カテゴリ

カテゴリ:携帯電話

カテゴリ:
 携帯電話キャリア(docomoauSoftBank)がそれぞれ、QRコード決済サービスを提供しています。



 これらサービス、9月までは小売店側の手数料は無料でしたが、10月から手数料が発生。3社横並びですよ。もうね、どこまで横並びするんだって呆れてしまいました。

 ちなみに私は以前まではヤフーカードを登録してPayPayを使っていましたが、PayPay使用時のTポイント付与が無くなったときに使用を止めました。そして何よりスマホ出してアプリ起動より、財布からクレジットカード出した方が楽ですし。

カテゴリ:
 長らく放置していたソフトバンクのみまもりケータイ4ですが、7月31日(土)の19時55分に解約することができました。以前までは解約は店頭でのみ受付でしたが、今はインターネット上でも解約が可能になっているのですね。知りませんでした。

 ページを開くと、解約の引き止め情報がずらりと並んでいますが、それらを無視して下の方にスクロールさせていくと、「解約のお手続き方法」というのがあるので、「解約のお手続き方法」を選択してサブメニューを開き、「My SoftBankでお手続き」を選択することで、My SoftBankにログインして解約手続きをすすめることができます。ただし、記載の通り午前9時から午後8時までとなっているので、手続きを行なう際は時間に注意してください。私はギリギリ午後7時55分に手続完了しました。手続きが完了すると、その直後に携帯電話は電波を掴まなくなり圏外となりました。お役御免です。
 残るソフトバンク回線は3Gケータイのみ。これも近々解約予定。というか放っておけば3Gサービスが終了するので、サービス終了と同時に解約でも良いかもしれません。

ソフトバンクは萱野高原のエリア化を諦めたようです。

カテゴリ:
 2017年3月23日に、以下の記事を投稿しました。
ようやくソフトバンクも萱野茶屋をエリア拡大予定エリアとしましたか。
 しかし、再びソフトバンクのサービスエリアマップを確認すると、おやおや、萱野茶屋のエリアの着色が無くなっていました。
エリアキャプチャ
 冒頭に記載したリンク先の記事執筆時点に掲載しているエリアマップのキャプチャ画像は、2017年3月以降に拡大予定として、萱野茶屋がしっかりと着色されていたのですが……。どうしたのでしょうかね。既に脱ソフトバンクを実施している私にとっては無関係なお話ですけど。

 萱野茶屋に遊びに来るソフトバンクユーザーさん、残念ながら、今後は萱野茶屋はずーっとソフトバンクは圏外かもしれません。諦めましょう。萱野茶屋で携帯電話を使いたかったら、docomoかauにするべきです。

解約済みiPhone5で緊急地震速報を受信しました。

カテゴリ:
 気象庁は、平成30年(2018年)1月24日に緊急地震速報を発表しました。

緊急地震速報の詳細を確認してみると、第1報(背景が灰色)の時点で発表されています。
緊急地震速報の状況

 私は、自宅である青森県青森市に居ませんでしたので、私のiPhone SE(IIJmio)の緊急地震速報は鳴りませんでしたが、帰宅してから自宅に置いてある解約済みのソフトバンク版iPhone 5を確認してみると、緊急地震速報が通知されていました。
IMG_5543 IMG_5544 IMG_5545
 解約済みiPhoneを機内モードとしてWi-Fi運用している人が多いと思うのですが、機内モードを解除して「圏外」としておくことで(緊急速報の通知はONにしておくこと)、緊急地震速報(緊急速報)を受信することが可能のようです。
 iPhoneからMVNOを使うためにSIMフリースマートフォンにされた方が数多くいるかと思うのです。最近のSIMフリースマートフォンは緊急速報に対応したり、アプリで補える事もできますが、キャリア公式の緊急速報を受信することができるとわかったので、SIMフリースマートフォンのお供に、緊急速報受信用として解約済みiPhoneを持ち歩くのも有りかもしれません。

カテゴリ:
 2015年10月29日(木)から開始された月額通話定額プランの「NifMo でんわ」が、2017年10月31日をもって終了してました。
NifMoでんわ サービス提供終了のお知らせ
 この定額サービスは、IP電話を使うので、電話番号が表示されない、若しくは81が付加されるなど、サービス提供直後から色々と課題がたくさんありましたが、それらが解決されないまま2年でサービス終了と、少々早い気もしますが、電話回線を使った10分通話かけ放題等のプランも出てきてたので、いずれは終了するのではと感じていました。本当に通話定額が必要なら、docomoやau、ソフトバンクの通話定額プランが最良かもしれませんね。
 ちなみに、我が家ですが、妻が、ソフトバンクガラケーで、通話専用として通話定額プラン+iPhoneでIIJmioを使っています。頻繁に通話しているので、おそらく通話定額プランの月額料金以上の通話をしてるでしょうね。

