースで視聴した事件事故にこんなのがありました。
行く手を遮るかの如くゆっくり走っている自転車が居て、投稿者は後続車が車間距離を詰めて早くいけと言わんばかりの圧力をかけてきて、それに耐えきれなくなったのか警音器を使った。すると、一旦、自転車は横に逸れたが、その数分後に当該車両に接近して車両に傷を付ける。それを行なった人の顔はしっかりと撮影されてるようだが、ニュース動画では顔が隠されていました。
 警音器を鳴らした投稿者側にももちろん非はある。警音器を使用したことによる道路交通法違反。警音器は指定場所を除いて原則使用禁止ですから。ただ、それを受けた自転車側は腹いせに車両を傷付ければ器物損壊罪となる。投稿者側は警察に被害届を出したと報じられていました。

 もしも自分が投稿者なら、この自転車の人をネット上に晒すかな。器物損壊罪の罪人ですって見出しで。

カテゴリ:

 2021年9月末までだったマイナポイントの期間が2021年12月まで延長されました。ということをマイナポイントを登録してから知ったわけですが、決して後悔はしていませんよ。もともと決めていました。
 決めたのはアークスRARAプリカです。使用頻度が一番高いご近所スーパーで使えるプリペイドカードでして、20,000円チャージして5,000円付与されます。12月まで延長されていたので、特に急ぐ必要はなかったかもしれませんが、思ったときに登録しておかないと、忘れて無効になってしまう可能性も否定できませんし。
 ただ、そのお店での普段の支払いは基本的にクレジットカードで、その場合にはスーパーのポイントカードへのポイント付与は無いんですよね。(少し離れたスーパーでは、お店のポイント+dポイント+クレジットカードのポイントが付与されるステキなことをやってくれています)
 ところで、何でキャッシュレスを推してるんだっけ、政府は。その根本的な目的が良くわかってない私。と、こんなサイトを発見しました。

 概要はリンク先から右上の「当協議会について」を読んで、後で理解しておきます。

 緊急事態宣言が宮城県も入ったわ。宮城県富谷町のコストコに行くのはまだしばらく先かな。2019年11月に新車を購入し、これで冬を越して2020年の春になったらお出かけしたいねと語っていたのが懐かしい。結局、2020年は自粛年で何もできなかった、帰郷すらできてない。2021年には、何とか収束して欲しいと願いますが、今の動きや政策では、無理かな……。

カテゴリ:
 青森市営バス(青森市)に対しての意見を送ることができます。
ページ下の方にある「問合せフォーム」から問合せを入力できる画面に遷移できますが、1日に送信できる件数に上限が設けられているようで、昼過ぎ頃には受付終了されていることが多い。なので、朝早く、6時台に送ってみました。もちろん上限に引っかかることも有りません。
 送った内容の要約はは、乗車時の停留所とバス車内での停留所が不一致のときがあって、余計な運賃を支払うことがあるので、停留所の案内と実際の停留所を合わせる事を徹底してくださいと、少々強めに。

 すると、メールでの回答ではなく、電話での回答となった。個人的には電話よりメールの方が良かったのだが、まあいい。回答内容は、問合せの内容には「路線および乗務員は特定しない」としたのだが、路線と乗務員の氏名を教えてほしいとあった。しかし、正直、覚えてない。なので、覚えてないと回答。覚えてないが何度か目撃している旨を伝えた。さて、明日以降は正しく表示されるかな。

 青森市営バスを使ってる人ってクレーム送らないのだろうか。たかが数十円とはいえ、正しく停留所が表示されていないと余計な運賃を支払うことになるわけでして。

このページのトップヘ

見出し画像
×