タグ

タグ:ナイトパワープラス

ハロゲンバルブ購入

カテゴリ:
 現在使っているナイトパワープラスに不満は全く無いし、他の電球に交換する必要もありませんが、スペアとして車載している純正ハロゲンバルブが、台座に斜めになって取り付けられているのに気付きました。
台座が斜めになっている
 取り付けてもライト自体の光軸を調整することで問題の無い範囲とは思いますが、以前から気になっていたバルブを購入しました。GE(ゼネラルエレクトリック)社製のハロゲンバルブです。
GE(ゼネラルエレクトリック)社製 高輝度H4 60/55W 12Vバルブ「メガライトウルトラ+120」(純正より120%照射範囲UP) E1マーク認証付き 車検対応 純正交換用部品(2個入り) 98241
 GE(ゼネラルエレクトリック)社はどんな会社なのかというと、電球を発明したトーマス・エジソンが関連した会社です。多くの自動車メーカーに純正品として製品を提供しているので、クオリティは高いです。
(1枚目の写真、GE社製でした……)
 ということで、ライトを点灯する時間が恐らく他の人と多いので、そのぶん球切れも早まるとは思うので、今使っているハロゲンバルブが球切れとなったら、この電球を使います。

激安ハロゲンバルブのクオリティが低すぎです。

カテゴリ:
 Remixの激安ハロゲンバルブのクオリティは、低いね。
レミックスのハロゲンバルブ。まだマトモな方。 レミックスのハロゲンバルブ。ロービームのフィラメントが斜めになってる低クオリティ。
 上記のバルブは同じケースに入っていた物ですが、ロービーム側のフィラメントが左右で微妙に角度が違うのです。これでは、正しい光軸が出ませんね。
 そしてこれが点灯時の色。パッケージには堂々と車検非対応とあったけど、その理由がこの点灯時の色でわかりました。緑が混ざってる(笑)
Remixイオンイエロー点灯右 Remixイオンイエロー点灯左

 ちなみに、こちらはナイトパワープラス ですが、それぞれのフィラメントの位置は揃ってますね。
ナイトパワープラス ナイトパワープラス
 ということで、市販されている激安ハロゲンバルブは避けるべきです。最低でも国際規格E1取得している製品にしましょう。

車のプチ衣替え

カテゴリ:
今日は久しぶりに晴れ。
先日購入したフォグランプを取り付けようとしたのですが、風が強くておまけに気温もあまり上がらず寒いです。
予報では夜からまた雪になるようですし。

なので、フォグランプ取り付けは諦めてちょっと早めの車の衣替えをしました。

まずはヘッドライト。

イエローだったのを元に戻すのですけど、以前使っていたPIAAのバルブではなく、せっかくなのでナイトパワープラスを使うこととします。
ナイトパワープラスと比較
右側がナイトパワープラスで左側がイエロー。
イエローバルブと比べると太くて短いですが、フィラメントの位置は同じですね。
こうみるとイエローバルブのガラスが着色ではなくて、汚れか何かで曇ってます。
暗いと感じていたのは、これで光量が落ちてしまっていたのでしょう。

このナイトパワープラスですが、某巨大掲示板のスレッドによるとなかなかの高評価でして。
実は隠れた実力者だったりします。

それは私も感じていて、ナイトパワープラスのクリアタイプはドイツ製。
欧州の有名なPHILIPSと同等製品でして、日本製のPIAAやRAYBRIGよりもはるかに信頼できるバルブです。

ナイトパワープラスのパッケージがしわくちゃだけどあったので載せておきます。
P1000186
P1000185
P1000184
P1000183
※中のバルブは違います。

ついでにワイパーもスノーワイパーからノーマルワイパーへ。
P1000182

次はフォグランプ取り付け+タイヤ交換だな。



このページのトップヘ

見出し画像
×