カテゴリ:
 本日(2017年9月8日)の15時23分に、タイトルの080-0100-5533から着信がありました。見知らぬ番号ではありますが、下4桁の「5533」に見覚えがあり、何となく察しました。ソフトバンクのMNP問い合わせ電話番号です。
 ソフトバンクから転出した電話番号宛てに、簡単なアンケートをお願いするために電話しているとの事で、ちょうど仕事の休憩時間中だったので、離席してアンケートに回答しました。
 質問は、今使っている携帯電話会社を訪ねた後、以下の2つでした。
  • 転出して満足している点と不満な点
  • 携帯電話会社を選ぶ際に重視する点
 まず、最初の質問に対する回答ですが、
「満足している点はエリアが充実したこと。不満な点はありません。」
と答えました。月額料金が下がったという点ももちろんありますが、携帯電話が使える場所が広い事が大切です。
 次の質問に対する回答は、2016年熊本地震の事を頭に浮かべながら、
「地震等の災害や有事の際でも使えるか、使えなくなっても素早く復旧すること。」
と。この回答には担当オペレーターの声がトーンダウンしたのをはっきりと感じました。
 おそらく、この電話で期待した回答は、エリアや有事の復旧などではなく、通話料金や通信速度の回答を得たかったのだろう。
 個人的には、通信速度や通話料金は二の次で、携帯電話会社なのだから、携帯電話として使えるか使えないかを重視しているわけです。
 ただ、仮にソフトバンクにdocomoやau並のエリアや復旧速度があったとしても、おそらくはMVNOに乗り換えていたでしょうね。だって、ソフトバンクという企業が大嫌いだから。
 ちなみに、タイトルの「08001005533」で検索してみると、ソフトバンクからの電話であることがわかりまして、結構な悪評価な記事やサイトにヒットします(笑)

みまもりケータイ、再び……(´・ω・`)

カテゴリ:
今まで、散々、「脱ソフトバンク」として、いくつかの記事を投稿していましたが、今回、再びみまもりケータイを購入してしまいました。しかも2回線分です。
mimamoriwhite
mimamoripink
mimamoriblue
 もちろん、再び「みまもりケータイ(みまもりケータイ3で苦い経験あり)」、ソフトバンク回線の新規契約には抵抗はありました。今まで何の為に脱ソフトバンクをしてきたのだと。
 みまもりケータイ4の購入に至る経緯は、親子での連絡手段の確保。当初はMVNOを模索していました。しかし、端末の新規購入+一番安いパケットプランでも2,000円/1回線を超えてしまうのが殆ど。なかなか難しい。
 ふと頭に浮かんだのは、キャリアの子供向けの携帯電話プラン。我が家では、妻が仕事の都合でソフトバンクガラケーを使っているので、それにぶら下がる形でみまもりケータイを付ければどうなるかと料金を確認してみました。
 みまもりケータイ4には、専用の料金プランが用意されていて、それを確認すると、
  • Eメール送受信のパケット通信料は月額料金に含まれている。
  • 1回5分以内の通話は無料
  • 家族間の通話は5分超過でも無料
現状に必要な条件が揃っていました。先述しましたが、再度のソフトバンク回線の契約には非常に抵抗がありましたが、月額料金および必要な条件が見事にそろってしまったので、みまもりケータイ4の購入となりました。

 購入前にみまもりケータイ4 に関する重要事項説明書(兼みまもりケータイ4 専用プラン提供条件書)(※PDFファイルです。( 285KB ))を確認してみました。すると、気になる点がありました。
 「■ サービス概要について」から、読んでいくと、6番目にある「みまもりケータイ4とのメールの送受信には、管理者または連絡先設定したソフトバンク携帯電話においてウェブ使用料に加入いただく必要があります。」に目が留まりました。
 管理者として設定する携帯電話はソフトバンクの携帯電話なのですが、通話専用としており、ウェブ使用料(パケット使用)は申し込んでいないのです。これにウェブ使用料の追加が必要か……。と思っていたのですが、これは、あくまでも管理者のソフトバンクの携帯電話にメールを送る際に限った話です。
 管理者および連絡先には、電話番号の他にメールアドレスをマイソフトバンクから登録できるのですが、メールアドレスはソフトバンクドメイン以外のメールアドレスも登録が可能です。
 管理者や連絡先にメールアドレスを登録しない場合、登録した電話番号がソフトバンクではないとき、もしくはソフトバンク回線だがウェブ使用料を使っていないときは、メールの送受信はできません。
 要は、SMSとしての送信ができません。が、メールアドレスを登録した場合には、Eメール(S!メール)扱いとなり、ソフトバンクに限らず他社宛のメールアドレスへの送信、および登録したメールアドレスからの受信が可能です。
 ですので、管理者として登録した電話番号は通話専用のプランだけで問題はありません(メールの送受信を行う場合には、メールの送受信できる端末が別途必要ですが、メールを使わず通話専用なら不要)。

 以前にみまもりケータイ3を使っていまして、1年半くらいで故障し、以後、更新月まで放置で、更新月に解約しています。みまもりケータイ3は「ZTEコーポレーション」製ですが、みまもりケータイ4は「セイコーソリューションズ株式会社」で、SEIKOブランドですので、個人的にかなり信用できます。また、みまもりケータイ4については、製品紹介ページをご覧頂ければわかるのですが、なんとVoLTE対応。つまりはLTE回線対応。子供向け端末も進化してますね。

「Lightning - Micro USBアダプタ」故障

カテゴリ:
IMG_1774
  iPhone 5の購入と同時に購入した、Apple純正のLightning - Micro USBアダプタですが、ここ数週間の間、iPhoneに認識されなくなってきています。
IMG_1773
 使っているのはiPhone 5とiPhone SEなのですが、どちらも刺した直後は充電を開始する音が鳴って、右上の電池マークも緑色になって充電中となるのですが、しばらくすると上記の画像が表示され充電が止まってしまいます。端子が汚れているのかとクリーニングをしてたら調子が元に戻ったと思いましたが、やはり変わらずです。リバーシブルですので、試しに裏表を入れ替えて刺してもダメでした。
 仕方がないので、100円ショップ等で売られている変換端子を購入です。
IMG_1776
 充電専用ですが、故障した端子も充電の為に使っていたので問題はありません。充電もしっかりされたのを確認しました。今後はこれを使用します。1.5Aまでなので、iPadの充電はできませんね。

ようやくソフトバンクも萱野高原をエリア拡大予定エリアとしましたか。

カテゴリ:
 以前に、以下の記事を投稿しました。
2016年10月17日投稿記事
「萱野高原で通信できる幸せ。ソフトバンクとは違うdocomoの電波!!」
 その記事の中で、萱野茶屋のエリアのスクリーンショットを掲載しています。
sb
 今日、何かのはずみでソフトバンクのエリアマップをみて、萱野茶屋付近のエリアを確認したのですが、拡大予定として色がついていました。
キャプチャ
 萱野茶屋に限らず、結構多くのエリアが「2017年3月以降に拡大予定のサービスエリア」として着色があります。よかったですねぇ、ソフトバンク回線を使う人たち。
 ただ、3G回線については、エリア拡大のやる気は無いみたいなので、900MHzが使える3G携帯電話を使っている人たちにとっては、メリットは少ないようです。
キャプチャ

 まあ、今更、エリア拡大されたとしても、ソフトバンクに戻る気は全くありませんし、エリアマップ詐欺の前科がある以上は、ソフトバンクのエリアマップを信用できません。

カテゴリ:
ソフトバンクネットワーク対応格安SIM b-mobile S 3月22日ついに開幕|日本通信株式会社
 2017年3月22日に、日本通信からソフトバンク回線を使った格安SIMが登場します。解約済みのソフトバンク端末(iPhoneやiPad)を余している人にとっては待望のSIMかもしれませんが、使う価値があるかどうか、個人的な意見を述べますと、
「使う価値は無い」
と、思っています。理由は、以下に述べます。
  1. エリアが、やはりソフトバンク。docomoのエリアには勝てない。
     ソフトバンク回線を使う以上は、エリアはソフトバンクであってdocomoではありません。よって、docomoの充実した電波を使うことはできません。
    2016年10月17日投稿記事
    「萱野高原で通信できる幸せ。ソフトバンクとは違うdocomoの電波!!」
    それを踏まえて料金比較(比較対象は私が使っているMVNOのIIJmioの料金プラン)。
    b-mobile:1ヶ月3GBプラン(残量繰越有無不明)→1,580円(税抜)
    IIJmio:1ヶ月3GBプラン(残量繰越有り)→900円(税抜)
    その差は680円です。エリアが狭い上にb-mobileの方が680円高い。どう考えても割高です。使う価値があるとは思えません。
  2. ソフトバンク回線は有事の際に使い物にならない。
     昨年、2016年4月14日に発生した熊本地震で、唯一マトモに使えたのがdocomo(docomo回線を使うMVNO含む)だけで、auとソフトバンクは使えない状態が長く続きました。(auに関しては、その後の復旧が素早かったが、最後まで不通状態が続いたのがソフトバンクでした)。
    熊本地震でソフトバンクの携帯電話復旧に大幅な遅れ、格安スマホのほうがつながる事態に | BUZZAP!(バザップ!)
     今回、b-mobileから出るソフトバンク回線を使うSIMは、現時点ではデータ通信だけであり音声通話やSMSはできないようですが、いずれできるSIMが登場したとしても、ソフトバンクそのものが基地局等の対策を行わない限りは改善できない点であるが、全く期待できません。
 以上、2点が使う価値があるとは思えない理由です。docomoやauから乗り換える価値もありません。どうしても使いたいという物好きの方を除いては、おすすめできません。
 ちなみに、我が家には解約済みのソフトバンク版iPhone 5 と、iPad Air があります。b-mobileのSIMを挿せば使うことはできるのですが、使いません。モバイルWi-Fiルーター(docomo回線使用)で使った方が利便性は良いです。

このページのトップヘ

見出し画像
×